タグ:建築写真広島 ( 195 ) タグの人気記事

茶室一来亭  神勝寺

神勝寺は2回目の訪問です。
前回の時気になりながら入れなかった茶室一来亭に行きました。
ここは利休が聚楽第屋敷に建てたと言われている一畳台目の茶室を中村昌生さんの設計により復元されたものです。
一畳台目は秀吉が嫌い二畳に改められました。
待庵がそうですね。待庵は2畳に床の間がついている小空間ですがここはもっと小さいのです。
待庵は見学のみで空間を味わうことはできないので利休の小空間を体験したい!というのが今回の目的でした。


a0070655_09364765.jpg
a0070655_09365017.jpg

a0070655_09365217.jpg
a0070655_09365570.jpg
a0070655_09370034.jpg
a0070655_09365732.jpg
a0070655_09370409.jpg
a0070655_09370643.jpg

a0070655_09370969.jpg
a0070655_09364592.jpg



想像以上に狭い感じがしました。
待庵は二畳なのにそれ以上の広さを感じるとよく言われているのを聴いていたからかもしれません。
今回は私一人で入ったのですが次回は二人とか三人を体験してみたいです。

現存していないのですが千家三代目宗旦は床の間なしの一畳台目を作っています。
これが究極の小空間でしょうか。
この古図を忠実に再現したものがこちら一来亭。
次回は秋に再訪したいです。


[PR]
by yumily_sketch | 2017-05-10 09:56 | 建物探訪 | Comments(0)

神勝寺社務所 松堂  

藤森照信先生の創られた社務所松堂
建設の時なみなみの屋根銅板曲げワークショップの参加者を募集されていまして
行きたかったけど酷暑の夏で体力に自信なくて行けなかったことを思い出します。
藤森先生の建築は素人参加のものも多くて人の手で作られている感が良い味を出しています。
参加してたら楽しかっただろうな~。




a0070655_16280933.jpg
a0070655_16281210.jpg
柱は地元のアカマツ。
アカマツはかびやすいので銅板の洋服を着ています。
a0070655_16282136.jpg

a0070655_16281886.jpg

ブーツもはいてる♪
a0070655_16282359.jpg

土壁の陰影美しい
a0070655_16282855.jpg

しっくい壁
a0070655_16282572.jpg
a0070655_16283015.jpg


禅宗のお寺にふさわしく列柱を作ることを意識したと藤森氏。
a0070655_16283294.jpg
お寺の方は屋根のてっぺんに松を植えると聞いた時驚かれたそうなのですが
でも藤森先生があんまり楽しそうに話されるからやっちゃったということだそうです。
楽しい建築が出来ています。



写真は秋に訪れた時のものです。



[PR]
by yumily_sketch | 2017-05-09 16:52 | 建物探訪 | Comments(2)

洸庭(KOHTEI)  神勝寺

建物はさわらのこけら葺きで包まれてる。
内部は闇の水辺。
水の香りとさざ波。
禅の体験。
a0070655_04441084.jpg

a0070655_17301489.jpg
a0070655_17302123.jpg
a0070655_17302627.jpg
a0070655_17303209.jpg
a0070655_17300940.jpg
洸庭(こうてい)/ KOHTEI
設計・監理 :名和晃平|SANDWICH(李 仁孝・古代 裕一)
インスタレーション :名和晃平|WOW



[PR]
by yumily_sketch | 2017-05-08 04:16 | 建物探訪 | Comments(2)

キッチン&ダイニングエレテギア ベラビスタ

リボンチャペルのすぐそばにあるベラビスタのキッチン&ダイニングエレテギアはとても気持ちの良いところでした。
設計はチャペルと同じ中村拓志さん。
目の前のプールが海と一体となってるように見えます。
ここで泳ぎたいわ~。
a0070655_06265166.jpg
a0070655_06265426.jpg
地松のあかまつ
a0070655_06282332.jpg
a0070655_06281604.jpg
a0070655_06264671.jpg
a0070655_06265818.jpg
宿泊したい♡


エレテギア キッチン&ダイニング (ベラビスタ)
設計:中村拓志/NAP建築設計事務所
所在地:広島県尾道市浦崎町大平木1344-2


[PR]
by yumily_sketch | 2017-05-07 06:34 | 建物探訪 | Comments(0)

