タグ:建築写真広島 ( 201 ) タグの人気記事

おりづるタワー②

この建築は1978年築のビルの増築改修です。
広島の人たちは工事中も注目してましたよね。
屋外避難階段でもあるスパイラルスロープとドーム側のオフィスのバルコニー部分が増築です。
松田会長から改修の方針は躯体の活用・日射遮蔽・風の有効活用だとお聞きしました。
オフィス部分4mの贅沢なバルコニー。
このバルコニーは西日の日射遮蔽効果もありますがここを壁にしないことでドームへの圧迫の配慮でもあります。
木が使われていてまるでカフェかリゾートホテルにいるようです。
a0070655_7445288.jpg

a0070655_7434624.jpg

とても豊かな空間。いいなぁ。こんなオフィス広島では初めてではないかな~。
気持ちよくてテンション上がり仕事もはかどりそう。
仕事環境はとても大切。
a0070655_7433643.jpg


風の有効活用
バルコニーの手すりは南風を捉える角度
a0070655_7463656.jpg



私たちは展望広場からスロープを歩いたり滑り台を滑ったりしながら降りました。
a0070655_7331062.jpg

a0070655_7331973.jpg

a0070655_7334084.jpg

a0070655_7334783.jpg

展示見たり景色を見たりしながらのお散歩は楽しくてあっという間♪


おりづるタワー
所在地:広島市中区大手町
発注者:広島マツダ
設計者:三分一博志建築設計事務所
構造:SRC造一部S造

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2016-08-30 08:09 | 建物探訪 | Comments(0)

おりづるタワー①

今広島で話題の建築おりづるタワー
マツダの松田哲也代表取締役会長が売りに出されてたオフィスビルからの眺めに魅せられこの建築は生まれました。
建物オーナーの想いを建築家が見事にカタチにした建築です。
a0070655_8222645.jpg

a0070655_8223833.jpg

おりづるの絵のあるガラス張り部分に自分たちの折ったつるを落とします。
ふわりふわりと落ちていき折り鶴がたまっていく様が街から見えます。
a0070655_826970.jpg

a0070655_8281185.jpg

a0070655_8281676.jpg

松田会長が多くの人たちにも見せたいと思われた景色はこちら。
いつも見慣れている広島の街の初めて見る風景。
美しい街広島。
a0070655_8303131.jpg

a0070655_8302565.jpg

a0070655_8301725.jpg


おりづるタワー
所在地:広島市中区大手町
発注者:広島マツダ
設計者:三分一博志建築設計事務所
構造:SRC造一部S造

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2016-08-29 08:33 | 建物探訪 | Comments(0)

海上自衛隊呉地方総監部庁舎(旧呉鎮守府庁舎)

昨夜は呉の花火大会@海上自衛隊呉地方総監部庁舎
花火を見ながらの大人のガーデンパーティ。
こちらの建築、見学させてもらったことがあるのだけど夜の雰囲気もとっても素敵♡
a0070655_11512691.jpg

a0070655_11515430.jpg

a0070655_11581787.jpg
a0070655_11522221.jpg
a0070655_11521140.jpg

噂の海自カレー。
これぞ本場もの♪
ピリッと辛くてとーーっても美味しい(*^^*)
前にもいただいたことあってびっくりしたのですけど海自の方々はお料理すごいんですよ。
長い船旅でお楽しみのひとつがお食事なのでしょうかね。
a0070655_11523783.jpg



海上自衛隊呉地方総監部庁舎(旧呉鎮守府庁舎)
竣工:1907年
設計者:不明
構造レ:ンガと石造
[PR]
by yumily_sketch | 2016-07-31 11:55 | 建物探訪 | Comments(0)

たてものがたり 被服支廠 トークイベント

アーキウォーク広島のmakoto 代表が中国新聞に連載しているひろしまたてものがたり。
今回は私が広島で一番気になる建築、旧陸軍被服支廠倉庫が登場しました。
アーキウォーク広島では8月にトークイベント開催します。
秋にもイベント予定しています。
多くの人にこの建築のこと知ってほしいです。
是非ご参加下さい。
a0070655_1521356.jpg


トークイベント「たてものディープ・トーク 
すっかり恒例になった夏のトークイベント。
今回は旧陸軍被服支廠倉庫を取り上げ、最新の研究をもとに、建築としての特徴や見どころを深~く掘り下げて解説します。
赤レンガの外観から想像できない内部の様子など、他では聞けない話が満載です! 
ぜひお越しください。
(※アーキウォーク広島では今秋に被服支廠でのイベントを計画しており、本トークイベントの収入の一部はイベント開催経費に充てられます)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
・日 程 : 2016年 8月18日(木)19:00~20:30 (開場18:50)
・会 場 : ポートインク(広島市中区本川町3-1-5)
・出 演 : 高田 真(アーキウォーク広島)ほか
・参加費 : 1100円(1ドリンク付き)
・詳細情報: http://www.oa-hiroshima.org/event/event160818.html
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
参加を希望されるかたは、事前のお申込み・お支払いをお願いします。

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2016-07-24 15:22 | AWH | Comments(0)

広島県自治会館


a0070655_0105097.jpg


これはコルビュジェだよね。

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2016-05-10 07:46 | 建物探訪 | Comments(0)

