「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

弘前市斎場

前川國男晩年の78歳のときの作品です。
a0070655_10465794.jpg
a0070655_1047153.jpg
a0070655_10474639.jpg
a0070655_1048728.jpg
a0070655_10482852.jpg
a0070655_10484693.jpg




設計者:前川國男
所在地:青森県弘前市常盤坂2-20-1
主用途:斎場
竣工:1983年

yumily
広島ブログ

More
[PR]
by yumily_sketch | 2008-08-29 10:51 | 建物探訪 | Comments(2)

弘前市立博物館・弘前市緑の相談所

コンクリート打放しの作風をがらっと変えた打ち込みタイルの最初の作品です。
(打ち込みタイルとは前川國男が考案したタイルを型枠に留めコンクリートと一体化させた構法のことです。)
a0070655_058407.jpg


そして 「勾配屋根はモダン建築にあらず 」と言っていた前川國男が
公園内の桜を 水平屋根で切ってしまうのは忍びないと
初めて勾配屋根を用いた作品がこちら「緑の相談所」です。
春には桜がこの勾配屋根におおいかぶさるように咲き誇ります。
a0070655_059404.jpg
a0070655_103073.jpg
a0070655_11797.jpg
a0070655_11461.jpg



前川國男は建築の100年後をイメージしたのではないか?と言われています。
こんなおはなしもあります。
防水は必ずアスファルト。
同時期にセメント防水で軽くスマートに仕上げている丹下建築がぽんぽん建つ中でも屋根は必ずアスファルト防水にこだわられ結果それは建物の為になっています。
前川建築がどこか厚ぼったい感じがするのはこういうことからかもしれません。
そこには頑固な実直さを感じます。
それでいて人や環境に対するさりげないやさしさがあります。
ご自分の設計した建物はどんな使われ方をしているのか影からそっと見るような人だったそうです。
前川國男はいつも難しそうな表情をされ発言はストレートでいつもおこっているような印象だったのですが知れば知るほど魅力的な建築家です。

次回は弘前の前川建築ツアーの最終回です。

弘前市立博物館
設計 前川國男
所在地 青森県弘前市大字下白銀町弘前公園地内
竣工 1976年
構造 RC2階建

弘前市緑の相談所
設計 前川國男
所在地 青森県弘前市大字下白銀町弘前公園地内
竣工 1980年
構造 RC2階建

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2008-08-27 01:16 | 建物探訪 | Comments(6)

PAN

夏休みで帰省している息子と仕事の合間に待ち合わせしてランチ♪
ここはお気に入りのお店。
インテリアも良くて
お庭のお花のお手入れも行き届いていて楽しめます。
彼はすきやき、私はしゃぶしゃぶ。
幸せ幸せ♪

a0070655_1534350.jpg

a0070655_154229.jpg
a0070655_1541254.jpg
a0070655_1542778.jpg


安くておいしいです (^o^) 
PAN
広島県広島市西区楠木町1-15-7 
TEL 082-233-4321
AM 11:30 ~ PM 3:00
PM 5:30 ~ PM 10:00
定休日 毎週 木曜日
駐車場 有り 10台

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2008-08-26 15:14 | 食べ物 | Comments(2)

弘前市民会館

だんだん私の前川國男のイメージと重なってきました。
私は前川國男の作品をはじめてみたのが上野の東京文化会館なので
どうもそのイメージが強いのです。

a0070655_8322262.jpg
a0070655_8324012.jpg
a0070655_8325323.jpg
a0070655_8331399.jpg
a0070655_8332860.jpg
a0070655_8334340.jpg

a0070655_835498.jpg
a0070655_8352187.jpg



弘前の前川國男ツアーは全国女性建築士協議会の青森大会のときのエスクカーションに参加しました。
「へーー。。。。!
ほーー。。。。。!
はーー。。。。。!」
と見たり触ったり写真撮ってると
「はい次行きまーーす!!
早くしてくださーい。」

「えーーーーー!!もう行っちゃうの?
待って待ってーー!」
ってな調子で
ひとり行動が好きな私はこういう団体行動にはついていけてませんでした(笑)
が、周りを見渡すと
そんな声を無視して勝手に歩き回るわ中に入っちゃうわみたいな人も多く。。。
女性建築士ってマイペースな人が多いのかしら。。。(笑)

青森建築士会の男性案内係の方、へろへろになられておりました(笑)


設計 前川國男
竣工 1964年4月
所在地 青森県弘前市大字下白銀町1番地6(弘前公園地内)
構造 RC造2階建て
    コンクリート打放肌カランラテックス塗仕上
建築総面積 / 5,594平方メートル
施工 清水建設株式会社

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2008-08-25 08:50 | 建物探訪 | Comments(4)

