江之浦測候所②

ここで見たもの。
石。海。空。砂。土。みかん畑。化石。茶室。光井戸。門。瓦。とたん。紙。版築。懸造り。光学硝子。石舞台。野天席。石橋。塔。円形劇場。待庵。石灯篭。海景。劇場。放電場。

相模湾
a0070655_17460936.jpg
海景
a0070655_17465870.jpg
劇場
a0070655_17465400.jpg
放電場
a0070655_17463847.jpg
光井戸
a0070655_17464321.jpg
雨聴天
a0070655_17462201.jpg

杉本ワールド満喫。
良い時を過ごしました。

yumily





[PR]
# by yumily_sketch | 2018-12-05 17:52 | 建物探訪 | Comments(0)

ホテルニューグランド

ホテルはモダンでかっこいいところよりもクラシックな方が好きです。
前に泊まった時は間違えて新館予約してしまったので今回は本館のクラシックルームへ。
ここに泊まるのならやっぱりこちらでしょう。
渡辺仁設計です。
東京国立博物館や服部時計店(現在銀座和光)・原美術館そして広島の福屋百貨店の設計者です。
なんて多彩な引き出しの多い建築家でしょうか。
a0070655_21365375.jpg
a0070655_21365098.jpg
a0070655_21482642.jpg
a0070655_21483545.jpg
a0070655_21364741.jpg
a0070655_21491912.jpg
a0070655_21425984.jpg
a0070655_21425557.jpg
シングルルーム少ないのですぐいっぱいになるみたいでなかなか予約取れませんでした。
ベッドはダブルでお部屋もゆったり。
何回も塗り重ねているケーシングや長い巾木がクラッシック感高めてくれます。
HPの写真よりずっといい!
写真ではツインルームが素敵そうなのでいつかまた。

前に行ったのは2009年だったみたい。
ここyumily_sketchに残していました。
丁寧に写真撮って丁寧にレポしています。
建築探訪記 この頃全然残せていないコト反省。。。


yumily

[PR]
# by yumily_sketch | 2018-11-26 21:54 | 建物探訪 | Comments(2)

江之浦測候所

江之浦測候所  構想:杉本博司
杉本さんの写真が好きでどんなところかよくわからずに行ったけど,ピンピンの杉本博司ワールド楽しみました。
これからもっと進化していきそうな場所。

 
a0070655_21275694.jpg

a0070655_21300068.jpg
a0070655_21273643.jpg
a0070655_21340652.jpg
a0070655_21275263.jpg
a0070655_21274072.jpg
a0070655_21274511.jpg
a0070655_21274875.jpg
a0070655_21294908.jpg
yumily


[PR]
# by yumily_sketch | 2018-11-21 21:42 | 建物探訪 | Comments(0)

川越の町歩き

2020年建築士会全国大会広島大会のため今年開催のさいたま大会へ視察に行きました。
歴史・景観と環境セッションそして一川越の歴史的建築物修復の講演会とパネルディスカッションに参加。
翌日は川越蔵の会の荒牧澄多さんの解説付きの蔵の町歩きをしてきました。
1万2000歩!
川越の町の人の多さに驚きました。
2016年の観光客は700万人だったそうですが 30年以上前は人がまばらだったと聞きました。
取り壊しになりそうな蔵や閑散とした町に危機を感じ立ち上がったのは市民。
重要伝統的建造物群保存地区に選定されるまでのお話は非常に興味深かったです。
蔵造りの多さにも驚きました。
明治26年7の川越の大火で川越の建物はすっかり焼けてしまったのですが 蔵造りの大沢家住宅だけが残りました。
その後火災に強い蔵造りの商家が増えていったそうです。