広島県庁舎

この建築好きです。
モダンな香りぷんぷん。
丹下健三やコルビュジェ感じます。
a0070655_1883880.jpg

a0070655_1885014.jpg

ロビーの窓に鳥が飛んでいます。
これは鳥がよくガラスにぶつかるからその防止のためだそうです。
a0070655_189692.jpg

a0070655_1893696.jpg

a0070655_1891113.jpg

a0070655_1894435.jpg

今回建物見学しててロビーの柱の色がえんじ色なこと初めて気づきました。
私としたことが・・。
いつも学生にどこに行っても床壁天井カーテン照明をチェックすること!なんて言っているのですが今度から柱も加えなきゃ(笑)
このカラー、広島県の旗の色かなと思いましたが旗のほうが後にできているんですよね。
この柱のカラーもオリジナルかどうかは不明。
a0070655_18123211.jpg
a0070655_1895173.jpg

a0070655_1895784.jpg


広島県庁舎
設計:日建設計工務(現日建設計)
竣工:1956年


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2016-05-07 18:20 | 建物探訪 | Comments(2)

神勝禅寺 松堂 

神勝禅寺の社務所です。
藤森建築といえば植物。
こちらは名前の通り松ですね。
近くの松を掘ってきて植えたそうです。
a0070655_23111373.jpg

a0070655_2330868.jpg

歩廊の柱も松です。
ブーツがかわゆす。
a0070655_231209.jpg

銅板の屋根のフリルはワークショップの人たちの手作り。
この募集、知っていまして
行ってみたかったのだけど真夏で、体力に自信なく断念したのでした。
面白いですねぇ。やっぱ行けばよかったなー。
a0070655_2313341.jpg

a0070655_23324891.jpg

a0070655_23134284.jpg
a0070655_23302848.jpg


神勝禅寺にはほかにも中村昌生氏の設計など素晴らしい建築がたくさんあります。
この日は時間なくて駆け足だったのでまたいつか行ってみたいな。

神勝禅寺
広島県福山市沼隈町大字上山南91

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2016-02-18 23:34 | 建物探訪 | Comments(6)

多家神社④

昨日はヘリテージマネージャー(歴史的建造物保存活用資格者)養成講座の最終講義の日で各チームの私が見つけた文化財の発表と講評会でした。
私たちのチームはここでも紹介した多家神社宝蔵を発表しました。
屋根は檜皮葺です。
講師の先生から今ここの檜皮を鳥が巣作りにくわえていき屋根が薄くなるということが起こっているというお話を聞きました。
そのことから檜皮の長さが通常のものより短いものが使われているのでは?という推測ができるそうです。
檜皮の通常の長さは2尺5寸で
工事費が少ない時は1尺2寸5分にしてしまってることもあるのですが
1尺5寸以上でないとダメなのだそうです。
檜皮の改修は通常25年。
a0070655_322378.jpg

へーーー。
私たちの調査はまだまだ甘いですな。

古建築の見方って探偵のようです。
建物が残している跡からいろんな推理をするわけです。
私たちも建具の跡を見つけましたよ。
今は引き戸ですが以前は開き戸だったようです。
a0070655_253613.jpg

a0070655_253254.jpg

a0070655_344372.jpg


広島県のヘリテージ養成講座、素晴らしい講師陣で
とても興味深い講義の数々でした。
好奇心そそられ勉強したいことがまた増えました。

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2016-01-25 03:12 | 建物探訪 | Comments(0)

宮島 町歩き

宮島の民家の特徴
①切妻造平入り(屋根の三角じゃない方が道路に面してる)
②板葺の屋根勾配 板葺の庇
③間口2~3間
④窓に伝統的格子や手すり

現在は屋根は瓦に変わっていますが庇の板葺は結構あります。
こけら葺きもありました。

a0070655_332220.jpg

a0070655_335110.jpg
a0070655_34443.jpg
a0070655_341365.jpg
a0070655_39086.jpg


こういう建築の特徴を意識しながら町歩くと楽しさ増しますね♪

宮島で一番古い民家ではないかと言われている住宅を見ました。
外部は改修されて一見では全然わかりませんが小屋組から時代を想定するそうです。
どんな組み方なんだろう。
見てみたいな。

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2016-01-21 03:17 | 建物探訪 | Comments(0)

多家神社宝蔵③

多家神社の場所は神武天皇が御東征の折に立ち寄られた所と伝わっています。
このことは日本書紀と古事記にも書かれています。
日本書記では埃宮(えのみや)、古事記では多祁理宮(たけりのみや)と記述されている神武天皇の皇居が後に多家神社となりました。
平安時代には厳島神社、速谷神社と共に安芸国の明神大社三社になりました。
この宝蔵は広島城三の丸稲荷社より移築したものです。
明治6年に社殿とともに移築したのですが、社殿は焼失してしまい大正4年に再建されました。
この宝蔵は広島城内にあった現存唯一の貴重な建築なのです。
a0070655_14395967.jpg

a0070655_14402379.jpg
a0070655_14403799.jpg


神武天皇って初代天皇ですよね。
えっと?どんな人でしたっけ・・?
で、古事記を読んでみました。
漫画デスケド・・・。
a0070655_14423437.jpg

ギリシャ神話もいいけど日本の神様知らなくては・・・!
漫画じゃない古事記も読んでみたくなりました。

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2016-01-17 19:07 | 建物探訪 | Comments(0)