弘前市役所

青い軒裏ってこんな感じです。
前川建築の作風が少しづつ変わるのがわかります。

a0070655_1129573.jpg
a0070655_11311590.jpg
a0070655_11315544.jpg
a0070655_11322294.jpg

a0070655_11324911.jpg



打ち込みタイルの棟は増築部分です。

前川國男と木村産業の木村隆三氏はフランスのコルビュジェの事務所にいた頃に親交がありました。
それが縁で帰国してから研究所の設計を依頼されます。
その後木村氏の兄が県立弘前中央高校のPTA会長をしていた関係で講堂を設計をすることになります。
前川建築が弘前に多いのは木村氏との関係によるものが大きいと言われています。


弘前での前川建築をもう少し続いてご紹介しようと思います。


弘前市役所
設計者 前川國男
竣工1957年
構造RC4階建
増築部分6階建

yumily
広島ブログ
 
[PR]
by yumily_sketch | 2008-08-23 12:13 | 建物探訪 | Comments(0)

青森県立弘前中央高等学校講堂

前川國男は軒裏にこだわっていました。
暗い感じが嫌いでこちらは赤に塗られています。
弘前市役所の軒裏は青でした。
きのうの木村産業研究所では天井が橙色でした。

a0070655_6342636.jpg
a0070655_6343948.jpg

a0070655_634026.jpg

a0070655_6341246.jpg

a0070655_6333157.jpg
a0070655_6334591.jpg


前川國男がこんな大胆なカラーを使っていたことは弘前へ行ってはじめて知りました。
でもそういえばコルビュジェはこういう色を好んでいますよね。
なるほど。。。。。


弘前県立弘前中央高等学校講堂
設計 前川國男
竣工 1951年
構造 木造2階建て


yumily
広島ブログ
 
[PR]
by yumily_sketch | 2008-08-20 09:22 | 建物探訪 | Comments(8)

木村産業研究所 

ル・コルビジェ展を見て思い出したのは弘前で見た前川建築です。
そういえば前川國男はコルビュジェの事務所で働いていたのでした。

a0070655_629202.jpg
a0070655_6293377.jpg

a0070655_6214693.jpg
a0070655_6215864.jpg

a0070655_6225899.jpg

a0070655_6221651.jpg
a0070655_6222810.jpg

a0070655_6252423.jpg


前川國男がレーモンド事務所にいたころの作品で処女作です。
ブルーノ・タウトが昭和10年に弘前に旅した時、町はずれに鉄筋コンクリートの本格派のモダニズム建築が立ってたと驚嘆したそうです。
いまやこういう建物は見慣れていて「なんでこれにびっくりするん?」という感じですけどね。


雨漏りなどもあるみたいですがとても大切にされ愛されている幸せな建築でした。
こういう建築に出会うとうれしくなります。

木村産業研究所
計者:前川国男
所在地:青森県弘前市在府町
竣工:1932年
構造:鉄筋コンクリート造
規模:地上2階

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2008-08-19 06:53 | 建物探訪 | Comments(0)

「ル・コルビジェ 光の遺産」

先週広島県立美術館の「ル・コルビジェ 光の遺産」を見に行きました。
コルビジェが旅したときの建築や風景などのゆるいピントのモノクロ写真がとても良かったです。
芸術家の切り取り、さすがです。。。

コルビジェの作品はどれも素晴らしかったのですが
期待が大きすぎたのか日ごろコル作品を写真集や雑誌などで見すぎているのか
え?これで終わり・・・?
もっと見せて!もっと魅せてーーー!
とワガママな私は不完全燃焼で帰りまして
きのうミサワバウハウスコレクション学芸員の杣田佳穂さん講師の
「バウハウス ドイツ・モダニズムのデザインと建築」の講演会を聴きに行ってきました。
バウハウスの歴史・教育・教師たちの話そして初代校長のグロピウスから見たコルビビジェの話などとても興味深い写真と内容でした。
あー。これで満足シマシタ!


a0070655_11395852.jpg
a0070655_11401464.jpg

a0070655_1221931.jpg


yumily
広島ブログ
 
[PR]
by yumily_sketch | 2008-08-17 11:30 | 建築 | Comments(4)

世田谷美術館

人々の夢紡ぐ建築
こんな素敵な見出しで今日の中国新聞に石山修武先生の記事が出ていました。
建築で人々の夢が紡げたらどんなに素晴らしいでしょうか。
今世田谷美術館で展覧会をされています。
石山先生と広島の市民とそして世界の人々がれんがを積んで創った「ひろしまハウス」を是非ご覧ください。

石山修武展覧会
「石山修武と12の物語」
世田谷美術館
2008年6月28日~8月17日

a0070655_13292010.jpg
a0070655_13293825.jpg

a0070655_1474388.jpg

a0070655_1329557.jpg


世田谷美術館
設計者:内井昭蔵建築設計事務所
所在地:東京都世田谷区砧公園1-2
主用途:美術館
竣工:1985年11月

yumily
広島ブログ

More
[PR]
by yumily_sketch | 2008-08-15 14:07 | 建物探訪 | Comments(4)

スワン3羽  F邸

a0070655_9445268.jpg
a0070655_9461644.jpg

パーティルームミニキッチン


yumily
広島ブログ

More
[PR]
by yumily_sketch | 2008-08-14 10:32 | works | Comments(4)