「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Cave de Vins 柿さか

今日はランチをご馳走になりました♪
a0070655_22232181.jpg

a0070655_22235566.jpg

a0070655_2223315.jpg
a0070655_22234024.jpg

a0070655_22241142.jpg
a0070655_22242465.jpg
a0070655_22243716.jpg
a0070655_2224448.jpg
a0070655_22245420.jpg

スープはヤーコン。
お料理の説明受けて「ヤーコン・・?」って??な顔してたら
シェフが「コレなんですよ」ってヤーコンを持って来て見せてくださいました。
広島産ヤーコンだそうでサツマイモみたいな形だけど味は全然違います。
メインは子羊をセレクト。
添えてあるオクラに似てる星のような緑の野菜。
美味しくてかわいい♪♪
名前を聞いたら四角豆だと教えてくださってまたまた調理場から持って来て見せてくださいました。

スミマセン・・・。
私、野菜のこと知らなくて・・・。
デモ私建築のことは詳しいのよ・・・ってそういう問題ではないか・・・(笑)

とても親切にしていただきました。
どうもありがとうございました(^-^)
わかりにくくて小さな隠れ家のようなお店です。
ワインが美味しそう。
今度は夜に行ってみたいです。


Cave de Vins 柿さか
住所 広島県広島市東区牛田本町3丁目2-20
電話 082-228-5676
ランチ 2100円
[PR]
by yumily_sketch | 2009-09-28 22:59 | 食べ物 | Comments(6)

歌舞伎座

東京・銀座にある歌舞伎座は建て替え決定しています。
「現在の歌舞伎座の設備では機能性やバリアフリー等の観点から不十分」とし、鑑賞環境の改善が目的だそうです。

ビルに囲まれる銀座の中でここに来るとふいにタイムスリップしたような気持ちにさせる建築でした。
ちょうちんや垂れ幕が似合うこのこってりした感じが好きだったのになあ。
こういうものは新しく創れないんですよね。今創ると同じようにしてもレプリカで白々しくなるのよね。
時代を語る建築だったのに残念。
なくなる前に歌舞伎を見に行こうかしら。。。

a0070655_2331961.jpg


a0070655_12502171.jpg


この原型となった劇場は岡田信一郎設計により1925年に開場しましたが
1945年の東京大空襲により焼失し、1950年に吉田五十八の設計監修により現在の歌舞伎座が完成しています。
新たに建設する劇場とオフィスの複合施設のデザインは隈研吾建築都市設計事務所で設計は三菱地所設計。


歌舞伎座
所在地:中央区銀座4-12-15
設計:岡田信一郎 
施工:大正13年[1924]大林組

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-09-22 23:58 | 建物探訪 | Comments(4)

大阪新歌舞伎座 解体の危機!?

村野藤吾研究会主催の「村野藤吾建築の保存と修復」のシンポジウムに行きました。

村野藤吾の設計図面の管理をされている笠原一人助教授により,村野建築の解体された建築や解体の危機にある建築のことそして価値ある建築の保存に尽力されているお話などをお聞きしました。
大変興味深いものでした。
a0070655_12355874.jpg

a0070655_12375466.jpg

a0070655_924436.jpg
a0070655_9245659.jpg
a0070655_925689.jpg
a0070655_9251525.jpg


こちら大阪新歌舞伎座は解体の危機にある建築のひとつになっていました。
噂には聞いていましたが・・・・。
ううう・・・。残念すぎる・・・。
大阪ミナミの風景のひとつになっているこんなすごい建築解体しちゃっていいの・・・?!