明治の川越の大火(川越博物館)
a0070655_23274217.jpg

大沢家住宅(1792年)関東地方最古の蔵造り。国の重要文化財
a0070655_23273135.jpg
こんなの初めて見た。
ここもしっくい。左官技。
a0070655_23272030.jpg
黒漆喰。
壁に出ている折れ釘はメンテナンスの時の足場に使う。

a0070655_23271861.jpg
窓の下にある横長のものは目塗り台。
蔵の窓は日ごろはオープンで火事になったらこの目塗り台に上がり火が中に入らないように観音開きの窓を閉め隙間に土を詰めるのだそう。
a0070655_23271590.jpg
a0070655_23271368.jpg
越には意外とうだつ壁が少ない。
火が隣に燃え移らないように屋根の下に立てる小さい壁。
うだつがあがらないということばのうだつ。
うだつを作るには経済力が必要ということ。
a0070655_23271106.jpg
鬼瓦の後ろ側のこんもりした巨大瓦は瓦ではなくしっくい。影盛。
a0070655_23270906.jpg
a0070655_23263492.jpg
yumily



[PR]
# by yumily_sketch | 2018-10-30 00:18 | 建物探訪 | Comments(0)

無縫塔

高知の竹林寺に行った時見たお墓が変わっていたので調べてみたら禅宗僧侶のお墓で無縫塔と言われるものらしいです。
卵の形に似てるから卵塔とも呼ばれるみたいだけどこのお墓は頭が丸くないですね。
お墓をデザインしたいのでお墓には興味深々。

旅先で珍しいお墓に出会うのは楽しみのひとつです。
お墓の写真撮ってもいいのかどうかわからないので風景の中にちらっと入れたりして。。。という1枚。
竹林寺納骨堂
a0070655_21593667.jpg
鹿児島のお墓は屋根付きでした。
a0070655_22113672.jpg
沖縄のお墓は大きい。
これは石垣島のお墓。
沖縄の人はお墓参りに行ったときお墓の前でシート敷いてごはん食べるらしいです。まるでピクニックのよう♪
ご先祖様 にぎやかで喜ばれてるのでしょうね。
a0070655_22175851.jpg


所変わればお墓やお墓参りも違っていて 
これも文化なんですよね。
いいですね~。

お盆は休みはお墓参りに行きました。
広島は灯篭たてますけど最近はたてるの禁止のところも増えてきたみたいでちょっと寂しい気もします。


[PR]
# by yumily_sketch | 2018-08-16 22:28 | その他 | Comments(2)

「町と家の間をデザインする」 ---性能の先の心地よさを考える----

所属しています広島県建築士会で毎年住宅講演会を企画しています。
今年は講師に伊礼智先生をお招きします。

こっち優先するとここがうまくいかず・・・とか

機能とデザインの両方を成り立たせることって難しかったりしますが

断熱や気密など性能と意匠の両立のお話が楽しみです。

建築関係でない一般の方にもわかりやすいお話なので会員以外の方も是非いらして下さい!

8月25日(土) 14時~です。
申し込みは建築士会へFAXでお願いします。

a0070655_07092680.jpg
a0070655_07090693.jpg


「町と家の間をデザインする」
---性能の先の心地よさを考える----
 住宅の断熱・気密性能が急速に良くなっています。省エネ、住まい手の健康にとって、とても望ましいことです。にも関わらず、日本の町並みは決していい方向に向かってないように思えます。それは断熱材の内側のことだけに気が捕われているからかもしれません。
 断熱材の外、窓の外にも気を配り、町と家の間、内と外の関係までもデザインする意識を育むことが 「性能の先の心地よさ」に繋がるのではないかと考えています。(伊礼智)


yumily

広島ブログ


[PR]
# by yumily_sketch | 2018-08-13 07:10 | 講演会・セミナー・イベント | Comments(0)

建築の日本展 JAPAN IN ARCHITECTURE

六本木ヒルズ・の森美術館15周年記念展『建築の日本展』に行きました。
竪穴式住居から現代建築までの日本建築の遺伝子がいかに受け継がれているのか。
100のプロジェクト。約400点の展示。
本当に興味深く滞在時間3時間でしたが まだ足らないくらいでした。
写真撮れるのは数か所でした。
まずは待庵から。



壁を塗らず下地だけの窓の 下地窓
襖に縁を付けず紙で巻いて仕上げる 太鼓張り襖
a0070655_14542020.jpg
利休好み
a0070655_14542300.jpg
天井の高さを変える 落天井
亭主側を低くする謙虚さ
a0070655_14542571.jpg
躙り口
上框なしの板戸
a0070655_14512779.jpg
a0070655_14513053.jpg
待庵は京都で本物を見ましたが内部には入れませんでした。
今回の展覧会では内部に入ることをとても楽しみにしていました。

