タグ:建築写真中部 ( 44 ) タグの人気記事

なまこ壁のまち①

なまこ壁のまちへ行きました。
まちの中が家も塀も橋もなまこだらけです。
全身なまこな建物もあり圧巻です。
a0070655_9265226.jpg

a0070655_9281091.jpg

a0070655_9262790.jpg
a0070655_9263753.jpg
a0070655_9264656.jpg

a0070655_927118.jpg


ここは伊豆です。
なまこ壁のまち続きます。

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2010-03-02 09:31 | まち | Comments(4)

八ヶ岳美術館  レースの天井

岩ドームの内部はエレガントなレースの天井で覆われていました。
a0070655_22574012.jpg

a0070655_22575119.jpg

a0070655_22574697.jpg
a0070655_2344575.jpg
a0070655_2345057.jpg


レースでムードいっぱいの展示室なのに玄関はあっさりしてて集会所みたいなの(笑)


八ヶ岳美術館
設計:村野藤吾
竣工:1979年
所在地:長野県諏訪郡原村17217-1611

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2010-02-16 23:59 | Comments(6)

八ヶ岳美術館 自然と共存

八ヶ岳の山の中に清水多嘉示の彫刻を展示している美術館があります。
丸いドームが連なっています。
これは自然の中の「岩」なのだそう。
自然と建築、多くの建築家がさまざまな共存を試みています。
a0070655_857584.jpg

a0070655_9115091.jpg

a0070655_8571123.jpg
a0070655_8573326.jpg

a0070655_857656.jpg

a0070655_8574192.jpg


設計は世界平和記念聖堂と同じ村野藤吾です。

八ヶ岳美術館
設計:村野藤吾
竣工:1979年
所在地:長野県諏訪郡原村17217-1611

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2010-02-16 09:19 | 建物探訪 | Comments(2)

石の教会 内村鑑三記念堂②

ここは地上が結婚式が行われるチャペルで地下に内村鑑三の展示室になっています。
チャペル内部は撮影禁止でお見せできないのが残念!
石の内部は水が流れ植物で覆われ石の隙間から光が差し込んでいます。
建築の中にいて自然の中にいる感じ。
洞窟の中にいるよう。


a0070655_0174946.jpg

a0070655_017447.jpg

a0070655_0181370.jpg
a0070655_0181975.jpg

a0070655_0173899.jpg

a0070655_0175513.jpg

a0070655_01818.jpg
a0070655_018775.jpg





「有機的であること」というケンドリック・ケロッグはフランク・ロイド・ライトの偉業を継いだアメリカの建築家。


石の教会 内村鑑三記念堂
設計:ケンドリック・ケロッグ
所在地:長野県軽井沢町星野

yumily
広島ブログ

More
[PR]
by yumily_sketch | 2010-01-11 00:54 | 建物探訪 | Comments(8)

擬洋風建築 旧開智学校②

この依頼があったとき設計者であり施工者であった立石棟梁は中仙道と甲州街道を歩いて東京・山梨方面に出かけ片っ端から西洋館を見て歩きデザインやガラスやペンキの使い方を学びました。
開智学校の工事費は、当時のお金で1万1千余円の巨額なものでした。
およそ7割が松本町全住民の寄付です。
住民の教育に対する熱い情熱に立石棟梁がしっかり応えています。
この建築はその後の擬洋風小学校に強い影響を与えています。

a0070655_73229100.jpg

a0070655_7321333.jpg

a0070655_7324315.jpg
a0070655_7331100.jpg
a0070655_7331083.jpg
a0070655_7331943.jpg

a0070655_7333934.jpg

a0070655_7431939.jpg
a0070655_7333164.jpg



竣工 1876年(明治9年)
所在地 長野県松本市開智2-4-12
設計 立石清重
施工 立石清重
構造 木造2階建て

昭和36年(1961年)に重要文化財指定

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-09-03 07:54 | 建物探訪 | Comments(6)

擬洋風建築 旧開智学校①

学校つながりで長野で見てきた日本で最も古い小学校のひとつを紹介します。

明治初期頃に横浜や神戸に西洋館が現れました。
好奇心あふれる地方の棟梁たちが新しい建築を見て帰り
それぞれの地域で無手勝流で表現した洋風とも和風ともつかない建築を擬洋風建築と言います。


