建築の日本展 JAPAN IN ARCHITECTURE

六本木ヒルズ・の森美術館15周年記念展『建築の日本展』に行きました。
竪穴式住居から現代建築までの日本建築の遺伝子がいかに受け継がれているのか。
100のプロジェクト。約400点の展示。
本当に興味深く滞在時間3時間でしたが まだ足らないくらいでした。
写真撮れるのは数か所でした。
まずは待庵から。



壁を塗らず下地だけの窓の 下地窓
襖に縁を付けず紙で巻いて仕上げる 太鼓張り襖
a0070655_14542020.jpg
利休好み
a0070655_14542300.jpg
天井の高さを変える 落天井
亭主側を低くする謙虚さ
a0070655_14542571.jpg
躙り口
上框なしの板戸
a0070655_14512779.jpg
a0070655_14513053.jpg
待庵は京都で本物を見ましたが内部には入れませんでした。
今回の展覧会では内部に入ることをとても楽しみにしていました。

内部は想像以上に明るく
天井は5.83尺(約1766㎜)は立つと想像より低く
二畳の広さは想像とおり。







[PR]
by yumily_sketch | 2018-06-16 15:40 | 展覧会 | Comments(0)
建築基準法のはじめ >>