しかし笠原先生の働きかけで保存の動きがあるようで大逆転に期待しています。
大阪の皆さんよろしくお願いします。


大阪新歌舞伎座
設計   村野藤吾
所在地 大阪市南区
竣工  1958年


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-09-19 09:47 | 建築 | Comments(4)

町並みとアート 「志和堀DNA」

建築家で作家でもある福島俊をさんからご案内をいただき志和堀へ出かけました。
古いものが大切に残されていて町の人たちが自分たちの住んでいるところを愛しているのが伝わってくる町でした。
太陽の光を受けた稲が美しくきらきらと輝いているのを見ながら
ひとりでゆ~っくりとのんびりした気持ちで見て周りました。
このところ仕事のことで緊張してた日々が続いていたのですがとても癒された気持ちになりました。
良いときでした。。。。
こういうときが私の活力になっているんだなあと感じます。

a0070655_920996.jpg

a0070655_9221228.jpg

a0070655_9134714.jpg
a0070655_9135491.jpg
a0070655_914446.jpg
a0070655_9141274.jpg

a0070655_913994.jpg



「東広島現代美術プログラム」は、東広島市内の特色ある景観が残る地域の中に、現代造形作家の作品を展示することによって、町の新たな魅力を発見しようと開催している野外展覧会です。
 この展覧会では、町並みを舞台に現代造形作家の作品を展示することにより、現在の生活の中に脈々と受け継がれる遺伝子(そのまちが持つDNA)によって作品が現わされ、現在が過去と未来を繋いでいくものであることが体感できるでしょう。町のなかにある新たな魅力に触れていただければ幸いです。

東広島現代美術プログラム2009
志和堀DNA

期間 9月12日(土)~27日(日)
   9:00~17:00

会場 広島県東広島市志和町志和堀

主催 東広島市教育委員会


オススメです。是非ご覧ください。

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-09-18 09:29 | アート | Comments(6)

建築力

知人の家を見せてもらいました。
施主設計で施主のシンプルな暮らし方がそのまま家に表れていました。
本物を使い丁寧に創られていました。
無駄なものはなく本当に必要なものしかありません。
全然こだわっていないホームセンターで売ってるようなカーテンと照明器具とほんの少しの家具がありました。
どんなものが入っても凛とした美しさを失わない建築力のある建築にまた出会いました。
下手な小細工をしていない、ストレートな建築で、本当に知人らしい。
ちなみに知人は設計士ではなくインテリアとは無縁の人です。
にくいなぁ。
やられたなぁ。
設計士yumily脱帽。

いい家でした。


a0070655_913893.jpg



yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-09-15 09:03 | 建築 | Comments(0)

ル・シャントゥール

次男とランチしたお店はここ。
a0070655_9131683.jpg
a0070655_9132538.jpg
a0070655_913333.jpg
a0070655_9135175.jpg
a0070655_914314.jpg
a0070655_9141142.jpg
a0070655_9142218.jpg


次男は食べることにこだわっていてお料理好き。
子どもが普段行けない様なデモ堅苦しくなくそれでいてお料理は一流のお店を選びました。
カジュアルなつもりだったけどこの日のお客様はセレブマダムが多くて大学卒業したての子にはちょびっと緊張だったみたい・・・(笑)ま、もう社会人なんだからたまにはこういうお店もいいでしょ♪
お母さんが絶対作れないようなお料理に舌鼓を打ちながら将来のことや近況、家族の近況報告などなどおしゃべりもゆっくりたっぷり楽しみました(^-^)


このコース1800円。メインはお魚かお肉を選べます。
写真で改めで見ると食材も豊富で手が込んでいることがわかります。
美味しかったです。大満足。
以前の記事はこちら


ル・シャントゥール
広島市中区橋本町2-19-1F
電話 082-222-5559
11:30-14:30 17:30-21:30
火曜日定休 
[PR]
by yumily_sketch | 2009-09-13 07:57 | 食べ物 | Comments(2)

うれしかったこと

a0070655_861493.jpg
a0070655_863711.jpg
a0070655_864683.jpg
a0070655_865517.jpg

東京で暮らしている次男が休みがとれたとひょっこり帰ってきました。
短い滞在でゆっくり出来なかったのだけど帰る前日に二人でお昼を食べてお店のすぐ近くの世界平和記念聖堂に「行って見ない?」と誘いました。
広島に住んでいてもここを知らない人もいるし入ったこともない人も多いんですよね。
次男も初めて来たらしく感動してました。
お母さんうれしくてはりきってガイドしました(^-^)
こういう建築が広島にあることは誇りで大切にしなければいけないことなどなどいろんな話をしました。
家族の中で私の建築話を聴いてくれるのはこの子だけなんですよね・・・。
他はみ~んな「またか・・・」って(笑)
夫には「あなたが話していることは95%建築のことだ。ゼンゼンオモシロクナイ」なんて言われていますし・・・(T_T)