リボンチャペル

べラピスタ境ガ浜のチャペル
建築主の要望は「世界から人が集まってくる、アート作品のような建築」
意匠だけでなく世界で初めての鉄骨二重螺旋構造で構造的にも注目の建築です。

このアプローチからリボンが始まっているみたいです♪
この日はお式があり内部の見学は不可でしたがガラス張りなので中が覗けます。
外部のリボンにも上ることができました。


a0070655_02075032.jpg

家具もNAPデザイン
a0070655_02073789.jpg
a0070655_02073288.jpg
a0070655_02073446.jpg
a0070655_02074646.jpg

外壁はチタン亜鉛合金
外側は木の羽目板に塗装
床はコンクリート
a0070655_02074037.jpg

螺旋階段の要になっている連結梁
4本あります。

a0070655_03033356.jpg
a0070655_02073966.jpg


a0070655_03040410.jpg
a0070655_03044810.jpg





リボンチャペル
設計:中村拓志/NAP建築設計事務所
竣工:2014年
構造:鉄骨造(免震構造)
所在地:広島県尾道市浦崎町大平木1344-2




[PR]
by yumily_sketch | 2017-05-06 03:10 | 建物探訪 | Comments(0)

公開まちづくりセミナー2016

建築士会の公開まちづくりセミナー2016に参加しました。
建物の見学・「おりづるタワーに翔る想い」松田哲也氏の講演・懇親会。
夕焼けから夜景の広島の風景、松田さんの熱い想いそして建築仲間たちとの建築話を美味しいお酒と一緒に満喫しました♪
a0070655_14144810.jpg

a0070655_14134747.jpg

a0070655_141684.jpg

a0070655_14153595.jpg
a0070655_14133110.jpg

a0070655_1413740.jpg

私はここは夜が好きなのですが来場者少なくて通常は17時までなんですよね。
でもWINTER ILLUMINATION 2016-2017 ~CANDLE FLAME~期間中は21時まで営業するそうです。(今日から2月7日まで)夜の入場料1000円
一足お先にキャンドルと火のあかり楽しませていただきました。


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2016-12-07 14:20 | 講演会・セミナー・イベント | Comments(2)

三桝正典画「山桜春秋」  旧千葉家住宅

三桝正典画「山桜春秋」
残り1日となりました。
旧千葉家住宅は江戸時代中期1774年の建築。
江戸時代の建築と現代襖絵のコラボお楽しみ下さい。
a0070655_229384.jpg

a0070655_229515.jpg

a0070655_2322143.jpg

引手の中にもみじ。こんなところまでこだわりが。
a0070655_2345786.jpg

波兎
a0070655_2351894.jpg

兎の釘隠し
a0070655_23593.jpg

千葉県の家紋 月星紋
a0070655_2325976.jpg

瓦にも月星紋
a0070655_2331957.jpg

懸魚に紋が使われているのは初めて見ました
a0070655_233978.jpg


「旧千葉家住宅×三宅家所蔵美術展」
日時:11月24日(木)10時~16時
場所:旧千葉家住宅・三宅家住宅(海田町中店・稲荷町)
入場料:無料
駐車場(無料):有
問い合わせ:海田町教育委員会事務局生涯学習課℡082-823-921
[PR]
by yumily_sketch | 2016-11-23 02:40 | アート | Comments(0)

たてものがたりフェスタ2016

2日間お天気に恵まれ参加者のみなさんととーーっても楽しみました。
今回担当したのは基町アパート・基町高校・矢野南小学校・比治山本町のアトリエで、みんな初めてではないのにまたまた新発見がありました。
基町アパートは設計担当だった藤本昌也先生のお話をお聞きし建築家大高正人に触れることができ感動でした。
「建築家はひとりの幸せのためにある」と大高先生がよく言われていたことば。
入居者すべての人の居住性を保てるか、街に対して謙虚な気持ちで創れるかという問題に向き合われていたそうですが見事に解かれている建築だと思います。
都市の在り方がコルビジェ前川さん大高さんそして藤本さんに脈々と受け継がれていることを感じました。
屋上で藤本先生のレクチャー。
ここがこんな使い方できるなんて嬉しい限り。
a0070655_16493561.jpg


