<   2015年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ガラスの茶室 光庵 ディテール

ガラスの火打ちとかガラスの屋根とかガラスの取っ手とかガラスの庇とかガラスの床とか

a0070655_12314242.jpg

a0070655_11461842.jpg

a0070655_11461112.jpg

a0070655_11462664.jpg
a0070655_114633100.jpg
a0070655_11464121.jpg
a0070655_114650100.jpg

a0070655_12312080.jpg


 yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-04-29 12:36 | 建物探訪 | Comments(0)

ガラスの茶室 光庵 

週末は大阪で木の講座。
ちょっと早起きして京都将軍塚青龍殿に展示されているガラスの茶室 光庵を見学に。
吉岡徳仁が2011年のベネチィア ビエンナーレで発表した作品。
茶室を囲むようにガラスのかたまりのベンチウォーターブロックもあり 光がプリズムをつくっていました。
影も美しい。
そこに座ってお茶室を見る・そしてその向こうの京都の景色を見るという贅沢。
幸せ♡
a0070655_13444622.jpg

a0070655_13465614.jpg

a0070655_13441420.jpg

a0070655_13434052.jpg

a0070655_13462856.jpg


大正の木造建築のおおきなふところに平成のガラス建築が鎮座。
この場所のためにつくられたわけではないのにこの調和。
こんなコラボ誰が考えたんでしょう。

by yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-04-26 13:48 | 建物探訪 | Comments(0)

iittala   ミラノ⑤

昨日は気持ちのいいお天気でしたね。
久しぶりにお庭に出てみたらお花が満開でした。
小手毬、カラー、たんぽぽ、ローズマリー、あやめなどなど他名前がわかりません(・∀・i)
お部屋の中をお花いっぱいにしました。
洗面所までこんなに~。
a0070655_23144659.jpg

贅沢な気持ちです。
サローネで素晴らしいインテリアやデザインに触れ、インテリアの大切さを改めて感じています。
インテリアは人の心を豊かにします。
今日お花が私を幸せな気持ちにしてくれました♡

お気に入りのアールトのベースにもお花を飾りましたよ。
a0070655_23292379.jpg

ミラノサローネでのイッタラの新作は四角いベースでした。
美しいガラスです。
a0070655_2375956.jpg



by yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-04-25 00:01 | ミラノサローネ2015 | Comments(0)

Vitra(ヴィトラ)   ミラノ④

ヴィトラ 
長坂常の会場デザイン
パレットで会場構成されていてリフトがあったりと倉庫のよう。
ここも大人気ブース。
ここではカラフルなパントンチェアがお出迎え。並んで行進してるみたいです。
a0070655_2281516.jpg

a0070655_2282023.jpg

グランレポ
この椅子に座るとカンガルーにだっこされているみたい見ます(*^-^*)
癒されます。
a0070655_228302.jpg

イームズのシェルチェア。
ミニチュアではありません。
a0070655_2372356.jpg

プルーヴェのスタンダードチェア
かっこいい!スタンダードチェア初座り。
1934年の作品です。今見ても新しい。
a0070655_2291929.jpg

a0070655_2292581.jpg

a0070655_2293285.jpg

会場外で行われているフォーリサローネではプルーヴェのビンテージの展示もありました。
私は残念ながら行けず。あー本当に残念。
サローネめぐりは時間と体力と要領が必要なのです。


by yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-04-24 02:47 | ミラノサローネ2015 | Comments(0)

ミラノサローネ2015   ミラノ③

カッシーナは2015年はル・コルビュジエ没後50年、CassinaがLCコレクションの復刻を開始して50年というメモリアルイヤー。
人気のブースです。
オールド(な皮)で新しい(枠の色)LC2がお出迎え。みんな座っていました。
たまらない、幸せな座り心地♡
a0070655_1495633.jpg


LC2のバックにはハイメ・アジョンがル・コルビュジエの作品からインスパイアされた、テーブルコレクション。
a0070655_150890.jpg



ル・コルビュジエの小さい家ヴィラ・ル・ラックの庭の木を使った限定コレクション
庭の木が病気になったので伐採したのだそう。
ヴィラ・ル・ラック長く改修していましたよね。もう終わったのかな・
ハイメ・アジョンデザイン
a0070655_1511737.jpg




マリオ・ベリーニの新作のベッドとラウンジチェア。
a0070655_153426.jpg

a0070655_1531974.jpg


この日は初日だったのでデザイナーにもちらほら会えました。
カメラマンなどプレス関係もいっぱい。


by yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-04-23 01:56 | ミラノサローネ2015 | Comments(2)

