カテゴリ:建物探訪( 685 )

旧朝香宮邸  インテリア

玄関モザイクタイル
a0070655_822228.jpg

ラパンデザインの香水塔(セーブル磁器)
来客の際照明の熱で香水を気化させ香らせたそうで香水塔と呼ばれています。
a0070655_9141222.jpg

大客室の壁はシカモア。かわいい黒檀のイオニア発見
a0070655_8553395.jpg

1階の公の部分と2階のプライベートの空間をつなぐ第1階段
1階のインテリアはフランス人デザイナーで2階は宮内省内匠寮が担当。
a0070655_8221758.jpg
a0070655_8224657.jpg
a0070655_823021.jpg

若宮の寝室
子ども部屋ですね。
a0070655_8391565.jpg

浴室
a0070655_8542476.jpg

a0070655_981348.jpg

大食堂
私このお部屋が一番好き
a0070655_8222933.jpg


次回は家具を紹介しますね

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-09-05 09:18 | 建物探訪 | Comments(0)

旧朝香宮邸   アールデコの邸宅美術館

朝香宮鳩彦様が1925年のパリのアールデコ展に訪れお気に召しパリ仕込みのアールデコ建築が日本に建ちました。
現在は東京都庭園美術館として公開されています。
アール・ヌーヴォーは植物をや自然をモチーフにした曲線的なのに対しアール・デコは直線で幾何学模様が特徴です。
a0070655_1063358.jpg

a0070655_1064973.jpg

入口では狛犬が迎えてくれます。
子どももいます。
家族なのかしら。
a0070655_107597.jpg
a0070655_1071454.jpg

私が行ったときは家具と食器の展覧会で平日は写真OKというラッキー続き。

a0070655_10141920.jpg

a0070655_10143774.jpg

安田侃の彫刻「風」
a0070655_1019212.jpg



次回からインテリアの紹介しますね。


竣工:1933年
設計:権藤要吉
インテリア:アンリ・ラパン
yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-09-04 10:24 | 建物探訪 | Comments(2)

ホテルオークラ東京 夜景

車寄せの庇のタイル
a0070655_8323692.jpg
a0070655_8131234.jpg

a0070655_813716.jpg

a0070655_8214940.jpg


ホテルオークラ東京素晴らしいよと初めて聞いたのは外国人の方からでした。
いつか行って見たいなと思っていたら建て替えが決定。
国内外の多くの人たちに惜しまれながら閉館。
ジャパニーズモダンがまたひとつなくなってしまうことにさみしさを感じます。
さよなら。オークラ。
ありがとう。


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-09-03 08:43 | 建物探訪 | Comments(2)

ホテルオークラ東京 和

オークラの和、まだまだあります。
修学院離宮の霞棚と藤
a0070655_1725840.jpg

a0070655_1794810.jpg

亀甲紋
a0070655_17234861.jpg

a0070655_1731788.jpg

ひし紋
a0070655_1764794.jpg
a0070655_1743913.jpg

なまこ壁
なまこ部分は陶器
a0070655_17443.jpg

a0070655_1751596.jpg


なまこ壁のホテルといえば清水喜助の全身なまこ壁の築地ホテルを思い出します。
築地ホテルも洋と和が合体したものですがモダンではなく擬洋風。


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-09-02 17:30 | 建物探訪 | Comments(0)

ホテルオークラ  麻の葉

昨日のNHK のニュースで閉館を名残惜しむホテルオークラが取材されていましたね。
麻の葉もちらりと映っていました。
木組み障子 こちら溜息ものです
a0070655_23535732.jpg

美しい
a0070655_23525041.jpg

あんどんにも
a0070655_23532236.jpg
a0070655_2353630.jpg

この模様スケッチしてみました.
結構複雑です。
木で作るのは手間がかかるだろうな。
a0070655_23533968.jpg

外壁にも使われています。
a0070655_23543989.jpg


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-09-01 00:02 | 建物探訪 | Comments(4)