原広司さん設計の基町高校のガイドは初めてで、勉強しました。
勉強してもわからないのが実際の使い方。
普通教室の廊下は吹き抜けで屋根がなく半屋外空間になっています。
ここの廊下に机を持ち出して勉強している生徒たちがたくさんいました。
みんな気持ちいい場所を知っているんですね。
建築家はこういう使い方も想定されていたのかな。
a0070655_16522813.jpg

a0070655_16515989.jpg

矢野南小学校はは5年ぶりに行きました。
当時屋上の田んぼは畑になっていました。
今はだしのゲンの麦を育てているそうです。
先生方がこの建築が2045ピース&クリエイト事業で建てられたということを意識しておられ平和について考える取り組みをされていることをとても素晴らしいなと思いました
。階段教室と呼ばれる吹き抜けの教室はその発表の場でギャラリーになってて近隣の方々もお招きするそうです。
いきいきと生かされている幸せな建築です。
教頭先生からお話しを伺えたことが貴重でした。
そして教頭先生も今回建築の新発見があったと言って下さりうれしく思いました。
a0070655_16532994.jpg

a0070655_16533996.jpg

a0070655_16534842.jpg

比治山本町のアトリエは建築家村上徹先生の事務所です。
村上先生ご本人のお話伺えてどこも自由に見学させていただき本当に贅沢な見学をさせていただきました。
私ここの前を通るだけでも緊張するんですよね。
お邪魔するのは初めてではないのですが凛とした空間に毎回息をのみます。
a0070655_1654158.jpg

a0070655_16544090.jpg

a0070655_16545863.jpg


建築漬けで刺激的な濃い二日間でした。
ご参加いただいた皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました!


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2016-11-14 16:58 | AWH | Comments(0)

大高正人 展覧会とシンポジウム

広島の基町アパートの設計者大高正人の展覧会があります。
東京の国立近現代建築資料館にて10月26日(水)~2月5日(日)
関連企画で広島でも11月12日(土)にシンポジウムが開催されます。
こちらでは大高事務所で基町アパートを担当された藤本昌也さんがご登壇されます。
基町アパートは私の大好きな建築です。
こんなに人や街のことを考えられた集合住宅を他に知りません。
設計者大高正人を学ぶ絶好の機会です。
新たな基町アパートの魅力に触れることができそうで今からどきどきするくらい楽しみです。
a0070655_13582446.jpg



■展覧会
建築と社会を結ぶ -大髙正人の方法-
概要:
 建築家・大髙正人(1923–2010年)は、戦時下の 1944年に東京帝国大学建築学科に入学、外来講師の前川國男 (1905–86 年)に接したことがきっかけで、当時事務所があった前川の自邸へ通い始めます。卒業と同時に正式所員となった 大髙は、戦後派スタッフの中心として《プレモス 72型》や《晴海高層アパート》、《東京文化会館》等を担当して独立、 以後、半世紀に及び建築家として活動しました。大髙は、目標とする建築のテーマとして「PAU(Prefabrication / Art& Architecture/ Urbanism)」を掲げ、工業化部材の開発から都市スケールの計画や町づくりまで、幅広い仕事に取り組みました。そこには、建築が生活環境を支える社会的な共有財産となることを目指した大髙の建築思想と倫理が貫かれて います。この展覧会では、大髙正人の仕事の全体像を紹介し、彼の求めた建築の可能性に迫ります。

会場:文化庁国立近現代建築資料館(東京都文京区湯島4-6-15)
展覧会期:2016年10月26日(水)~2017年2月5日(日)
主催:文化庁

シンポジウム1:
広島基町高層アパートと大髙正人
主催:広島市立大学、広島市中区役所
共催:文化庁
日時:2016年11月12日(土)14:00~17:00
会場:広島市立基町小学校体育館 (広島市中区基町20-2)
登壇:石丸紀興(元広島大学教授) 、 藤本昌也(現代計画研究所代表)他
司会:松隈洋(京都工芸繊維大学教授)
定員:200名(申込不要・参加費無料)
当日シンポジウムに先立ち、基町高層アパートの 見学会(要申込・参加費無料)を予定
[PR]
by yumily_sketch | 2016-09-22 13:59 | 講演会・セミナー・イベント | Comments(0)

おりづるタワー night

おりづるタワーnight
夜景と夜風とワインとスイーツ
贅沢な大人時間。

a0070655_1851279.jpg


9月23日オープン
23日から3日間展望台を無料開放だそうです。
夜間営業は22日まで

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2016-09-15 18:13 | 建物探訪 | Comments(0)