「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ごちそうたくさん

素敵なホームパーティに行きました。
a0070655_2233157.jpg
a0070655_22332560.jpg

a0070655_22351339.jpg

a0070655_22333481.jpg
a0070655_22334833.jpg
a0070655_2234646.jpg

a0070655_22353552.jpg

このお料理はみんな手作り。
すごいでしょう~。

yumily
広島ブログ

More
[PR]
by yumily_sketch | 2009-01-26 22:55 | today | Comments(10)

武家茶の空間

「上田流和風堂特別公開」の情報を早くからお聴きしていて絶対行きたいと楽しみにしていました。
今年予約が始まったときからHPはずっとチェックしていて
誰と行こうかな・・・と悩んで
ぐずぐずしていたらあっという間に
申し込み終了(T_T)

すごい人気だったのですね。
ショック・・・!!

誰かキャンセルする方いらっしゃいましたら譲ってくださいませ・・・・



現代に受け継ぐ武家文化
基調講演「よみがえる武家茶の空間」上田 宗冏
パネルディスカッション 上田 宗冏 熊倉功夫 西本寮子 樹下文隆

時 2月28日(土) 14:00~16:30
場所 中国新聞ビル
問い合わせ 中国新聞企画開発 082-236-2244
無料


こちらは席をゲット!
こちらでまず勉強してきます・・・。
お茶室興味深いです。
武家茶道にも興味あります。
楽しみです。

a0070655_12211854.jpg

写真は佐川美術館の樂吉左衛門館のお茶室

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-01-23 12:27 | その他 | Comments(2)

日本料理 喜多丘

前々から行ってみたいと思いながら敷居が高くてなかなか行けなかったお店です。
お世話になっている均整の先生が喜多丘さんとお知り合いだということで連れて行っていただきました。
ラッキーです。
素敵な大人の方々とのお食事会で素晴らしき喜多丘デビューとなりました。



干支の丑。この中にはうに他のゼリー寄せが入っていましたが撮る前に食べてしまいました(^^;)
a0070655_8194492.jpg

こちらはもち米。ここでおなかにお米を少しいれておくとお米がアルコールを吸収してくれて悪酔いしないのだそうです。
a0070655_8202095.jpg

この中に焼餅が沈んでいてお餅の中からも美味しいものが出てきて感激。
a0070655_8204214.jpg

a0070655_8211970.jpg

a0070655_824364.jpg

a0070655_8213457.jpg
a0070655_8214991.jpg

このおまんじゅうの中にも美味しいものがかくされていました。
a0070655_83635.jpg
a0070655_8222736.jpg



細やかな手の込んだお料理の数々で感動でした。

a0070655_8282177.jpg日本料理 喜多丘
広島市東区牛田本町3-2-20牛田グランドハイツB1F
TEL: 082-227-6166 
※夜のみ予約のみ です。


yumily
広島ブログ

More
[PR]
by yumily_sketch | 2009-01-22 10:06 | 食べ物 | Comments(0)

日々ごゆだんなきよう

何て美しい日本語でしょうか。
このタイトルに惹かれ購入しました。
ゆだんなくというのは常に緊張していなければならないということではなく
一瞬一瞬に心をかけて、丁寧に過ごすことこそ、日々ゆだんなく生きるということ
だそうです。
a0070655_1716335.jpg




『所作とは心のありさまが表れたからだの動きのことです。
呼吸や挨拶など簡単なことの積み重ねで美しい所作を身につけることができます。』

「日々ごゆだんなきよう」幸せを呼ぶ礼法入門
上田宗箇流十六代家元   上田宗冏  著者


yumily
広島ブログ

More
[PR]
by yumily_sketch | 2009-01-20 17:20 | | Comments(6)

「女性建築士の生き方,活かし方」

広島県建築士会広島支部女性部会主催の「第二回女性のためのキャリアデザインサロン」に参加



a0070655_21542432.jpg


テーマ:『女性が活躍する世の中になっていくために』
講 師: 広島市 副市長 豊田麻子さん


女性副市長豊田麻子さんのお仕事の話特に男女がその能力と個性を十分に発揮することができる男女共同参画社会についてお聴きしました。
豊田副市長さんは若くてさわやかで美しい素敵な女性でした。
多方面に渡るお仕事をイキイキとこなされていることが伝わってきてとても元気をいただきました。















その後は参加者と
建築の職場での現状や感じていること困ったこと悩みなどをサロン形式でフリートーク。

ふむ。。。。
私も考えてみました。

More
[PR]
by yumily_sketch | 2009-01-19 03:20 | today | Comments(2)

情熱人・松方幸次郎

ル・コルビュジエの建築が日本にあるのは松方幸次郎さんのおかげです。
東京上野の国立西洋美術館を見て松方氏に興味を持ちいろいろ調べていくと素晴らしい方だということがわかりました。
明日テレビで松方幸次郎氏の番組があるので楽しみにしています。

