石庭

木・木製建具・銅板葺き屋根・緑青・石・和紙・あかり・椅子・・・
私の好きなものだらけの空間でした。
a0070655_00431375.jpg
a0070655_00390485.jpg
a0070655_23575759.jpg



a0070655_23572102.jpg
a0070655_00391414.jpg
a0070655_23572958.jpg
a0070655_23584709.jpg
a0070655_23585067.jpg
a0070655_23572534.jpg
a0070655_00384298.jpg
a0070655_00412885.jpg
a0070655_00385435.jpg
次回にお料理UPしますね。


庭園の宿 石庭
廿日市市宮浜温泉


yumily


[PR]
# by yumily_sketch | 2018-02-22 01:07 | 建物探訪 | Comments(0)

FLW ツアー ㉖  落水荘 階段                                      

私階段フェチです
ここでも酔いました
a0070655_01513652.jpg
a0070655_01515630.jpg
a0070655_01514269.jpg
a0070655_01513966.jpg
a0070655_01514863.jpg
a0070655_01515093.jpg
a0070655_01514517.jpg
a0070655_01515231.jpg


落水荘 Fallingwater
竣工:1935年
設計:フランク・ロイド・ライト
所在地:アメリカ ペンシルベニア州


yumily

[PR]
# by yumily_sketch | 2018-02-14 01:56 | 建物探訪 | Comments(0)

「イームズ・ハウス/チャールズ&レイ・イームズ 」(岸和郎著)

今日の1冊
「イームズ・ハウス/チャールズ&レイ・イームズ 」(岸和郎著)
20世紀の傑作住宅を1軒1建築家を紹介するヘヴンリーハウスシリーズの1冊。
イームズハウスの読み解きがとても面白い。
アメリカの近代住宅の解説や20世紀の建築家の流れと住宅年表と世界名作住宅地図まであって涙が出そうなくらい至りつくせりな本。
フィリップ・リュオーの写真も素晴らしい。
春休みに会いに行くの♪ 本物見るのが楽しみ♪
a0070655_23090875.jpg
他の住宅も読んでみたい




[PR]
# by yumily_sketch | 2018-02-11 23:12 | | Comments(0)

つるま

県外に住む大学時代の友人が帰広したので恒例美術館デート。
の前にこれまた恒例おしゃべりランチ。

丁寧に作られたお料理の数々。
美味しいお料理は会話を盛り上げますね。
a0070655_07225368.jpg
a0070655_07222543.jpg
a0070655_07225541.jpg
a0070655_07225852.jpg
a0070655_07293842.jpg
a0070655_07225084.jpg


こちらごはんは一組づつおかまで炊かれるのです。
それがとっても美味しいの。
おかわりできますと言われるのでお米好きの私としてはおかわりしたいのだけど
いつもお相手が結構ですというものだから私もです。と言ってしまうのよね(笑)




[PR]
# by yumily_sketch | 2018-02-11 07:48 | 食べ物 | Comments(0)

リノベーションスクール@福山


広島県初のリノベーションスクールが福山で開催され2月4日にあった公開プレゼンテーションを見に行きました。
スクールの内容は3日間のユニットワークにて、遊休不動産を活用したリノベーション事業計画をユニットマスターの指導を受けながら企画するというもの。
スクールマスターはらいおん建築事務所の嶋田洋平さん。
今話題のまちづくりスクールです。
自らが実践者となって遊休不動産を活用した地域再生に取り組む志のある人という条件でこんなに多様で多くの人が集まることもすごいし3日間でここまでやるのもすごいと思いました。
大人の本気見せられました。
夢のようなことではなく頑張れば実現しそうな案が多くスクール生が事業者となるという人もいて現実的です。
この場には各オーナーさんも来られておりスクール生の熱い想いが伝わりみなさん乗り気になり前向き検討ということで非常に盛り上がりました。
4ユニットどれも個性的で魅力的でした。そして何より熱い地元愛♡
こんなの見せられると頑張ってーと応援したくなります。
福山駅周辺これから注目です。

嶋田さんは前に藤村龍至さんとの対談「なぜ建築をやらないか?建築をやるか」を見た時からいつかお話聞きたいと思っていました。
ユニットマスター4人のうち大島芳彦さんと瀬川翠さんのお2人も建築家。
建築家の仕事の幅が広がっていますね。
a0070655_09425280.jpg
a0070655_09580353.jpg
a0070655_09434435.jpg

a0070655_09425738.jpg



福山駅といえば気になるこれ。
どうにかならんかな。

[PR]
# by yumily_sketch | 2018-02-09 10:00 | 講演会・セミナー・イベント | Comments(0)