愛する家族と大好きな建築の中で感動をともにしたうれしいときでした(^-^)

世界平和記念聖堂
設計:村野・森建築事務所
所在地:広島県広島市中区幟町4-42
用途:聖堂
竣工:1954年

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-09-11 08:21 | 建物探訪 | Comments(11)

苦手なこと

a0070655_8152266.jpg
O邸


苦手なことは現場や営業の人に「先生」と呼ばれること。
コレ本当に苦手・・・。
設計士は先生じゃないし・・・。
「先生と呼ばないで下さい」と言うのもタイミングが難しかったり言いにくかったりするもので・・・。


以前現場で少し親しくなった職人さんに
「先生と呼ばないでもらえますか?」
と言ったら
「それじゃあ・由美ちゃん♪♪」

アノウ・・・・。
そうじゃなくて・・・・!!(笑)

冗談ですけどね。

希望は
「〇〇さん」(苗字)
「yumilyさん」(事務所名)
「設計士さん」
かな・・・。

よろしくお願いします。


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-09-09 08:35 | その他 | Comments(10)

「求道学舎」 集合住宅への再生

7月の全建女の分科会「集まって住む」で東京建築士会から求道学舎(学生寮)の集合住宅への再生事例の発表を聞きました
武田五一設計の「求道会館」 (1915年竣工)が東京都指定有形文化財となりそのための維持費を捻出するため隣接している同設計者の「求道学舎」(1926年竣工)のリノベーションが行われました。
解体し分譲マンションにすることも考えられたそうですが 
住宅用途では都内に残る最も古いRC造であること、
文化財クラスの建築であること、
そして調査の結果改修可能であったため
定期借地権付コーポラティブとして再生されました。
このプロジェクトを進められたのは建築主のお孫さんで建築家の近角真一さんとよう子さんご夫婦です。
安易な道を選ばず、古い価値のある建築を残すことに意義を感じ、辛抱強くこのプロジェクトを進めてこられたことに感銘を受けました。
全国でも歴史的建造物の保存はこれからの課題だと思いますが素晴らしい事例だと思います。

a0070655_8162032.jpg
a0070655_8163734.jpg
a0070655_8165575.jpg
a0070655_8171626.jpg


a0070655_81615.jpg



感心したのはここへの参加(入居)希望者が多かったということです。
さすが東京。
建築の価値を理解されている人が多いんですね。
すごいなあ。。。
私たち建築関係者はこういうことを知らせていくことも仕事のひとつなのだと思います。
・・・・・のためにもまだまだ勉強しなくてはね!0(^-^)0

yumily
広島ブログ

More
[PR]
by yumily_sketch | 2009-09-08 09:16 | 建築 | Comments(2)

擬洋風建築 旧開智学校②

この依頼があったとき設計者であり施工者であった立石棟梁は中仙道と甲州街道を歩いて東京・山梨方面に出かけ片っ端から西洋館を見て歩きデザインやガラスやペンキの使い方を学びました。
開智学校の工事費は、当時のお金で1万1千余円の巨額なものでした。
およそ7割が松本町全住民の寄付です。
住民の教育に対する熱い情熱に立石棟梁がしっかり応えています。
この建築はその後の擬洋風小学校に強い影響を与えています。

a0070655_73229100.jpg

a0070655_7321333.jpg

a0070655_7324315.jpg
a0070655_7331100.jpg
a0070655_7331083.jpg
a0070655_7331943.jpg

a0070655_7333934.jpg

a0070655_7431939.jpg
a0070655_7333164.jpg



竣工 1876年(明治9年)
所在地 長野県松本市開智2-4-12
設計 立石清重
施工 立石清重
構造 木造2階建て

昭和36年(1961年)に重要文化財指定

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-09-03 07:54 | 建物探訪 | Comments(6)