タグ:建築写真中国 ( 46 ) タグの人気記事

林原美術館

石積み渋い。石垣の上のコンクリートはPC。
PCってパソコンじゃないよ(笑)プレキャストコンクリート。工場で作るコンクリートです。
ここではPCが多く使われていました。
これプランターなんですよね。デザイン効いてます。
a0070655_20562833.jpg

a0070655_20563439.jpg
軒先も窓の上の庇もPC。
窓上の庇かわいい。
a0070655_20563093.jpg
ここはれんがの積み方に特徴があります。
良く見えるところは小口積み。
深目地?目地無し・・?
a0070655_20563200.jpg
見えないところは長手積み。
規格外れんがなのでぼこぼこでむらむら。。
それがまた味わい深い。
コケとれんがも似合っちゃうな。
a0070655_20563518.jpg
蔵もありました。

a0070655_20562668.jpg
林原美術館
設計:前川國男
竣工:1963年
所在地:岡山市


[PR]
by yumily_sketch | 2017-11-07 07:14 | 建物探訪 | Comments(2)

まちのレガシーをめぐるおかやま有名建築みてあるき

岡山の建物巡り「まちのレガシーをめぐるおかやま有名建築みてあるき」に参加しました。
建築史家の松隈洋先生の解説付きというスペシャルな企画です。
私は前川國男ファン。松隈先生は前川國男のお弟子さんでもあります。
行くっきゃないです。

集合は岡山県庁。
設計前川國男で1957年竣工です。
岸田日出刀が審査委員長だった設計競技で選定されました。

これ以前の庁舎は正面にどんどんと階段があり車寄せがあり威厳あるスタイルが多いですが
岡山県庁は前に広場があり道路から奥まったところに建物を配置しています。
ピロティの先には中庭があり開かれたウエルカムな庁舎です。
a0070655_00455920.jpg
a0070655_00455487.jpg
a0070655_09552388.jpg
a0070655_00455386.jpg


a0070655_00455233.jpg
a0070655_00455537.jpg
屋上からの風景。
岡山城って黒色なんだ。
県庁の外壁の黒は岡山城を意識したそうです。
a0070655_00455134.jpg

a0070655_00455793.jpg
excite調子悪いので書きたいことまた後日追記します。


[PR]
by yumily_sketch | 2017-11-05 09:50 | 建物探訪 | Comments(0)

投入堂

投入堂はこんな崖に建っています。
法力で岩窟に投げ入れてできたという言い伝えで「投入堂」という名前なのよ。
a0070655_22312354.jpg

こちらは床を多くの柱で支える造り方で懸造り(かけづくり)と呼ばれるものです。
京都の清水寺もそうですね。
屋根は桧皮葺き。
アシンメトリーな造形は神社建築には珍しいそうです。
a0070655_22493333.jpg

a0070655_22512048.jpg

平安後期の作で現存する神社建築では日本最古級ともいわれてるそうです。
ずっと見たかった建築です。
道のりが厳しかっただけに感激が大きかった(^∀^)
行く前は大丈夫かな?と思ってたけど途中にぽつんぽつんとお堂があり楽しみながら上がれました。
観音堂
a0070655_7191764.jpg

元結掛堂
a0070655_7193376.jpg

時間は40分くらい。

修行終了のお楽しみはこちら♪
山菜うどんもお豆腐もとちもち・どれも美味しい~!!
a0070655_22595368.jpg
a0070655_230349.jpg
a0070655_2301427.jpg



yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2011-06-24 07:31 | 建物探訪 | Comments(8)

三徳山三佛寺

ここの山道は修行の場なのだそうです。
文殊堂、地蔵堂、鐘楼同、納経堂、観音堂、元結掛堂、不動堂を参拝しながら這い登ります。
納経堂
a0070655_22413877.jpg

