「ほっ」と。キャンペーン

タグ:建築写真四国 ( 40 ) タグの人気記事

善根湯×版築プロジェクト

瀬戸内国際芸術祭2013秋-香川県本島の参加作品「善根湯×版築プロジェクト」通称「とぐろ」
版築とむくり屋根。
多くのボランティアの人たちの手によってつくられた建築です。
版築とは堅固な土壁をつくるために用いられる古来から伝わる工法で
一般に土、石灰、にがり、などを混ぜたものを型枠に入れ叩き締めて土を固めます。
2013年の夏の暑い中、建築家齊藤正さんや知ってる学生や観光客の方などなどが土を突き固めている過程をずっとFBで見ていてパソコン越しに感動をもらっていました。
創ったものが芸術作品ではなくて創ることも含め作品でした。
人の手で創られたのに自然の地層のようです。
a0070655_1839680.jpg

a0070655_18391354.jpg
a0070655_281754.jpg

a0070655_29079.jpg

a0070655_284128.jpg

a0070655_18392297.jpg

a0070655_13273567.jpg

この作品のある塩飽本島は、瀬戸内海に浮かぶ28の塩飽諸島の中のひとつです。
戦国時代、住民主体の自治を築いた「塩飽水軍」が活躍したところです。
造船技術の高かった塩飽船方衆は後に宮大工や家大工へ転身します。
塩飽大工というのは幕末期から明治にかけて腕の良いことで有名な塩飽諸島出身の大工の総称で
今忘れかけられている塩飽大工の復興を願い活動されているのが続・塩飽大工衆です。

今度は塩飽大工衆の残した建築巡りしてみたいです。

善根湯×版築プロジェクト
所在地:香川県本島
作家:齊藤正+続塩飽大工衆
用途:アート作品(公共サウナ)
yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-09-14 02:43 | 建物探訪 | Comments(0)

MOKスクール 四国ツアー①

MOKスクールで四国ツアーに行きました。
MOKスクール大阪に通い始めたきっかけは昨年広島のセミナーで六車親方、誠二さん、俊介さんのお話を聴き木造をもっと知りたいと思ったからです。
お話に聞いていた天然乾燥・手刻み・若杉活用軸組み構法を生で見ました。
若杉とは45年~50年生の年輪の粗い杉のこと。
今山にある若い木を金物に頼らない伝統工法でうまく使っていく構法です。
5寸角の家を見学しました。柱だけでなく梁も5寸。そして全て背割りが入っていました。


何もかもがため息が出るほど美しい。。。

a0070655_23141250.jpg

a0070655_23142353.jpg
a0070655_23143697.jpg
a0070655_23145236.jpg
a0070655_2315298.jpg
a0070655_23151488.jpg
a0070655_23152756.jpg
a0070655_23153522.jpg
a0070655_23154547.jpg



yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2014-11-17 23:17 | 建物探訪 | Comments(0)

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館⑤

猪熊さんのアートは親しみやすくて好きです。
1902年生まれとは思えない若々しさで現代的です。
a0070655_16263161.jpg
a0070655_162639100.jpg
a0070655_16264931.jpg

a0070655_1630180.jpg

駅前に美術館を創りたいんだと猪熊さんが言われたそうです。
多くの人が利用する駅前にアートがあるということに大きな意味があるんですね。
豊かな街。幸せな街。


丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
設計:谷口吉生

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2013-08-30 16:40 | 建物探訪 | Comments(0)

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館④

丹下健三シンポジウムで谷口先生からこの美術館と猪熊弦一郎の話を聴き何回か行った事があるけれど又見たくなり朝早起きして足を伸ばしました。
a0070655_952562.jpg
a0070655_953238.jpg
a0070655_954223.jpg
a0070655_955169.jpg
a0070655_955882.jpg

谷口先生初めて拝見し先生のかもし出されるオーラにくらくらになりました。
オーラって何なのでしょう。強烈でした。
谷口先生は広島市環境局中工場の設計者です。
「一生懸命創ったよ」と言われました。
大先生のシンプルな言葉・・・・・に感動。


丸亀猪熊弦一郎現代美術館
設計:谷口吉生

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2013-08-28 09:27 | 建物探訪 | Comments(0)

直島銭湯「I♥湯」

今日は大竹さんつながりで直島の銭湯の写真引っ張り出してきました。
a0070655_8502361.jpg
a0070655_8505380.jpg
a0070655_851983.jpg
a0070655_8503339.jpg
a0070655_8504388.jpg

a0070655_8512898.jpg


このときもどうしていいのかわからなくなったことを思い出しました(笑)
大竹伸朗アート鑑賞にはまだまだ修行が足りませぬ・・・。
しかし 時が経つと今度は何かわかるかな?とまた見たくなっちゃうんですよね。
コワイモノミタサ・・なんて言うとホント失礼ですケド。
多分今度直島に行ったときには銭湯に入っちゃいますね。

直島銭湯「I♥湯」
大竹伸朗

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2013-08-23 09:00 | 建物探訪 | Comments(2)

