「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Zumthor Tour82 スイス料理

添乗員Nさんの計らいでヴィトラ社の案内をしてくれたチューリッヒ在住のガイドTさんとまた会えました。
スイス料理のレストランに案内してくれました。
お決まりのチーズフォンデュにスイス料理のRosti
Rostiというのはポテトを焼いたもの
a0070655_22452662.jpg
a0070655_22453690.jpg
a0070655_22454381.jpg
a0070655_22455328.jpg
a0070655_2246453.jpg


美味しかった~♪♪


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2011-07-30 22:58 | 食べ物 | Comments(4)

京橋会館⑤

1945年の広島駅周辺の大火を契機に本格的な区画整理が始まりました。
計画道路上の店舗の移転が必要となり1950年に立ち退き者で京橋商店街商業協同組合を設立します。
今のコーポラティブの建設組合のようなものだったのではないかと思います。
個人のお店の人たちが集まりひとりではできないことを協同でやろうと大きなプロジェクトを立ち上げたのです。
みんなで大きな夢を見られたのではないでしょうか。
その後いろいろな事情でプロジェクトは紆余曲折しますが組合設立から4年後1954年に京橋会館は竣工しました。
a0070655_15591984.jpg


102件の家族がここに集まって住みました。


※昔の京橋会館をご存知の方是非お話聞かせてくださいませ

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2011-07-27 16:09 | 建物探訪 | Comments(0)

京橋会館④

窓のデザイン素敵です。
出窓なのよ。
a0070655_835097.jpg



8/13・8/14のイベントでは建築解説ツアーをやります。
京橋会館の建物をめぐりながら、注目ポイントや集合住宅の歴史などについて、分かりやすく解説します。
もちろん自由見学もありです。
いろんな発見してくださいね(^o^)ノ

※昔の京橋会館をご存知の方是非お話聞かせてくださいませ

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2011-07-26 08:40 | 建物探訪 | Comments(0)

京橋会館③

京橋会館の猫
a0070655_73822.jpg

「あんたら何しに来たん?」
みたいな顔サレマシタ・・・(^^ゞ



※昔の京橋会館をご存知の方是非お話聞かせてくださいませ


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2011-07-25 07:05 | その他 | Comments(0)

京橋会館②

京橋会館は戦災復興期の道路建設に伴う商店街の共同化事業として計画され、広島県住宅公社(当時)が1954年に完成させた集合住宅です。
1~2階はメゾネットの店舗併用住宅となっています。
a0070655_1043538.jpg
a0070655_334544.jpg
a0070655_101734.gif
a0070655_345679.jpg

お店には中庭からも入れるところもあります。
中庭も街の一部だという設計だったのでしょうね。
こういうウエルカムな計画 好きです(^-^)


「お客様各位 
昭和29年3月開業以来56年余にわたりお引き立をいただきましたが6月25日をもちまして閉店いたすこととなりました。
皆様の永年の御愛顧心より感謝申し上げます。店主」
と書かれた張り紙を貼ってあるお店がありました。
ここにありきのお店だったのかなと想像します。
ここを愛しまた地域の人たちに愛されたお店だったんだろうな

※昔の京橋会館をご存知の方是非お話聞かせてくださいませ


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2011-07-24 10:46 | 建物探訪 | Comments(4)

京橋会館①

京橋会館の最大の特徴は、ロの字型です。
これはヨーロッパなどで多く見られる形式ですが日本では珍しい型です。
中庭には当時砂場もあったらしく子供の遊び場としてまた住民のコミュニティ形成の意図があったのではないかなと思います。
a0070655_15585579.jpg
a0070655_15594886.jpg
a0070655_1559225.jpg

a0070655_1624434.jpg

緑豊かな住民共有の憩いの庭になったかもしれない中庭はいつの頃か駐輪場・駐車場として使用されたようです。
基町アパートの屋上と同様、当初の意図とは違う使われ方になってしまうのは時代の流れで仕方ないことなのでしょうけどね。。。。
今の時代みんな車持ってるしね・・。
この辺駐車場代高いしね・・。
豊かさと経済いつも喧嘩します。