情熱人・松方幸次郎
広島テレビ(中京テレビ)
1月18日(日) 15:00-16:25

大正から昭和初期にかけて西洋美術を収集した実業家、松方幸次郎の生涯に迫る。
造船所の社長だった松方は、日本人に一流の芸術を見せたいという思いから膨大な私財を投じ、ヨーロッパの大量の美術品を買い集めた。芸術を通じて日本の近代化を夢見た松方の波乱の人生と、松方コレクションがたどった数奇な運命を再現ドラマを交えて伝える。また東京・上野の国立西洋美術館やフランスのオルセー美術館など各地に散った松方コレクションを紹介する。

a0070655_10483458.jpg


松方幸次郎氏をモデルにした小説もオススメです。
「天涯の船」上下 玉岡かおる 新潮文庫
こちらでも紹介しています。

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-01-17 10:55 | Comments(2)

磯崎新の「都庁」

a0070655_910469.jpg

磯崎新の「都庁」
平松剛



この本が出たとき気になりながらも手に取らなかったのですけれど
ともさんが面白そうに読んでいらしたので
読んでみたらホント面白かった!


磯崎さんの本なのにインパクト強かったのは丹下健三氏のこと。
「ぶっちぎりで勝とう!」と連呼し続けた
丹下さんの執念のようなものに圧倒されました。
国会議事堂建設に燃えた辰野金吾を思い出しました。

磯崎新の歴史
磯崎アトリエのことを垣間見れます。
青木淳さんが磯崎さんに雷を落とされる場面が何度かあって
これには親近感を感じたりして・・・(笑)


固いタイトルですが読みやすい本です。
オススメです。

a0070655_1424156.jpg


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-01-15 09:29 | | Comments(6)

3年4組クラス会

連休に中学のときのクラス会がありました。
今回は10年ぶり。
みんな素敵な大人になっていてパチパチパチ~♪♪


a0070655_1422915.jpg


yumily
広島ブログ

More
[PR]
by yumily_sketch | 2009-01-14 01:35 | today | Comments(4)

丹下健三の都庁

去年「磯崎新の都庁」を読みまして
ものすごく都庁が見たくなり
前回東京へ行ったとき「丹下健三の都庁」を見てきました。
a0070655_19464861.jpg
a0070655_19472190.jpg
a0070655_19473797.jpg


「20年近くも経っているのに見たことなかったの~?」
「今さらなんで都庁なのよ」と友人にアキレ顔で言われましたが
本を読むまで全然興味のなかった建築デシタノデ・・・。


しかし18年も経っているとは思えない建築でした。
今でも斬新で迫力満点。
ドーーーーーーーーーーーン!!!!
ドーーーーーーーーーーーダ!!!!
みたいな・・・。

あ・・・・
だから今まで興味ナカッタノダワ・・・・(笑)


所在地 東京都新宿区西新宿2丁目8番1号
竣工:1990年12月
高さ:243.4m
階数:地上48階、地下3階


今日の中国新聞に
『平和記念公園の設計者に選ばれた丹下健三が1949年から約2年間、浜井信三市長(故人)らにあてた書簡が保管されていたことが分かった。
公園の知られざる成立過程を伝えるとともに若き丹下氏が残した唯一の書簡群で市は公開の検討を始めた。』
という記事が載っていました。
(全国紙にも載っていたのかな・・?)
是非公開してほしいですね!

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-01-09 20:04 | 建物探訪 | Comments(14)

伯爵小笠原長幹邸  曾根達蔵設計

明治時代に建築家の教育が始まります。
工部大学校の造家学科(今の東大工学部)のはじめの生徒は4人でした。
こちらはその中のお一人の曾禰達蔵の設計です。

a0070655_1302779.jpg
a0070655_1303736.jpg
a0070655_1305090.jpg


私はこの時代の建築にとても興味あり
辰野金吾設計の東京駅奈良ホテル
片山東熊設計の奈良と京都の国立博物館
佐立七次郎設計の旧日本郵船小樽支店 など
見て歩いているのですが
曾禰達蔵設計のものは見たことがなかったので小笠原伯爵邸を見学できたことはうれしいことでした。
当時の建築家としては珍しく政府や国家を建築で飾ることに一切興味を示さず、民間建築に力を注いだ建築家です。



素晴らしい建築の中で美味しいお食事もできて本当に幸せ♪♪
あとで知ったのですがこちらはミシュランガイド東京2008に載っているレストランなのでした~♪♪

伯爵小笠原長幹邸
設計:曾禰中條建築事務所
構造: RC造
地下1階、地上2階建て
竣工:昭和2年
所在地:東京都新宿区河田町10-10


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-01-08 01:58 | 建物探訪 | Comments(0)