高松一宮住宅団地

丹下健三生誕100年記念事業のシンポジウムに参加のため香川に行きました。
丹下建築も見てきました。
a0070655_12492764.jpg
a0070655_12493258.jpg
a0070655_12494146.jpg
a0070655_12494944.jpg
a0070655_12495642.jpg
a0070655_1250817.jpg


丹下健三はシンボリックな建築というイメージだったので集合住宅を創っておられたのは今回初めて知りました。
一宮団地は2代目で初代も丹下健三が設計しています。
棟の配置がゆったりとしていて植栽も豊かで1階には専用庭があり個々に楽しまれていました。
個々の自由なスペースを想い想いに使っていることで単調な画一的な感じがありません。
車の入れない路地があったり小さい場があったりと豊かな空間でした。
人に寄り添った建築だと思いました。

丹下健三少し好きになったかも。
(今まで散々丹下丹下と騒いでいて好きでなかったの?と突っ込まれそうですが(笑)私は前川國男が好きです)

高松一宮住宅団地
設計:丹下健三
竣工:

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2013-08-19 13:08 | 建物探訪 | Comments(2)

環境と建築 「近作について」西沢立衛

今年のアイカ建築セミナーは西沢立衛さんでした。
今興味のあることは「環境」だということで
環境と建築の関係についてのお話を聴きました。
建築は敷地の中に納まるが建築が及ぼす影響は敷地の中にとどまらずまち全体に広がることがある。
という前置きから豊島美術館の説明に。
豊島という瀬戸内海の小さな島にある1作品だけの永久設置の美術館です。
私はこの美術館が出来る前に西沢さんのセミナーで一枚のスケッチを見せていただきこの建築に魅せられました。それは一筆書きのようなものでとても建築には見えませんでした。その時西沢さんは
「ビルも何もない自然にかこまれた場所。
建築に見えないようなものを創りたいと思った。
土木的、自然的なものを目指し、建築をこえるものを創りたいと考えた。」と言われていました。

この美術館へのアプローチはストレートではなく遠廻りです。
建物は目の前に見えているのに細い道をぐる~と歩きます。
棚田を見て海を見て森に入りやっと作品に近づきます。
まずは瀬戸内海の島の美しい風景を楽しむしかけです。
西沢さんはそれらを豊島の財産と言われました。
a0070655_12455070.jpg

a0070655_13103055.jpg

a0070655_12465551.jpg

「建築を丘や坂の仲間にしたかった。
内部には大きな穴が開いていてそこからは雨や風や雪はもちろん小鳥や虫たちも入ってきては出て行きます」
a0070655_13342311.jpg

「環境との調和」
「周辺との連続性」
「場所の魅力を建築化する」
西沢さんの建築と環境のお話は非常に心地よいものでした。


この美術館は学生たちにも紹介するのですが行ったことある学生に詳しく話してはダメ!と言われています。
行って見るべし!なのだそう。
おっしゃるとおり!(笑)
なのでお見せしたい写真はたくさんあるのですがこのへんで。
おすすめの美術館です。


豊島美術館
設計:西沢立衛
竣工:2010年
所在地:香川県小豆郡土庄町



yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2013-06-05 13:43 | 講演会・セミナー・イベント | Comments(2)

日土小学校③

気になったのはこのお部屋。
何のお部屋なのかなと思ったら相談室でした
a0070655_114435.jpg
a0070655_1171549.jpg
a0070655_1142160.jpg

a0070655_1144489.jpg

元は補導室という名前でつまり説教部屋(笑)
説教部屋が金紙と絣(かすり)の市松模様の壁に銀紙の天井。
明るくて学校の中で一番良いお部屋。
ニクイです。
わんぱく坊主たちにも愛がある。

日土小学校
設計:松村正恒
竣工:中校舎1958年 東校舎1958年
構造:木造二階建て

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2013-04-07 11:19 | 建物探訪 | Comments(0)

日土小学校②

これでもか!ってデザインされてるようなのは好きではなくて
あれ?こんなとこデザインしてるってのが好きです。
そんなところがたくさんある建築でした。
a0070655_018245.jpg
a0070655_0103251.jpg
a0070655_0104122.jpg
a0070655_0104854.jpg
a0070655_0105597.jpg
a0070655_011269.jpg


脚みんな色気があるでしょ。
愛があるな~。愛を注いで創られています。

日土小学校
設計:松村正恒
竣工:中校舎1958年 東校舎1958年
構造:木造二階建て

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2013-04-06 00:12 | 建物探訪 | Comments(2)

日土小学校①

小さな町の小さな木造小学校が地域の人たちの熱い想いで復元され保存活用されました。
再生され保存され活用された幸せな建築はどうやって生まれたのか?
こちらの保存運動に関わられた神戸芸術工科大学教授花田佳明先生の講演会「日土小学校保存再生の意義と建築家・松村正恒について」と見学会に参加しました。
a0070655_8283996.jpg
a0070655_829897.jpg
a0070655_8291848.jpg

a0070655_831835.jpg




日土小学校
設計:松村正恒
竣工:中校舎1958年 東校舎1958年
構造:木造二階建て

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2013-04-04 08:32 | 建物探訪 | Comments(0)