「森のはずれの映画館」2

「森のはずれの映画館」


森のはずれの映画館の後ろのほうには
まるで寝てるかのように静かに見ているもうひとりのお客さんがいた。



a0070655_80389.jpg


「森のはずれの美術館」銅版画 石田智美

yumily
広島ブログ
[PR]
# by yumily_sketch | 2006-07-13 22:15 | その他 | Comments(0)

萬翠荘


a0070655_0241728.jpg

a0070655_0243339.jpg

a0070655_042983.jpg
a0070655_0261082.jpg
a0070655_026205.jpg
a0070655_0334690.jpg




萬翠荘(愛媛県美術館分館)
設計者:木子七郎
所在地:愛媛県松山市一番町3-3-7
主用途:美術館
竣工:1922年
構造:鉄筋コンクリート造り地下1階・地上3階
面積887.58m2(268坪)
屋根頂部: 銅板、その下の急勾配屋根は天然スレート葺き
玄関扉 :鳳凰と久松家の家紋「星梅鉢」をデザイン化
玄関ホールの左右の柱: 万成石(花崗岩の一種、通称「紅桜」)

旧松山藩主の子孫にあたる久松定謨が別邸として建てたフランス風の建築
愛媛県指定有形文化財

yumily
広島ブログ
[PR]
# by yumily_sketch | 2006-07-13 00:38 | 建物探訪 | Comments(0)

1年点検

今日はY邸の1年点検へ。

ここは断熱にこだわった家。
ダイニングに大きな吹き抜けがあるけれど冬の暖房は深夜電力を利用する自然対流型蓄熱式電気暖房器(クレダ)だけで快適だったと気に入っていただけた様子。
他、玄関木製建具の反りや外壁下地のパテやせなど気になるところが2.3点あったけれどどこも不具合は出ていなかった。

関わった住宅を訪れるのは設計者としてはうれしいこと。
ご家族の笑顔と幸せそうに暮らしていらっしゃる様子が次へのエネルギーとなる。

a0070655_14343782.jpg



yumily
広島ブログ
[PR]
# by yumily_sketch | 2006-07-10 22:31 | works | Comments(0)

建物見学会へ

今日は建物見学会へ。
構造設計者からのご案内。
それはRCの建物で、梁のない構造だった。

構造設計者の建物見学会は珍しい。
私はその方の建物を見学するのは3回目。
いつも何かにチャレンジされていて興味深いお話しを聞かせてくださる。


「構造設計というとプラスしていくというのがあたりまえだと思うかもしれないけどこの設計はマイナスの考え方。
いかになくしていくかということを考えている。
ここに大きな梁をもってきては敗北だ。」

a0070655_243872.jpg


yumily

広島ブログ
[PR]
# by yumily_sketch | 2006-07-08 23:03 | today | Comments(2)

話し方講座

話し方講座を受けた。
話し方には興味があり、最近やたら人の話し方が気になっていた。

自分の話し方のチェック項目

明るい声 暗い声
高い声 低い声
良い声 悪い声
話し方が速い 遅い
表情のある話し方 ない話し方
表現力がある話し方 ない話し方
笑顔で話している 話していない
相手の目を見ている 見ていない

ここで注意なのはおしゃべりと話すときは違うということ。
おしゃべりのときは笑顔で表情もあると思うけど話しているときとかはどうか・・?
ほとんど駄目なほうにチェックとなる・・・。


今日私の話し方を先生が真似をされ、愕然!!
えーーー!!
私ってこんな話し方してるの?
聴いてるようで聴いていない自分の話し方。

先生からの私へのアドバイスは

高い声で
明るく
やさしく
楽しそうに
話すこと。

それって
私が

低い声で
暗くて
意地悪そうで
つまらなさそう

ってこと・・・・?!