その中でも松本にある旧開智学校は
唐破風あり龍があり塔がありエンジェルが舞うという
いろんなものがてんこもりになっている濃い建築です。

a0070655_23341512.jpg
a0070655_23343125.jpg
a0070655_23344731.jpg
a0070655_2335718.jpg

a0070655_23354993.jpg

a0070655_23352076.jpg
a0070655_23353270.jpg

a0070655_23524078.jpg

a0070655_2342656.jpg

a0070655_2336549.jpg


私が楽しみにしていたのはエンジェル。
想像絶する和風顔エンジェル。
特にこの子(肉まんエンジェル) たまらん~~~♪♪♪(笑)
スケッチして帰りました♪



竣工 1876年(明治9年)
所在地 長野県松本市開智2-4-12
設計 立石清重
施工 立石清重
構造 木造2階建て

昭和36年(1961年)に重要文化財指定


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-08-31 00:00 | 建物探訪 | Comments(6)

more・・・  碌山美術館

a0070655_1721766.jpg
a0070655_1723013.jpg
a0070655_1724222.jpg

a0070655_17125512.jpg
a0070655_1713313.jpg

a0070655_17135493.jpg

a0070655_1715626.jpg

碌山美術館は約30万人の寄付と支援により創られた美術館です。
敷地内には碌山館以外にも棟が点々としていてその中にあるグズベリーハウスという休憩室とミュージアムショップがある建物は地域の教員・高校生・中学生等の奉仕作業により建築されました。
あたたかくて味のある建築です。
いいなあ。。。
いつかこういう建築に関わってみたいものです。。。

グズベリーハウス
設計者 :笹村草家人
竣工:1972年12月
建築構造 :木造(校倉造り石葺屋根)

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-07-26 17:17 | 建物探訪 | Comments(4)

今井兼次  碌山美術館

a0070655_9522172.jpg
a0070655_952308.jpg
a0070655_9523759.jpg
a0070655_953529.jpg
a0070655_9533848.jpg
a0070655_9535195.jpg


設計者今井兼次は以前紹介した聖フィリッポ聖堂の設計をした建築家です。
私はこの建築を見て今井兼次に興味を持ったのですが世界平和記念聖堂の正面のらんま彫刻は今井兼次のデザインなんだよと先輩が教えてくれました。
えーーー・・。そうだったの!
世界平和記念聖堂のコンペの時の審査委員の中心的人物だったこともわかりました。
世界平和記念聖堂の設計者村野藤吾とは友人関係で
審査員として村野を推薦したのも今井兼次だったそうです。

長崎で今井兼次の作品を見たとき村野作品と通じるものがあるよなぁ・・・。
と感じていてどんな関係だったのだろう・・・?と思っていたのですがお互い影響を与え合っていたのですね。

碌山美術館
所在地:長野県安曇野市穂高5095-1
設計: 今井兼次
竣工: 1958年
構造: RC造


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-07-25 10:06 | 建物探訪 | Comments(4)

愛は芸術なり  碌山美術館

a0070655_17281084.jpg
a0070655_1728302.jpg
a0070655_17284260.jpg

a0070655_17334381.jpg

a0070655_1730892.jpg
a0070655_17302233.jpg

a0070655_17312379.jpg

「愛は芸術なり 相克は美なり」
木製のドアをくぐると正面には碌山の残したことばが迎えてくれます。

キツツキとドアノブは碌山の研究をし美術館の実現に奔走した笹村草家人の作品です。

提示室はシンプルで装飾は小さな丸いステンドグラスだけ。
塗装の壁にれんがの床。
照明は学校にあるような普通の蛍光灯がしらっとついていました。
インテリアコーディネーターとしては「何でこんな照明なのよ」と言いたいところだけれど
そんなインテリア性のない(というよりインテリアを台無しにしそうな)ものが堂々とあっても
この空間には凛とした美しさがありました。
そんなもので建築はゆるがないという強さがありました。

こういう建築に感動します。


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-07-24 18:07 | 建物探訪 | Comments(4)

麦の穂   ねむの木子ども美術館

ねむの木こども美術館は女優・宮城まり子さんが障害のある子ども達の絵を飾るために作った美術館です。
白い外壁に子どもたちがひとりひとり個性あふれる麦の穂を描きました。

a0070655_0505736.jpg

a0070655_0513553.jpg

a0070655_0521937.jpg

a0070655_0515856.jpg

a0070655_103466.jpg
a0070655_105245.jpg



麦の穂の楽しいおしゃべりが聞こえてきそうです。

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2008-12-22 01:06 | 建物探訪 | Comments(4)