人気ブログランキング |

タグ:建築写真広島 ( 212 ) タグの人気記事

多家神社宝蔵③

多家神社の場所は神武天皇が御東征の折に立ち寄られた所と伝わっています。
このことは日本書紀と古事記にも書かれています。
日本書記では埃宮(えのみや)、古事記では多祁理宮(たけりのみや)と記述されている神武天皇の皇居が後に多家神社となりました。
平安時代には厳島神社、速谷神社と共に安芸国の明神大社三社になりました。
この宝蔵は広島城三の丸稲荷社より移築したものです。
明治6年に社殿とともに移築したのですが、社殿は焼失してしまい大正4年に再建されました。
この宝蔵は広島城内にあった現存唯一の貴重な建築なのです。
a0070655_14395967.jpg

a0070655_14402379.jpg
a0070655_14403799.jpg


神武天皇って初代天皇ですよね。
えっと?どんな人でしたっけ・・?
で、古事記を読んでみました。
漫画デスケド・・・。
a0070655_14423437.jpg

ギリシャ神話もいいけど日本の神様知らなくては・・・!
漫画じゃない古事記も読んでみたくなりました。

yumily
広島ブログ
by yumily_sketch | 2016-01-17 19:07 | 建物探訪 | Comments(0)

多家神社宝蔵②

多家神社宝蔵
小さいながらも見どころ満載の建築です。
古建築の勉強をしましょ♪

屋根は入母屋の桧皮葺き
a0070655_049894.jpg


舟肘木(柱の上の舟の形をした木)
a0070655_0205092.jpg

絵様実肘木の平三斗(扉の上の斗の形をした木)
a0070655_0211478.jpg

水引虹梁(柱の上の横材)
a0070655_021529.jpg

連三斗
a0070655_0275622.jpg

象様の木鼻
a0070655_0222014.jpg

蟇股(虹梁の上の板)
くりぬきのないタイプは江戸時代のものと推測
a0070655_025092.jpg


垂木の照り起こり(うねっていること)
手挟み(垂木に沿っている彫刻の板)
a0070655_0224895.jpg


古建築用語の羅列ですな。
照り起こりということばは初めて知りました。
これらの装飾で建立年代がわかるのです。
というようなことをヘリテージマネージャーの講習会で学んでいます。
楽しい。楽しい。

yumily
広島ブログ
by yumily_sketch | 2016-01-12 00:36 | 建物探訪 | Comments(2)

多家神社の宝蔵①

今まで古建築、寺社建築、城を見に行くことが少なかったのですが木やヘリテージの勉強始めてから興味が湧いてきました。
こちらは多家神社の宝蔵です。
正倉院と同じ構法の太い材木を四方に組み上げて壁とする校倉造りです。
柱はなくて壁が屋根を支えています。
校倉は通気性がよく宝物の保存に適しています。
ここの校倉は校木が六角形であることが特徴で他では例がないと言われています。
a0070655_12382454.jpg

a0070655_12384160.jpg
a0070655_1238548.jpg

宮司様がわかりやすく教えてくださいました。
こちらが一般的な校木
三角形に似た五角形
a0070655_12404912.jpg

多家神社の校木
四角形に似た六角形
a0070655_12414524.jpg


校倉造りは宮島の厳島神社と三次の熊野神社にもありますね。
校木の形見てみてくださいね。

多家神社
広島県安芸郡府中町宮の町3丁目1−13

yumily
広島ブログ
by yumily_sketch | 2016-01-11 13:08 | 建物探訪 | Comments(0)

ヘリテージマネージャー講習会  浄土寺

今年、ヘリテージマネージャーの講習を受けています。
先週末は尾道の浄土寺へ行きました。
ここは聖徳太子が開いたとも伝えられているお寺です。
この日は午前が座学。午後からはグループに分かれ、実測の実習をしました。
私たちは護摩堂の担当で平面図と見上げ図が課題。
測り始めるとマニアックに走ってしまい何やらかんやらやたら測りまくっていました。
ふと振り返ると他の人たちも要求されていないところスケッチしたり測ったりしていました。
変な人多いな。私含め笑
護摩堂
a0070655_1412371.jpg

a0070655_1413132.jpg

a0070655_14133176.jpg

本堂1327年国宝
a0070655_14135639.jpg

多宝塔1328年国宝
a0070655_14141581.jpg

a0070655_1417505.jpg

阿弥陀堂1345年
a0070655_14172596.jpg

庫裏1719年
a0070655_14505848.jpg

a0070655_14181659.jpg

ヘリテージマネージャーとは歴史的建造物保存活用資格者のこと。
広島の気になるあの子やこの子を思い浮かべながら
学んでいます。
楽しい!

yumily
広島ブログ
by yumily_sketch | 2015-12-08 14:52 | 建物探訪 | Comments(0)

アーキウォーク広島見学イベント@世界平和記念聖堂

今日はアーキウォーク広島見学イベントで世界平和記念聖堂へ行きました。
毎年即売の人気建築です。
ここでも何度も紹介している大好きな建築で何回行ってるかわからないほどなのですが
ボランティアガイドの方の説明が濃くて今日もまた聖堂の魅力新発見がありました。
a0070655_139993.jpg