(ToT)

a0070655_6383914.jpg


yumily
広島ブログ
[PR]
# by yumily_sketch | 2006-07-08 12:25 | その他 | Comments(2)

石田智美銅版画展


a0070655_1022135.jpg

銅版画家の石田智美さんから版画展のお知らせが届きました。


石田さんの版画は暖かくて素朴でほんわかした気持ちになります。
是非ご覧ください。


石田智美銅版画展
日時 2006/7/7~7/11
   10:00~18:00(最終日16:00まで)
場所 川口商店2階ギャラリー
   広島市中区本通8-31

yumily
広島ブログ
[PR]
# by yumily_sketch | 2006-07-08 10:03 | その他 | Comments(0)

最終仕上げ

今週末引渡しの住宅リフォームで最終仕上げが急ピッチで進んでいる。
現場も私もぴりぴりと緊迫した雰囲気。

今日ここに住まわれているご夫婦が現場を見にいらした。
ゆっくりゆっくり全体を見て回られ
「素敵な部屋だねえ。
お母さん、長生きしなきゃだめだよ・・。」
と奥様にやさしい笑顔で語られていた。

張り詰めていた気持ちがふわっとあたたかいものに包まれた。

もうひと頑張り・・!
a0070655_8282975.jpg


yumily
広島ブログ
[PR]
# by yumily_sketch | 2006-07-06 08:30 | works | Comments(0)

道後ぎやまんの庭

道後ぎやまんの庭は和ガラスのミュージアム。

江戸、明治 大正 昭和初期時代のガラス製品が宝石のようにひとつづつガラスの箱に入っている。

見せ方が上品。


お庭は夜ライトアップされほたるが飛ぶときもあるそう。

ショップで昭和20年代頃の製法ハンドプレスの復刻グラスをふたつ買った。

a0070655_0171326.jpg

a0070655_838559.jpg

道後ぎやまんの庭-
〒790-0836
愛媛県松山市道後鷺谷町459-1
9:00~22:00

a0070655_0183332.jpg


道後温泉での夜のお散歩におすすめ。

yumily
広島ブログ
[PR]
# by yumily_sketch | 2006-07-05 00:22 | その他 | Comments(0)

セキ美術館

a0070655_221155100.jpg


オルゴールの音色を聴きながら鑑賞できる美術館は道後にある「セキ美術館」。
印刷業を営まれている関氏の個人コレクション。

横山大観
加山又造
平山郁夫
黒田清輝
藤島武二
藤田嗣治
ロダン
など巨匠ぞろい。

中でもロダンの「ファウナ(森の妖精)」は目をひいた。
ロダンといえば黒い男性的な彫刻が思い浮かぶけどこれは白の大理石で作られたやさしくて美しい妖精だった。
a0070655_2216233.jpg

オルゴールの音色が館内を心地よく響く。
小さな配慮が隅々に感じられる美術館。
どうぞ美術を存分にお楽しみくださいと言ってるかのよう・・。
純粋な思いから作られたものだからなのか
ここには澄んだ空気があった。

セキ美術館
松山市道後喜多町4-42
入館料 500円!!

芸術にふれる喜びを共有したい。地域の皆さまをはじめ道後を訪れる人々に、静かで心豊かなひとときをご提供できたら・・・・こんな思いで作られました。(セキ美術館)
a0070655_2213598.jpg


yumily
広島ブログ
[PR]
# by yumily_sketch | 2006-07-03 22:17 | その他 | Comments(0)

アンティークオルゴール

a0070655_9182422.jpg
100年以上前にドイツで作られたアンティークオルゴール。

a0070655_1174260.jpg
ディスクを入れる。
選んだ曲はモーツアルトの「魔笛」。

a0070655_118336.jpg
コインを入れると動き始め

透き通った空間にやさしい音色が響く。

a0070655_117424.jpg


松山で自分の選んだオルゴールの曲を聴きながら鑑賞できる小さな美術館を見つけた。

yumily

広島ブログ
[PR]
# by yumily_sketch | 2006-06-30 01:52 | その他 | Comments(0)