ゲーリー展覧会2015


2015年2121デザインサイトと都内のゲーリー展覧会の写真とゲーリーの言葉。
展覧会を見た時も心に残った数々だけれど本物の建築を見てさらにグッとくる。

a0070655_07213593.jpg
私はどのプロジェクトも、まるで初めててがけるもののように新たな不安を胸にして向かいます。
汗をかきながら手をつけますが、いったいどこへ向かっているかがわからない。
ただ、もし行き先がわかるなら、そんなプロジェクトはやらないでしょう。
a0070655_07213613.jpg
a0070655_07213641.jpg
ふんわりしたものやきれいなものを求めたりはしない。
そういうものには意欲が削がれる。
現実味がないからね。
a0070655_07213625.jpg
a0070655_07213681.jpg
学生のアルバイトに尋ねたんだ。「ベルニーニのしわとミケランジェロのしわの違いがわかるか、とね。
「わかる」というので「じゃこのラインはベルニーニのしわで作ってくれ」と伝えた。
彼女が作ってきた小さな模型にはちゃんとそれが出来ていた。
それが建物になった。
a0070655_07422574.jpg
a0070655_07213511.jpg
a0070655_07213525.jpg
a0070655_07213522.jpg
a0070655_07213554.jpg
段ボールの椅子
サイドチェア
a0070655_07213551.jpg
リトル・ビーバー
a0070655_07404986.jpg
龍安寺が持つ秩序に魅せられたのは、パルテノンよりもずっと以前のことです。
そして、それが私の仕事の基礎を作ったのだと今日にいたるまで信じています。
a0070655_07410203.jpg
建築家の役割は、人々を力づけ、生活を豊かにし、物事がよくなると希望を与えることだ。
彼らに関わるのだ。
これは、建築家としてだけでなく、人としての責任だと思っている。
a0070655_07405405.jpg



yumily

[PR]
by yumily_sketch | 2018-04-25 07:58 | 展覧会 | Comments(2)
Commented by sunagimo-confits at 2018-04-25 08:43
チェコの旅を思い出します。ヨゼフ・ホホル、ヨゼフ・ゴチャール…。そう、ミケランジェロは潔癖症、ラファエロは浮浪者の様だったと言われて居ます。ベルニーニの皺には、きっと、現実味が有るんです。彼の彫刻は、まるで、搗き立てのモチの様です。
Commented by yumily_sketch at 2018-05-02 23:59
> sunagimo-confitsさんすごい!流石-7!sunagimo-confitsさんゲーリーの模型作れるね!!
搗き立てのもちのような現実味ね。なるほど~!ベルニーニ見たくなりました。
<< グランデ春号 名建築から見える風景 Happy wedding♡ >>