カテドラルというのは司教座のある教会のことで日本には16あるそうです。
ここ世界平和記念聖堂もその中のひとつだと初めて知りました。
私たちの街にカテドラルがあるなんてなんて素敵なんでしょう。
a0070655_1393763.jpg
鉄製窓は現場制作。
松と竹を思わせるステンドグラス。
a0070655_140768.jpg

広島の土で作られた日干しコンクリートれんが。
中空になっています。
れんがはところどころ突起していて目地も無造作。壁に陰翳を与えています。
a0070655_1402580.jpg

ガイドの方の持っておられる石丸紀興先生著書の「世界平和記念聖堂」の本のページが膨れているのに驚きました。
何度もページを開き読み込まれそして何度もページを開きここに来られた人に見せておられるのでしょう。
素晴らしいな。
私もこの建築の素晴らしさを伝えたいひとり。
しかしまだまだ修行が足りないことを知ったのでした。
a0070655_1404674.jpg


yumily
広島ブログ
by yumily_sketch | 2015-11-23 01:52 | 建物探訪 | Comments(6)

被爆70年特集ドラマ 赤レンガ 

9月11日今日19時30分からNHKで被爆70年特集ドラマ 赤レンガ が放映されます。
a0070655_10505489.jpg

私の広島で気になる建築NO1の旧陸軍被服支廠が舞台です。
被爆後臨時救護所となり多くの人がここで地獄を見て亡くなりました。
その悲惨さを詩人の峠三吉が「倉庫の記録」に残しています。
歴史を見てきたこの建築が今存在することで多くのことを語ってくれています。

a0070655_10504484.jpg


yumily
広島ブログ
by yumily_sketch | 2015-09-11 10:58 | 建築 | Comments(2)

れんが積み

原爆ドームの100歳のことテレビや新聞などちらほらと取り上げられていましたね。
4月5日の中国新聞の天風録にはドームのれんが積のことが書いてありました。
ドームのれんがは香川県で焼かれたものだそう。
れんがには積み方に特徴があり富岡製紙場はフランス式で原爆ドームはイギリス式ということも書かれていました。
広島の他のれんがの建物もイギリス式でした。
フランス式は華麗。イギリス式は堅牢と言われています。
a0070655_17554143.jpg

被服支廠
a0070655_17555877.jpg

広電本社兄弟
a0070655_17562466.jpg

a0070655_1756776.jpg

広島市郷土資料館
a0070655_175823.jpg

郷土資料館にはれんが積の展示があります。
イギリスとフランスの違いはこうです。
a0070655_17583137.jpg

a0070655_17584590.jpg




4日のAWHのお誕生日会イベントの様子が6日の朝日新聞に載ってました。
http://www.asahi.com/articles/ASH447H63H44PITB014.html


by yumily
広島ブログ
by yumily_sketch | 2015-04-07 18:20 | 建物探訪 | Comments(0)

「道の駅(ふぉレスト君田)駐車場トイレ」竣工

広島県では「魅力ある建築物創造事業」の一環として、学生を対象とした設計コンペを実施しています。
その第1回の「道の駅(ふぉレスト君田)駐車場トイレ」が完成しました。
このコンペは、最優秀作品に選ばれた作品を、公共施設として実際に建ててしまうだけでなく、学生たちも設計・工事監理の過程に関わることができる全国的に珍しい試みです。
三分一博志審査委員長からの課題は「君田の自然を引き出すこと」
私も審査員をさせていただいたので、竣工イベント&見学会にご案内いただきました。
自分の建築に会いに行くときは子どもに会いに行く気分ですが今回は孫に会いに行く気持ちでした(笑)

a0070655_959496.jpg

a0070655_10084.jpg

a0070655_1002746.jpg

a0070655_1075451.jpg

a0070655_108124.jpg

a0070655_10084.jpg


関係者一同口を揃えて「大変だった」と言われました。
コンペ案を本当に創ることも苦労多いですが学生の案なのでそれはその通りでしょう。
しかしながらみなさん一同みんなにこにこ顔(o^^o)
すでに愛されている建築です。
こらからも多くの人たちに愛され大切にされる建築でありますように。
竣工 おめでとうございます。 


yumily
広島ブログ
by yumily_sketch | 2015-03-18 10:13 | 建物探訪 | Comments(2)

open! architecture 2014 HIROSHIMA 五月が丘の家

アーキウォーク広島の建築イベント、今年は建築家福島俊をさんのアトリエ兼自邸を担当しました。
五月が丘の家は土蔵を移築し再生された建築です。
芸術家でもいらっしゃる福島先生の作品があちこちにありとても楽しませていただきました。
豊かな暮らし、とっても素敵。
a0070655_19424862.jpg

a0070655_194326.jpg
a0070655_19431218.jpg
a0070655_19432375.jpg
a0070655_19433321.jpg


yumily
広島ブログ
by yumily_sketch | 2014-12-02 19:45 | AWH | Comments(2)

旧陸軍被服支廠倉庫③

枯葉舞う雨の被服支廠もいい感じでした。
雨の中見学にご参加いただいた皆様ありがとうございました。
被爆建物としてではなく建築的視点での解説をさせていただきました。
鉄筋コンクリート造初期の頃の建築で珍しい工法だそうでなぜ?が多く面白い建築なのです。

a0070655_9563331.jpg

a0070655_9571951.jpg


yumily
広島ブログ
by yumily_sketch | 2014-12-01 09:58 | 建物探訪 | Comments(2)