ミラノサローネ2015   ミラノ②

今回の旅の目的はミラノサローネ。
毎年ミラノで開催される国際家具見本市です。
世界のトップデザイナーやメーカーが新作を発表します。
家具やインテリアもファッションと同じで流行もあります。

家具ももちろん素敵なのですがブースのデコレイトが上手い。
どこを見てもセンス抜群。
そしてメーカーのスタッフも来場者も素敵な人が多いこと。
インテリアの世界は華やかですねぇ。。
何から紹介していいかわからないくらいなのですがまずは楽しい椅子から。

a0070655_213962.jpg

a0070655_215050.jpg
a0070655_22552.jpg
a0070655_2214100.jpg

a0070655_275114.jpg

a0070655_275869.jpg


by yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-04-22 02:10 | ミラノサローネ2015 | Comments(0)

ドゥオーモ①  ミラノ旅

ミラノに行っていました。
ギリシャ終わっていないけどミラノに移動します♪
ミラノといえばドゥオーモ。
以前行ったときは昼でしたので夜のドィオーモは初めて。
ライトアップ美しいです。
10時ころなのにまだ人がいっぱいです。
a0070655_421260.jpg

a0070655_423128.jpg


by yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-04-19 04:04 | 建物探訪 | Comments(0)

れんが積み

原爆ドームの100歳のことテレビや新聞などちらほらと取り上げられていましたね。
4月5日の中国新聞の天風録にはドームのれんが積のことが書いてありました。
ドームのれんがは香川県で焼かれたものだそう。
れんがには積み方に特徴があり富岡製紙場はフランス式で原爆ドームはイギリス式ということも書かれていました。
広島の他のれんがの建物もイギリス式でした。
フランス式は華麗。イギリス式は堅牢と言われています。
a0070655_17554143.jpg

被服支廠
a0070655_17555877.jpg

広電本社兄弟
a0070655_17562466.jpg

a0070655_1756776.jpg

広島市郷土資料館
a0070655_175823.jpg

郷土資料館にはれんが積の展示があります。
イギリスとフランスの違いはこうです。
a0070655_17583137.jpg

a0070655_17584590.jpg




4日のAWHのお誕生日会イベントの様子が6日の朝日新聞に載ってました。
http://www.asahi.com/articles/ASH447H63H44PITB014.html


by yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-04-07 18:20 | 建物探訪 | Comments(0)

原爆ドーム100歳のお誕生日

今日は原爆ドームの100歳のお誕生日です。
昨日はアーキウォーク広島がお誕生日会を企画し集まって下さった市民の人たちとお祝いしました。
ろうそくの灯は参加者みんなでふう~☆
a0070655_20531912.jpg

a0070655_20553275.jpg

a0070655_20592794.jpg

原爆ドームで建物を見ながらの解説のつもりが足場と養生であんまり見えなくて残念でしたが
場所を変えmakoto代表からしっかりディープな建築解説を聞きました。
どんなにディープかというと
設計者ヤンレツルのことについて
そしてこの建築が様式建築から分離しようとしたぜセッション派であること。
それじゃあ様式建築とはなにか?という説明。
様式建築からモダニズム建築への移り変わり。
そしてこの建築が広島でどんな存在だったのか。
その時の広島の街のこと。
で、この建築のデティール。
などなど・・・
大学生が居眠りしそうな大学講義のようなマニアックな内容。
それを建築に関係のない一般の参加者のみなさんが食い入るように聞いておられ、面白がっておられるのを見て主催者側の私は不思議でした(笑)(笑)

makoto代表マジックです♪

ご参加くださったみなさまありがとうございました(*^-^*)

原爆ドーム
100歳おめでとうーーーー☆☆☆


by yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-04-05 20:56 | AWH | Comments(0)

ギリシャ詣で25 古代アゴラ博物館

長さ116m幅20mの古代アゴラ博物館は前150年ころに建設されました。
ここは当時の建材などで再建されていてギリシャ遺跡の中で唯一完全に復元された建物です。
アクタス2世により建てられたことによりアクタスの柱廊と呼ばれています。
圧巻です。
外部の柱はドリス式で内部はぐるぐるイオニア式です。
a0070655_991656.jpg

a0070655_9111384.jpg

a0070655_1111734.jpg

a0070655_11112198.jpg

2階は反対で外側がイオニア式で内部がドリス式。
これも設計者のこだわりなのでしょうね。
a0070655_11144977.jpg

a0070655_11111440.jpg

a0070655_11112811.jpg
a0070655_11113757.jpg


ギリシャ観光では必ず柱オーダーが何式かという説明がありますので一般の方も帰るころにはイオニアもドリスもコリントもマスターされます。
建築学生たち、これは覚えないと恥ずかしいね。

by yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-04-03 11:29 | 建物探訪 | Comments(0)