<   2010年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

open! architecture HIROSHIMA 2010⑥  基町アパート屋上広場

南に行くほど低くなる高さの違う棟はゆるやかな階段により繋がれていて丘陵地を歩いているようなのです。
a0070655_1927568.jpg
a0070655_19283546.jpg

a0070655_23291018.jpg


こちらの屋上はアパートの住民だけでなく一般市民、特に地域の子どもたちが自由に利用できる屋上公園として計画されました。
ここはがきっ子広場・
ローラースケートや自転車で走り回れるスペースです。
他砂場やベンチのあるちびっこ広場やひとりが静かに過ごしたり誰かと語り合ったりできる行きどまりの小さなコーナーなどいろいろな場所が作られています。
a0070655_23302433.jpg


特に子どもの利用に配慮されていて屋上の風圧や騒音を考慮し壁の高さは1.7m~1.8m。
大人でも外を見ることが難しい高さですがところどころ小さい窓がついていてのぞくことができます。
みんなのぞいています(^m^ )
a0070655_23465524.jpg
a0070655_23313987.jpg
a0070655_23315273.jpg

a0070655_21152139.jpg

ここの床はゴムパッキン+PC板の二重床になっていて階下への音の配慮もされています。
子どもたちが自由に遊びまわれるためのディテールです。
がきっ子たちの笑顔と歓声が目に浮かびにんまりしてしまいます。
なんて素敵な設計者でしょう。


しかし今は鍵がないと入れない閉じられた空間になっていて子どもたちが遊ぶ空間ではなくなっています。
悲しいけれどこういう場所が開放されない時代になってしまったのですね。

open! architecture HIROSHIMA 2010
アーキウォーク広島

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2010-10-31 21:30 | AWH | Comments(12)

open! architecture HIROSHIMA 2010⑤  基町アパート屋上 

基町アパートの屋上に上がりました。
a0070655_23283365.jpg
屋上の3割部分が緑化されています。
計画では雑草を主体に考えられていましたが現在は住民たちにより思い思いのお花が育てられています。
美しく整えられた庭園ではありませんが生活感あふれるほのぼのとした感じが良いです。
こんなところにこんな豊かな空間があったなんて!
a0070655_232844100.jpg

見慣れた広島の見たことのない表情に歓声があがりました。
a0070655_0314659.jpg

a0070655_032282.jpg



「住民による自主的な緑の管理が成功した時初めて屋上空間は住民の生活と密着した楽しい生き生きとした空間となるであろう」
(広島・基町・長寿園高層団地計画報告より大高建築設計事務所)

10/30の中国新聞13面にイベントの記事が出ていました。
どうぞご覧になってくださいませ。

open! architecture HIROSHIMA 2010
アーキウォーク広島

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2010-10-28 14:24 | まち | Comments(6)

open! architecture HIROSHIMA 2010④  出発 

4グループに分かれて基町アパートに出発♪
a0070655_147660.jpg
a0070655_1471842.jpg

旗はないけどメンバーにデザイナーがいてかっこいいカードを作ってくれたのよ。
私はBチーム
a0070655_1573528.jpg


open! architecture HIROSHIMA 2010
アーキウォーク広島



yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2010-10-27 02:01 | AWH | Comments(6)

open! architecture HIROSHIMA 2010③  基町中層住宅 

住宅不足の中、昭和21年広島市は緊急住宅対策として10戸長屋の木造住宅743戸を建てます。
それらは劣悪な資材で簡易に作られた不良住宅でした。
しかし当時はここに入ることは市民の人たちの羨望の的だったそうです。
その後それらの建て替えで昭和31年度~昭和42年に県営300戸市営630戸の中層の公営住宅が生まれます。
白色の壁が市営住宅で土色が県営住宅です。
a0070655_2128171.jpg

羊羹のような県営住宅の隙間に3方が突き出た星形の建物が見えます。
これが団地マニアが泣いて喜ぶ「スターハウス」と呼ばれているものです。
私はマニアではないですがスターハウス好きです☆☆☆
a0070655_21303374.jpg

a0070655_21351596.jpg

3方向に採光と通風がとれるのですがプライバシーのことや北側住戸ができるため今では建てられていません。
団地の建て替えで姿を消し広島県ではここと福山に数棟残すのみではないかと言われています。
これの平面図見てみたいです。
中にも入ってみたいなぁ。

これら中層団地は老朽住宅の建て替えというもので都市発展を指向するような都市開発としての発想ではありませんでした。
(参考:基町地区開発事業記念誌 広島県・広島市)



open! architecture HIROSHIMA 2010
アーキウォーク広島


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2010-10-26 00:05 | AWH | Comments(2)

open! architecture HIROSHIMA 2010②  基町  

アストラム城北駅集合
参加者40名(うち県外参加者11名・外国人参加者6名)
いよいよSTART
a0070655_144879.jpg

まずは基町の説明から
広島と命名したのは毛利輝元と言われています。
江戸時代の広島城は北は城北通り西は太田川 東は広電白島線南はバスセンターあたりまでありとても広かったのです。
江戸時代が終わり武士が出て行ったあとは陸軍が入ってきます。
日清戦争の時には広島城に大本営がおかれ広島は227日間日本の首都となります。
今の県庁あたりに帝国議会の仮議事堂が建設されバスセンターから県庁くらいまでは練兵場でした。
そして原爆投下によりそれらをすべて失います。
その後、都市計画において公園や官庁街として位置づけられます。
公園用地だった地域ですが住宅難のため公営住宅を建てざるを得なくなり、またあいてる敷地に家のない市民たちが勝手にバラックを建て木造密集地となります。
映画にもなった『夕凪の街 桜の国』に出てくる原爆スラムと呼ばれたまちです。
a0070655_87997.jpg

a0070655_8402584.jpg
a0070655_845669.jpg

a0070655_10443014.jpg


open! architecture HIROSHIMA 2010
アーキウォーク広島


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2010-10-25 09:14 | まち | Comments(4)

