建築の日本展 JAPAN IN ARCHITECTURE

六本木ヒルズ・の森美術館15周年記念展『建築の日本展』に行きました。
竪穴式住居から現代建築までの日本建築の遺伝子がいかに受け継がれているのか。
100のプロジェクト。約400点の展示。
本当に興味深く滞在時間3時間でしたが まだ足らないくらいでした。
写真撮れるのは数か所でした。
まずは待庵から。



壁を塗らず下地だけの窓の 下地窓
襖に縁を付けず紙で巻いて仕上げる 太鼓張り襖
a0070655_14542020.jpg
利休好み
a0070655_14542300.jpg
天井の高さを変える 落天井
亭主側を低くする謙虚さ
a0070655_14542571.jpg
躙り口
上框なしの板戸
a0070655_14512779.jpg
a0070655_14513053.jpg
待庵は京都で本物を見ましたが内部には入れませんでした。
今回の展覧会では内部に入ることをとても楽しみにしていました。

内部は想像以上に明るく
天井は5.83尺(約1766㎜)は立つと想像より低く
二畳の広さは想像とおり。







[PR]
# by yumily_sketch | 2018-06-16 15:40 | 展覧会 | Comments(0)

建築基準法のはじめ

年に2コマ理学療法を学んでいる学生たちに福祉住環境の講義をしています。
図面の読み方から建築基準法とか住宅の壁の中のことや床の下のことなどなど範囲は狭いですが結構専門的な内容です。
その講義の時一番初めに見せる写真がこちら。
ルーブル美術館にあるハンムラビ法典です。
この中にこんなことが書かれているのです。
a0070655_08071175.jpg
若し、建築家が人のために家を建て、その工事が堅固でなく、建てた家が倒壊し、家の主人を死に至らしめたときは、建築家は死刑に処せられる。
若し、主人の子供を死に至らしめたときは、建築家の子供が死刑に処せられる。
若し、家財を損壊したときは、損壊したものすべてを、修復しなければならない。かつ、家が堅固でなく倒壊したのであるから、建築家は自己の費用で倒壊した家を復旧しなければならない。」
a0070655_08075839.jpg
左がハンムラビ王で右の太陽神から王が法典を授かる場面

a0070655_08392184.jpg

ハンムラビ法典は建築基準法のはじめと言われています。
授業は建築は人の命に関わることこです という話から入るのですが私自身も1年に1度このことばに触れ気を引き締めています。
本を読んだだけでは理解しにくい箇所を開設するので毎年わかりやすかったという感想をいただくのですが,
今年は「楽しかった」という感想がちらほらあり,「建築面白い!」という学生もいたり「建築士って誰でも受けれる?」という質問あったりと うれしい思いをしました。
講師冥利に尽きますね。

フランスのルーブル美術館に行ったとき,もちろん見に行きました。
a0070655_08392941.jpg
a0070655_08491074.jpg
a0070655_08073190.jpg



yumily
広島ブログ
[PR]
# by yumily_sketch | 2018-06-08 09:18 | works | Comments(2)

カルフォルニアツアー⑭ ホームステイ

アメリカではこんな素敵なところに泊まりました。
プールやジャグジー,BBQスペースや暖炉のあるコーナーなどまるでリゾートホテル。
でもここホームステイ先なの♪

a0070655_08425552.jpg
a0070655_08430802.jpg
a0070655_08431025.jpg
a0070655_08431186.jpg
a0070655_08431678.jpg
a0070655_08431353.jpg

リクエストしてBBQしてもらいました。
Kがこだわってお買い物してくれたビーフ・ポーク・チキンを父娘が丁寧に絶妙に焼いてくれ もうもうもう感激の美味しさ♪
獺祭アメリカのスーパーにもありました。
私は日本からお気に入りの鍋島持って行きましたよ。
素敵な場所で豊かな気持ちでいただく心のこもったお食事と美味しいお酒に楽しいおしゃべり。最高の時♡happy♡