観音堂
a0070655_2242920.jpg

元結掛堂
a0070655_22431865.jpg

不動堂
a0070655_2248112.jpg

そして最後にやっと投入堂が登場します。
うわーーーーい!やっと着いたよ~~~!!
\(^o^)/
a0070655_2250039.jpg


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2011-06-23 00:00 | 建物探訪 | Comments(4)

旧山口銀行宇部支店

山口銀行つながりで旧山口銀行宇部支店を紹介します。
下関と違い山口は空襲の被害が多くここは残った数少ない建築のひとつです。
宇部市では建物が老朽化し解体を予定していました。
しかし市民グループからの強い要望で、市と市民が一丸となって歴史的建造物を守っていこうと新しい取り組みを始めました。
近代建築のシンポジウムや写真展などを開き市民の意識を高め
今は建物の再利用の方向性を見つけるためのワークショップを続けています。
a0070655_871049.jpg
a0070655_872399.jpg
a0070655_87537.jpg
a0070655_88215.jpg


旧山口銀行宇部支店
設計:村野藤吾
所在地:宇部市新天街一丁目1番1号
竣工:昭和14年(1939年)


内部は村野藤吾らしさが表れていますが外観は人の目をひくような建築ではないです。
が長い年月町の変貌をじっと見守り町の風景の一部となっていたこの建築を町の人々は愛していたのでしょう。
そしてこれからも愛される建築として生まれ変わろうとしているんですね。
山口の近代建築を残す活動は素晴らしいと思います。
山口の建築士の働きも大きいのではないでしょうか。

まちづくりに町の建築士を使ってください。
建築士の職能はまちづくりの力になります。
私たち建築士はそのためにももっと勉強しなければいけないと思います。
まちのみなさん、建築士のみなさん一緒に学びましょう。

「公開まちづくりセミナー2009」
締め切り過ぎてますがまだ申し込みOKです。
----繋ぐ修景の手仕事--- 
(1)基調講演 「長野県小布施町 40年の歳月をかけてのまちづくり」  建築家 宮本忠長氏
(2)座談会 「シュウケイ・ケンチク・エスキス」
コーディネーター 福田由美子氏(広島工業大学教授)
パネラー     宮本忠長氏(株式会社宮本忠長建築設計事務所代表取締役)
         下田卓夫氏(ラーバン一級建築士事務所 主宰)
         小川文象氏(FUTURE STUDIO一級建築士事務所 主宰)
         錦織亮雄氏(社団法人 広島県建築士会 会長)
日 時:平成22年2月8日(月) 18:30~20:30
会 場:広島YMCA 地下「国際文化ホール」(広島市中区八丁堀7-11)
定 員:250名(定員になり次第締切)
参加費:無料
参加申し込みはこちら

a0070655_111502.jpg


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2010-02-04 08:14 | 建物探訪 | Comments(6)

山口銀行旧本店

山口の食べ物だけでなく建築も紹介しますね。
下関にある山口銀行旧本店。
設計は銀行を多く手がけた建築家長野宇平治です。
広島の日本銀行広島支店やアンデルセンも彼の設計です。

a0070655_025179.jpg
a0070655_025874.jpg
a0070655_031026.jpg
a0070655_031579.jpg
a0070655_033059.jpg
a0070655_033846.jpg
a0070655_034599.jpg


正面ギリシャ様式の柱はコンポジット式。
彫りが浅いので迫力に欠ける印象。
予算の関係でこうなっちゃったのかなと思っていたけど藤森照信さんの「日本の近代建築」には「長野宇平治は古典主義表現の可能性をいろいろな方法で試した建築家」とあり
これも試みたデザインだったようです。
そうわかるとこの規模ならではのこの軽やかさが新しい感じに見えてきますね。


山口銀行旧本店(やまぎん資料館)
設計:長野宇平治
竣工:1920年(大正9年)
所在地:下関市観音崎町10-6

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2010-01-30 00:06 | 建物探訪 | Comments(4)