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2011-07-23 16:38 | 建物探訪 | Comments(2)

京橋会館見学イベント開催   アーキウォーク広島

解体予定の市営住宅「京橋会館」の見学会のご案内です。
広島の復興を象徴する名建築を見る貴重な機会です。
暑い時期ではありますが、ぜひお越しくださいませ。
a0070655_734514.jpg
a0070655_735815.jpg


--------京橋会館の見学イベント---------

■開催日: 2011年8月13日~14日
■開催時間: 13~17時(14日は終了後に無料コンサートを予定)
■会 場: 京橋会館(広島市南区京橋町6番地)
※広島駅から徒歩10分。
■入場料: 無料(予約は不要です)
■詳細はアーキウォーク広島のHP
こちら

当日は、1時間おきに解説ツアー(当日先着順受付)を行い、京橋会館の
注目ポイントや集合住宅の歴史などについて分かりやすく解説します。
また、会場内では解説パネル展やビデオ上映も予定しています。さらに、
建築公開にあわせて、アートパフォーマンスやコンサートなど、多彩な
イベントによって建物を彩ります。

※HPの注意事項を必ずお読みくださいね。

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2011-07-22 07:36 | AWH | Comments(10)

イベント準備  アーキウォーク広島

アーキウォーク広島次回イベントの準備進めています。
代表が帰広しメンバーと現地調査。
大先輩の東京のopen! architectureからもご参加くださっていろいろとアドバイスいただきました。
近々発表予定デス!
みなさまお楽しみに~(^o^)ノ
a0070655_11392165.jpg

a0070655_8382435.jpg

陽が落ちてからは恒例のお楽しみの飲み会♪
この時期だけどカキを食べたよ。
朝から夜まで延々と建築話をしたのですわ。
あまり興味がなかった建築でも代表makotoの話を聞いてるとふら~っと吸い寄せられてしまうのです。
こうやって新たな建築の魅力を知るのはわくわくすること♪
濃厚な一日・満たされマシタ。
a0070655_11401883.jpg



yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2011-07-19 08:50 | AWH | Comments(2)

繋がり

人と人が繋がるようにさりげなくしかけのある建築が好きです。
ここは地域に開放し公園のように作られた集合住宅の屋上です。
(残念ながら今は開放されていません)
ベンチ
どれだけの人がここに座り語らったことでしょうか。
a0070655_2394341.jpg
a0070655_2395444.jpg
a0070655_2310629.jpg
a0070655_23101896.jpg

a0070655_23112317.jpg

a0070655_9512479.jpg

縁や繋がりとは不思議です。
ひょんなことから縁ができそれが繋がっていくんですよね。
なんて素晴らしいことなんだろうと思います。


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2011-07-18 09:45 | その他 | Comments(4)

Zumthor Tour81 マサンスの老人ホーム②

集まって住むことがテーマの私。
この建築はとても興味深かったです。
日本のグループホームのようなものかなと思いました。
外からの見学でしたがゆっくりとした時間が流れ豊かさを感じる建築でした。
a0070655_9402465.jpg

a0070655_23205091.jpg

a0070655_2320365.jpg

トゥファと呼ばれる石です。
a0070655_9383125.jpg

木はカラマツ
a0070655_23204318.jpg

a0070655_9173178.jpg


バルコニーからはアルプスの夕日が見えるそうです。

窓の中から私たちを見つけたおばあさんがにっこり笑って手を振ってくれました。
「いい建物でしょう。暮らしてる者の自慢よ。ゆっくり見ておいきなさいな」
と言われてるようでした。

ここでも幸せな建築と幸せな人を見ました。


マサンスの老人ホーム
設計:Peter Zumthor
所在地:スイス
竣工:1993年

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2011-07-15 09:54 | 建物探訪 | Comments(4)