内部は想像以上に明るく
天井は5.83尺(約1766㎜)は立つと想像より低く
二畳の広さは想像とおり。







[PR]
# by yumily_sketch | 2018-06-16 15:40 | 展覧会 | Comments(0)

建築基準法のはじめ

年に2コマ理学療法を学んでいる学生たちに福祉住環境の講義をしています。
図面の読み方から建築基準法とか住宅の壁の中のことや床の下のことなどなど範囲は狭いですが結構専門的な内容です。
その講義の時一番初めに見せる写真がこちら。
ルーブル美術館にあるハンムラビ法典です。
この中にこんなことが書かれているのです。
a0070655_08071175.jpg
若し、建築家が人のために家を建て、その工事が堅固でなく、建てた家が倒壊し、家の主人を死に至らしめたときは、建築家は死刑に処せられる。
若し、主人の子供を死に至らしめたときは、建築家の子供が死刑に処せられる。
若し、家財を損壊したときは、損壊したものすべてを、修復しなければならない。かつ、家が堅固でなく倒壊したのであるから、建築家は自己の費用で倒壊した家を復旧しなければならない。」
a0070655_08075839.jpg
左がハンムラビ王で右の太陽神から王が法典を授かる場面

a0070655_08392184.jpg

ハンムラビ法典は建築基準法のはじめと言われています。
授業は建築は人の命に関わることこです という話から入るのですが私自身も1年に1度このことばに触れ気を引き締めています。
本を読んだだけでは理解しにくい箇所を開設するので毎年わかりやすかったという感想をいただくのですが,
今年は「楽しかった」という感想がちらほらあり,「建築面白い!」という学生もいたり「建築士って誰でも受けれる?」という質問あったりと うれしい思いをしました。
講師冥利に尽きますね。

フランスのルーブル美術館に行ったとき,もちろん見に行きました。
a0070655_08392941.jpg
a0070655_08491074.jpg
a0070655_08073190.jpg



yumily
広島ブログ
[PR]
# by yumily_sketch | 2018-06-08 09:18 | works | Comments(2)

カルフォルニアツアー⑭ ホームステイ

アメリカではこんな素敵なところに泊まりました。
プールやジャグジー,BBQスペースや暖炉のあるコーナーなどまるでリゾートホテル。
でもここホームステイ先なの♪

a0070655_08425552.jpg
a0070655_08430802.jpg
a0070655_08431025.jpg
a0070655_08431186.jpg
a0070655_08431678.jpg
a0070655_08431353.jpg

リクエストしてBBQしてもらいました。
Kがこだわってお買い物してくれたビーフ・ポーク・チキンを父娘が丁寧に絶妙に焼いてくれ もうもうもう感激の美味しさ♪
獺祭アメリカのスーパーにもありました。
私は日本からお気に入りの鍋島持って行きましたよ。
素敵な場所で豊かな気持ちでいただく心のこもったお食事と美味しいお酒に楽しいおしゃべり。最高の時♡happy♡


[PR]
# by yumily_sketch | 2018-05-12 08:58 | 建物探訪 | Comments(2)

グランデ春号 名建築から見える風景

グランデに建築家福島俊をさんとリレーで書かせてもらってた名建築から見える風景。
春号は市営基町高層アパートについて書きました。
語りたいこと満載の建築です。
a0070655_08355938.jpg

今回は触れてないのですけどアパートの屋上庭園は上から見る風景としてもとても美しいのです。
この写真はリーガロイヤルホテルからでその下はアパートのお部屋から撮ったものです。地上からだけでなく窓からの風景も大切なんだよと教えてくれます。
a0070655_08360742.jpg
a0070655_08330051.jpg
原稿書いてた頃解体中だった県営アパートとスターハウスの写真も載せました。今は更地になっています。
a0070655_08412828.jpg

a0070655_08355502.jpg

広島のいいものいいことを発信してる雑誌グランデ。
ネットでも読めるみたいです。




[PR]
# by yumily_sketch | 2018-05-04 09:04 | 建築 | Comments(2)