FLWツアー㉕ 落水荘 家具

落水荘の家具たち


今FBのプロフィールのカバーで使っているお気に入りの写真
BKFチェアとも呼ばれている椅子。作者の名前の頭文字です。
この椅子いろんなところで見かけますがここが1番素敵に見え好きになりました。
机の形にも注目してください。
スチール窓も超素敵♡
もうこのお部屋大好きでした。
カウフマンさんの息子さんのお部屋

a0070655_08393327.jpg


                    アームチェア 1945年 フィンユール
a0070655_08391434.jpg
リビングのスツールソファはライトお得意のキャンチレバー
a0070655_08391861.jpg
a0070655_08392204.jpg
ダイニングのジャコビアン風チェアは施主好み?
ライトはバレルを勧めたけどカウフマンさんは好きではなかったとガイドさんが言われてたとか。
a0070655_09562820.jpg
                  バレルチェア 1930年  フランク・ロイド・ライト

バレルは樽。
元がマーチン邸のためにデザインされた。


落水荘 Fallingwater
竣工:1935年
設計:フランク・ロイド・ライト
所在地:アメリカ ペンシルベニア州


yumily

[PR]
# by yumily_sketch | 2018-02-07 10:03 | 建物探訪 | Comments(2)

FLW ツアー ㉖  落水荘 


a0070655_23244795.jpg
a0070655_23165582.jpg
a0070655_23162115.jpg
a0070655_23164550.jpg

a0070655_23060559.jpg


a0070655_23311063.jpg

a0070655_23120226.jpg
a0070655_17251949.jpg

落水荘 Fallingwater
竣工:1935年
設計:フランク・ロイド・ライト
所在地:アメリカ ペンシルベニア州


yumily

[PR]
# by yumily_sketch | 2018-01-29 23:33 | FLWツアー | Comments(2)

落水荘 浮世絵

建築家の浮世絵コレクターといえばフランク・ロイド・ライトです。
ライトに帝国ホテルの設計を依頼した当時の支配人だった林愛作はアメリカで日本の美術を外国に紹介する仕事をしていた時がありライトとも関りがありました。
彼は建築費がどんどん膨れ上がりライトとホテル側がトラブルになったときもずっとライトを支え続けたと言われています。
審美眼のある林はライトの設計にほれ込んでいたのでしょうね。
ライトの名作落水荘にも浮世絵がありました。
北斎の滝の絵を施主のカウフマンに見せ説得したという話もあるのだそう。


a0070655_16495476.jpg
a0070655_16494669.jpg
a0070655_16495914.jpg

a0070655_11212339.jpg
a0070655_16510297.jpg
a0070655_17153899.jpg
a0070655_17251949.jpg




落水荘 Fallingwater
竣工:1935年
設計:フランク・ロイド・ライト
所在地:アメリカ ペンシルベニア州

yumily

[PR]
# by yumily_sketch | 2018-01-28 17:27 | FLWツアー | Comments(0)

歌川広重の世界 ひろしま美術館

とても楽しみにしていた広重の展覧会。
ひろしま美術館で開催されていてオススメです。
丁寧な解説があるので浮世絵に詳しくなくても楽しめます。
隈研吾設計の馬頭広重美術館を見に行ってから広重を好きになりました。
もともと美術にはそんなに興味なかったのに建築探法をするようになってか美術館に行くことが多くなり興味の幅が広がりました。
この絵葉書は島根県立美術館での展覧会で買ったもの。
島根県立美術館もひろしま美術館もお気に入りの美術館。
興味が広がるというのは楽しいことが増えるということで
建築のおかげで人生豊かになったなーと感じています。
a0070655_11200775.jpg




馬頭広重美術館は隈研吾さんの作品の中で一番好きな建築です。
建物探法始めた頃でこのころはまだ写真に興味なくこんなぼけぼけの写真しか写せていないんですよね。

a0070655_11202557.jpg


a0070655_11202988.jpg


a0070655_11203724.jpg





地元産の八溝杉のルーバーがとても美しいのです。
どのような経年変化をしているでしょうか。
また機会あれば行ってみたいなと思っている建築のひとつです。


那珂川町馬頭広重美術館
設計:隈研吾
所在地:栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9
概要:鉄筋コンクリート鉄骨造地上1階  延べ床面積1962m2




[PR]
# by yumily_sketch | 2018-01-27 11:59 | アート | Comments(2)

母と叔母とランチ

福屋の広告見て母が「ビーフシチューが美味しそうなんよ~」と何回も言うので母の姉を誘ってランチに行きました。
80代で肉食の母はビーフシチューを90代の叔母は海老グラタンをぺろり。
2人の元気の秘訣はよく食べ大きな声でおしゃべりすることだと思います。
2人のかみ合わない会話(?)を聴いていると面白くて楽しい(笑)
こういう時が貴重に思えます。仕事の合間のたった2時間。
こんな時間もっと作りたいなと思ったのでした。
a0070655_02555689.jpg
お土産に母が私の好物のたなかの柿の葉鮨を買ってくれました。
今夜はでべらと白菜鍋と横山五十♪

a0070655_02560636.jpg

[PR]
# by yumily_sketch | 2018-01-17 03:11 | 食べ物 | Comments(0)