シェルター

年末ですね~。
気持ちが忙しいのでさわやかな写真を選んでみました。

a0070655_11442646.jpg
a0070655_11443891.jpg
a0070655_11444916.jpg

a0070655_11451185.jpg

a0070655_1144543.jpg


グランドスラムプロジェクト 兵庫県立三木総合防災公園 シェルター
所在地 兵庫県三木市志染町窟屋
設計 The Swerve Pavilion アシンプトート+遠藤秀平建築研究所
The Pavilion of the Senses ペーター・エブナー+フランツィスカ・ウルマン+遠藤秀平建築研究所
Framed View フランシーヌ・ハウベン/メカノー・アーキテクテン+遠藤秀平建築研究所


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-12-26 11:48 | Comments(6)

海峡の街  旧下関郵便局電話課分室

アーチ状塔屋屋根、柱頭飾りのないギリシャ風柱など独特のデザインです。
ヨーロッパの近代建築運動の強い影響を受けているものでこれに類似する電話局が全国にいくつも生み出されましたがすでに失われ、
この建物は逓信建築独特の様式を今に伝える近代建築史上大切な意味を持つ建築です。
現在改修工事中のところを見学させていただきました。
来春「田中絹代ぶんか館」として生まれ変わります。
a0070655_812642.jpg

a0070655_815525.jpg
a0070655_8134492.jpg

a0070655_8122959.jpg

a0070655_8124232.jpg

a0070655_8125617.jpg


旧下関郵便局電話課分室
所在地:下関市田中街5-7
設計:逓信省営繕課
構造:RC造一部レンガ造3階建て
竣工:1923年(大正12年)
下関市有形文化財


a0070655_8135869.jpg
a0070655_814726.jpg

理由はあるのでしょうが・・・
床はワックスてかてかの複合フローリング
シート張の建具にこの取っ手・・・。
こういう改修にこういう新建材使うなんて・・・・・?!
なぜなんだーーー!!
せっかく永く保存するために改修するのにこれでは
年月とともに古美ることなく汚くなるよ・・・(泣)

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-12-08 08:28 | 建物探訪 | Comments(5)

海峡の街   旧山陽ホテル

下関は普通の建物が並ぶ中でひょっこり近代建築に出会う素敵な街です。
エクスカーションではマップを持って散策しました。
「あーーー!あれあれ。あれだわー!」
「うわぁーーー!これは何?」
あっちこっちと忙しい忙しい・・・(笑)

こちらは1901年(明治34年)に開業したホテルです。
当時は大陸渡航の皇族や政府高官が利用した西日本唯一の本格的ホテルだったそうです。
現在は事務所として使われています。
海峡夢タワーと並んでいます。
現代建築と近代建築が仲良く同居している風景好きです。
a0070655_1040535.jpg

a0070655_10391957.jpg
a0070655_10393064.jpg

a0070655_10522256.jpg
a0070655_10394424.jpg

a0070655_1052556.jpg

当初の建物は火災し現在の建物も大正13年に再建されました。
設計は辰野葛西設計事務所。
東京駅・日本銀行本店の設計者辰野金吾の事務所です。
窓のあいだの装飾そして外壁の最上部の装飾と細部に美しいデザインが見られます。
鉄柱で作られた車寄せにもコリント様式の装飾がされているのです
が・・・・模様がわからないくらいボロボロになっていました(泣)


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-12-04 10:56 | 建物探訪 | Comments(0)

海峡の街   秋田商会

秋田商会は海運会社で、こちらの建物は施主の秋田寅之助が設計したと言われています。
このあたりで初めての鉄筋コンクリート造で当時には珍しい屋上庭園があります。
平成9年市が取得し現在は観光情報センターとして使われています。

a0070655_0304775.jpg
a0070655_031196.jpg
a0070655_0311550.jpg
a0070655_0312358.jpg



秋田商会
設計:秋田寅之助(施主)
所在地:下関市南部町23-11
竣工1915年(大正4年)
構造:SRC造3階地下1階

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-12-02 00:28 | 建物探訪 | Comments(2)