ホテルオークラ東京  ロビー

夏休み最後のお楽しみは東京でした。
今日(8月31日)で閉館され建て替えられるホテルオークラ本館に宿泊。
しっとりと落ち着いたジャパニーズモダンの空間。
写真で見た通りのインテリア。しかし心地よさは想像以上。
オークラランターンと呼ばれているペンダントは五角形の板10枚をつなぎ合わせ古墳時代の飾り玉、切子玉の形をつくっています。
a0070655_13511021.jpg

a0070655_13511691.jpg
a0070655_13512415.jpg


a0070655_14502515.jpg

a0070655_14503645.jpg


a0070655_14212948.jpg

a0070655_13513777.jpg

a0070655_13513175.jpg


豊かな空間。
贅沢な時間。

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-08-31 14:25 | 建物探訪 | Comments(2)

とらや 京都店

暑い日中、京都の町を歩き回ってへとへとになってお楽しみのお店とらやに行きました。
甘味と建築と二味楽しみます。

a0070655_1044426.jpg

a0070655_105290.jpg
a0070655_1051372.jpg

a0070655_105193.jpg

猿頬面と呼んでいいのかどうか迷いましたが猿頬面。。。ですよね。
a0070655_1052544.jpg
a0070655_1053028.jpg

a0070655_10221183.jpg

本のセレクトも素敵で、良い時間をお過ごしくださいね
と言われているよう。
待ち人多し。
しかし自分が座ったらくつろげてなかなか腰があがりませんでした。


風で目の前の水盤の水が揺らぎ 緑のもみじの枝が揺れ
時々とんぼが飛んできて
BGMは蝉。


とらや京都店
所在地:京都市上京区一条通り烏丸西入る
設計:内藤廣建築設計事務所(内藤廣、蘆田暢人)
竣工:2009年5月


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-08-13 10:24 | 建物探訪 | Comments(0)

賞花亭  桂離宮

下地窓
壁の下地の竹や葦を生かしているので下地窓。
塗り壁を塗り残したように見えるので塗りさし窓とも呼ばれ千利休がはじまりと言われています。
塗り壁の下地は割竹を格子に組み荒縄を巻きますがお茶室は藤つるがからませてあります。
内側に障子があることもありますがここ賞花亭は開放的な造りで下地窓も同じく障子なしとなっています。
a0070655_6535561.jpg

a0070655_6542071.jpg

a0070655_6542776.jpg

扁額は智仁親王の第二子の竹内良尚法親王の筆
a0070655_654361.jpg

茅葺切妻屋根に化粧屋根裏
a0070655_6544993.jpg

a0070655_6544267.jpg

間口二間奥行一間半

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-07-31 07:08 | 建物探訪 | Comments(2)

敷石  桂離宮

風情のある飛び石。
a0070655_11393791.jpg

こういうリズムが日本人的感覚なのかなと。
a0070655_11395161.jpg

草の敷石
a0070655_1139427.jpg

a0070655_1139571.jpg

行の敷石
a0070655_1140718.jpg

真の敷石
a0070655_1140398.jpg

「これより中に入ることは遠慮されたし」の意の関守石(留め石)
「立ち入り禁止」を美しくさりげなく凛として示しています。
これを見ると世の中にあるサインたちも美意識必要だと思うのです。


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-07-29 11:57 | 建物探訪 | Comments(0)

笑意軒  桂離宮

素朴な農家のような茶屋「笑意軒」
古句の「一枝漏春微笑意」(一枝から春を伝える微笑みがこぼれる)あるいは
李白の「山中問答」からとったとされています。
扁額は、曼殊院良恕法親王(智仁親王の兄)の筆
a0070655_258836.jpg

ひし形の金箔に市松模様の天鵞絨(ビロード)  八条宮家第七代家仁親王の創意と伝えられています。
奇抜だけど品がある遊び心。その向こう側の緑の美しいこと。
a0070655_2583563.jpg

a0070655_2584294.jpg
a0070655_2584938.jpg


櫂形引手
a0070655_25920100.jpg

矢形引手
a0070655_2593546.jpg

a0070655_2595972.jpg

a0070655_3053.jpg
a0070655_301393.jpg


「山中問答」
問余何意棲碧山  余に問ふ 何の意ありてか碧山に棲むと
笑而不答心自閑  笑って答へず心自から閑なり
桃花流水杳然去  桃花流水杳然として去る
別有天地非人間  別に天地の人間に非ざる有り

あーー。。。。なるほどね。。。。
面白い名前だなと思ったんですけど納得です。

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-07-26 03:11 | 建物探訪 | Comments(0)