[PR]
# by yumily_sketch | 2018-05-12 08:58 | 建物探訪 | Comments(2)

グランデ春号 名建築から見える風景

グランデに建築家福島俊をさんとリレーで書かせてもらってた名建築から見える風景。
春号は市営基町高層アパートについて書きました。
語りたいこと満載の建築です。
a0070655_08355938.jpg

今回は触れてないのですけどアパートの屋上庭園は上から見る風景としてもとても美しいのです。
この写真はリーガロイヤルホテルからでその下はアパートのお部屋から撮ったものです。地上からだけでなく窓からの風景も大切なんだよと教えてくれます。
a0070655_08360742.jpg
a0070655_08330051.jpg
原稿書いてた頃解体中だった県営アパートとスターハウスの写真も載せました。今は更地になっています。
a0070655_08412828.jpg

a0070655_08355502.jpg

広島のいいものいいことを発信してる雑誌グランデ。
ネットでも読めるみたいです。




[PR]
# by yumily_sketch | 2018-05-04 09:04 | 建築 | Comments(2)

ゲーリー展覧会2015


2015年2121デザインサイトと都内のゲーリー展覧会の写真とゲーリーの言葉。
展覧会を見た時も心に残った数々だけれど本物の建築を見てさらにグッとくる。

a0070655_07213593.jpg
私はどのプロジェクトも、まるで初めててがけるもののように新たな不安を胸にして向かいます。
汗をかきながら手をつけますが、いったいどこへ向かっているかがわからない。
ただ、もし行き先がわかるなら、そんなプロジェクトはやらないでしょう。
a0070655_07213613.jpg
a0070655_07213641.jpg
ふんわりしたものやきれいなものを求めたりはしない。
そういうものには意欲が削がれる。
現実味がないからね。
a0070655_07213625.jpg
a0070655_07213681.jpg
学生のアルバイトに尋ねたんだ。「ベルニーニのしわとミケランジェロのしわの違いがわかるか、とね。
「わかる」というので「じゃこのラインはベルニーニのしわで作ってくれ」と伝えた。
彼女が作ってきた小さな模型にはちゃんとそれが出来ていた。
それが建物になった。
a0070655_07422574.jpg
a0070655_07213511.jpg
a0070655_07213525.jpg
a0070655_07213522.jpg
a0070655_07213554.jpg
段ボールの椅子
サイドチェア
a0070655_07213551.jpg
リトル・ビーバー
a0070655_07404986.jpg
龍安寺が持つ秩序に魅せられたのは、パルテノンよりもずっと以前のことです。
そして、それが私の仕事の基礎を作ったのだと今日にいたるまで信じています。
a0070655_07410203.jpg
建築家の役割は、人々を力づけ、生活を豊かにし、物事がよくなると希望を与えることだ。
彼らに関わるのだ。
これは、建築家としてだけでなく、人としての責任だと思っている。
a0070655_07405405.jpg



yumily

[PR]
# by yumily_sketch | 2018-04-25 07:58 | 展覧会 | Comments(2)

Happy wedding♡

4月22日良い夫婦の日に大学の教え子の素敵な結婚式に行きました。
にゃんこ好きのお二人のオリジナリティあふれる素敵なお式と披露宴で幸せシャワーたっぷり浴びました♡
a0070655_09342807.jpg
新郎は設計士なのでおうちね。
新婦さんは外構関係のお仕事だったので木ね。
で家族のにゃんこ3匹という世界で一つだけのウエディングケーキ♡

a0070655_09343548.jpg
お楽しみとサプライズが盛りだくさんの披露宴で楽しくて楽しくてずーーーと笑ってました。
卒業生たちとも会えて本当に良い時間を過ごしました。

a0070655_09352003.jpg
S&Mちゃん
おめでとう♪♪
末永くお幸せに♡
幸せの御裾分けありがとうー♡



[PR]
# by yumily_sketch | 2018-04-24 09:55 | today | Comments(0)