レンズが見つめた命の現場~もうひとつのスーダン~

今日まで
a0070655_112455.jpg

レンズが見つめた命の現場~もうひとつのスーダン~
時間:10時〜19時
場所:広まちづくり推進協議会ギャラリー
主催:広まちづくり推進協議会
企画・運営:マーブル・クラブ


詳しくはこちら

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2010-10-24 11:24 | アート | Comments(0)

住宅セミナー 石山修×下田卓夫 + 難波和彦

住宅関係のセミナーふたつご案内します。

a0070655_1153243.jpg

環境に配慮した広島の住まいづくり
日 時   平成22年 11 月 7 日(日)  14:00~17:00(開場13:30)
会 場   広島国際会議場 「コスモス」(広島市中区中島町1-5参加費   無料
定 員   150名主 催   広島住まいづくり連絡協議会
 (1)基調講演14:10~15:10
   「住宅と環境」石山 修武氏(建築家、早稲田大学教授)
 (2)講演  15:20~15:50
    「広島の環境に配慮した住宅の事例」下田 卓夫氏(建築家)
 (3)パネルディスカッション  16:00~17:00
    「これからの住まいづくりについて」
   ●パネリスト
     石山 修武氏(建築家、早稲田大学教授)
     下田 卓夫氏(建築家)
お申し込みはこちら


a0070655_11104471.jpg

呉けんちくセミナー
「建築家は住宅で何を考えているか」

講師 難波和彦
日時 2010年11月13日(土)18時~20時
ところ つばき会館4階音楽大ホール 呉市中央6丁目2-9
入場無料・申し込み不要

広島にも素晴らしい講師の方がいらして下さるようになり勉強の機会が増えてうれしいです。
学生たちにもオススメ!
勉強になるよ。

一枚目ちらしの右上石山先生設計のコルゲートシートで作られた住宅「幻庵」
内部にはお茶室があり薪ストーブがありイームズの椅子がありとても豊かな空間になっています。
私てきにはここのお話・聴いてみたい!
あるといいな。


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2010-10-19 11:35 | 講演会・セミナー・イベント | Comments(2)

open! architecture HIROSHIMA 2010①

「open! architecture HIROSHIMA 2010」絶好のまち歩き日よりの中無事終了いたしました。
ご参加下さった皆様そしてご協力下さった皆様ありがとうございました。
「広島新発見」というご感想をたくさんいただきうれしく思っています。
一緒に歩いたガイドだけでなく裏で走り回っていたスタッフたちもみんなが参加者の皆さま方と共に楽しみました。
たくさんの人たちとまちや建築の魅力を共有することがこんなにうれしいことだなんて!
私の新発見です。

a0070655_12141576.jpg


ご参加いただけなかった皆さまにもお伝えしたいのでしばらくOAH(open! architecture HIROSHIMA)シリーズやるつもり。
Zumthor tourも終わってないのに・・・(^^ゞ

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2010-10-18 12:19 | Comments(14)

Zumthor Tour24  バーゼル

ホテルに帰ったら荷物が届いていなかったのでトラムに乗って繁華街へお買い物へ出かけました。
バーゼルのトラム
広島には市内電車があるので違和感ないよ。
a0070655_905485.jpg

バーゼルの街の中に建築を紹介する看板がありました。
a0070655_9132140.jpg

建築が芸術作品として扱われていて建築を楽しむ人が多いのだなあと思いました。
街の人たちは景観にも厳しく個人の建築でも公共のものだと考えているそうです。
だから街が美しいのね。
車窓からの風景も楽しいです。
BIS本館(国際決済銀行)
a0070655_912622.jpg

a0070655_9225224.jpg
a0070655_9223175.jpg

明るいけどいつのまにかもう8時!
a0070655_915470.jpg

お店はみんなCLOSED
女子二人で困ってウロウロしてたら親切なおじさんが
「どうしたの?」
と話しかけてくれました。
「私たち、洋服が買いたいの」と伝えると
「スイスでは8時にはみんな寝ちゃうんだよ(笑)
駅にいってごらん。あそこは遅くまで開いているよ」
と教えてくれました。
スイスの人ってやさしい(*^-^*)

ということをドイツ語で話すおじさんに私はカタコトの英語で話してたつもりなのに
一緒にいたKちゃんが広島弁で話してたと笑うの。
私の英語は全然伝わってなかったみたい・・
ということは広島弁が通じたのかしら・・?
(^m^ )

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2010-10-14 09:27 | 建物探訪 | Comments(2)

Zumthor Tour23  BIS

a0070655_1245414.jpg
a0070655_1251221.jpg
a0070655_1252279.jpg

a0070655_1404724.jpg

BIS(国際決済銀行)の分館(元UBS本社屋)
設計:マリオ・ボッタ(Mario Botta)
竣工:1995年

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2010-10-13 01:44 | 建物探訪 | Comments(0)