カルフォルニアツアー⑬  ゲーリー自邸


3年前に東京であったゲーリー展覧会で見た模型が印象的で見てみたかった自邸。

a0070655_06585662.jpg

模型と同じことに驚きリアルな存在に圧倒されます。

a0070655_06590284.jpg

a0070655_06590567.jpg

a0070655_06591045.jpg

a0070655_06590797.jpg

a0070655_06591492.jpg

a0070655_06591261.jpg

a0070655_06591943.jpg

a0070655_06591780.jpg

a0070655_06590001.jpg

a0070655_06585960.jpg

a0070655_06585228.jpg



a0070655_07405944.jpg

住宅街のコロニアル様式の住宅が増殖してる。とても自由に。生き物のように。
ウォルトディズニーコンサートホールとは全然違う建築だけど受ける印象は同じです。
写真で見る内部の様子はさらにいきいきと伸びやか。
内部体感してみたい建築です。


ゲーリー自邸
サンタモニカ
1978年




[PR]
# by yumily_sketch | 2018-04-20 08:35 | 建物探訪 | Comments(2)

カルフォルニアツアー⑫  ザ・ブロード

ウオルトディズニーコンサートホールのお隣は現代美術館ザ・ブロード。
人気の美術館のよう。今度行ったら入って見たいな~。
a0070655_21282413.jpg

a0070655_21282681.jpg
a0070655_21282995.jpg
a0070655_21283267.jpg
横断歩道がかわいい♡

2015年竣工
ロサンゼルス


[PR]
# by yumily_sketch | 2018-04-16 21:36 | 建物探訪 | Comments(0)

カルフォルニアツアー⑫ ウォルト・ディズニーコンサートホール

外観が奇抜で内部もどこか落ち着かないと感じる建築もあるけれど、ここは内部も変化に富む空間の連続だけどとても心地よい。
洗練されたセンスと品。
a0070655_02174816.jpg
コンサートの前にワインとか飲んでる人多い。
a0070655_04164087.jpg
a0070655_02180521.jpg
a0070655_02180764.jpg
a0070655_02175054.jpg
a0070655_02180146.jpg
a0070655_02175571.jpg
自由でおおらかな線が抜群のスケールの中でいきいきと動き回ってる。
これは模型や写真ではわからない。
ゲーリー建築の魅力堪能しました。


1987年竣工
ロサンゼルス

yumily

[PR]
# by yumily_sketch | 2018-04-15 03:20 | 建物探訪 | Comments(4)

カルフォルニアツアー⑪ ウォルト・ディズニーコンサートホール

こちらでは建築探訪だけでなくホールでコンサートを聴くという貴重な体験をしました。
アメリカの紳士と淑女たちに混ざり素敵な時間を過ごしました。
正面のパイプオルガンに目を奪われます。
天井はアールの木でパイプオルガン上の天井にはトップライトがあります。
ステージが囲まれていて360度観客席になっていました。
こういう形を「ワインヤード型」と呼び音響設計は広島県福山市出身の豊田泰久さん。広島出身の方と聞くとうれしくなりますね。
ステージ床はアラスカ産ヒマラヤ杉(Alaskan Yellow Cedar)
客席床は樫(Oak)
壁、天井の木のパネルの後に発砲コンクリート材吹付
a0070655_10012039.jpg

a0070655_10012576.jpg

a0070655_10023246.jpg

a0070655_21283649.jpg


a0070655_21280048.jpg

a0070655_21280291.jpg


a0070655_21281800.jpg

おまけ
コンサート中にはいびきかいて居眠りして終わると目覚めて話しかけてくるおじさんが隣でした(笑)
英語が出来なくてごめんよ。おじさん。

1987年竣工
ロサンゼルス


yumily

[PR]
# by yumily_sketch | 2018-04-14 10:08 | 建物探訪 | Comments(2)