カテゴリ:建物探訪( 717 )

中村家住宅②  赤瓦の屋根

沖縄の建築の特徴といえば赤瓦です.
赤瓦の屋根はほーんとに魅力的です。
地元の泥(クチャ)で作られていて この独特の色になります
瓦と瓦の間で留めているのはサンゴで作られたしっくいです。
防水のため約8年で塗り重ねられるのだそう。
どんどん厚くなっていき瓦との高さが増し風格が増します。

a0070655_15372694.jpg
お部屋の間取りはこうです。
沖縄の家は南向きに作られます。
ヒンプンから東に行くとアシャギと呼ばれる離れの客間があり母屋の客間が1番座2番座は仏間で3番座が居間。
西に台所があります。台所の近くには家畜小屋。
a0070655_13471639.jpg
お部屋の位により屋根先が違っています。
右側がアシャギで左側は1番座です。
アシャギには丸い巴瓦とフリルが付いています。
敬意の現れでしょうか。凝ってます。

a0070655_15373834.jpg

ここは台所の上です。
換気のための開口のよう。
これは見たことないので珍しいのかも。
a0070655_15373097.jpg
台所の天井
a0070655_12391008.jpg
屋根や天井にも暑さを防ぐ工夫があります。
これはクウキミー(空気抜)と呼ばれる換気口で天井裏の暑い空気を逃がす役目をしています。

a0070655_16451002.jpg

寺社建築に見られる本葺きですが平瓦の幅が沖縄は狭いという特徴もあります。
この丸瓦の高い部分と平瓦の低い部分では温度がかなり違うという測定結果の写真を見ました。
そして中村家住宅の瓦は空気を含ませて練り吸水率が高いのだそう。
これも涼しさの秘訣になっています。
寒いところの間反対ね。
冷房設備のない時代の人たちの知恵。
とても深くとてもシンプルです。


yumily

[PR]
by yumily_sketch | 2018-01-14 21:33 | 建物探訪 | Comments(1)

中村家住宅①  ヒンプン



18世紀中ごろに建てられたと言われている沖縄に現存する最も古い木造住宅中村家住宅。
沖縄の伝統的な建築です。
敷地に入ると正面にヒンプンと呼ばれる衝立のような壁があります。
素材は様々で石積みが多いのですがここの石積みは特別素晴らしいです。
暑い地域なので開けっぱなしにするため目隠しのための壁だと思っていましたが、魔よけの意味もあるそうです。
沖縄の魔物は角を曲がるのが苦手だそうで・・。
魔物にしてはどんくさいのだわね(笑)
a0070655_15375529.jpg
a0070655_15401657.jpg
a0070655_15380140.jpg
入って右に門があります。
男性と客人は東にあるこの門から入り女性は西から入ります。
ヒンプンは入口を分ける役目もしています。
a0070655_15401078.jpg
a0070655_15371497.jpg
みなさんご存知シーサーも家を守ってくれています。


[PR]
by yumily_sketch | 2018-01-13 15:59 | 建物探訪 | Comments(0)

三徳山 文殊堂

今年の年賀状はこの写真を使いました。
三徳山の文殊堂の回廊です。
2011年に投げ入れ堂に行った時、怖くてここに立てなかったことがその後心残りとなり昨年再訪しました。
ビビりながらですが回廊を歩くことができ念願のここからの景色を堪能しました。
a0070655_03574886.jpg
ここは僧の修行の山なんですよね。
険しいけれど2回目なので楽しく登れました。
a0070655_03591576.jpg

a0070655_04353179.jpg
文殊堂にやっと着いたよー。
今回はあなたに会いに来たのだよ。

a0070655_03590491.jpg


a0070655_04365734.jpg

何回見てもすごいな。
a0070655_03594475.jpg
a0070655_04480559.jpg

三徳山の写真はこちらでどうぞ
2011年のyumily_sketch


[PR]
by yumily_sketch | 2018-01-08 04:52 | 建物探訪 | Comments(2)

林原美術館

石積み渋い。石垣の上のコンクリートはPC。
PCってパソコンじゃないよ(笑)プレキャストコンクリート。工場で作るコンクリートです。
ここではPCが多く使われていました。
これプランターなんですよね。デザイン効いてます。
a0070655_20562833.jpg

a0070655_20563439.jpg
軒先も窓の上の庇もPC。
窓上の庇かわいい。
a0070655_20563093.jpg
ここはれんがの積み方に特徴があります。
良く見えるところは小口積み。
深目地?目地無し・・?
a0070655_20563200.jpg
見えないところは長手積み。
規格外れんがなのでぼこぼこでむらむら。。
それがまた味わい深い。
コケとれんがも似合っちゃうな。
a0070655_20563518.jpg
蔵もありました。

a0070655_20562668.jpg
林原美術館
設計:前川國男
竣工:1963年
所在地:岡山市


[PR]
by yumily_sketch | 2017-11-07 07:14 | 建物探訪 | Comments(2)

まちのレガシーをめぐるおかやま有名建築みてあるき

岡山の建物巡り「まちのレガシーをめぐるおかやま有名建築みてあるき」に参加しました。
建築史家の松隈洋先生の解説付きというスペシャルな企画です。
私は前川國男ファン。松隈先生は前川國男のお弟子さんでもあります。
行くっきゃないです。

集合は岡山県庁。
設計前川國男で1957年竣工です。
岸田日出刀が審査委員長だった設計競技で選定されました。

これ以前の庁舎は正面にどんどんと階段があり車寄せがあり威厳あるスタイルが多いですが
岡山県庁は前に広場があり道路から奥まったところに建物を配置しています。
ピロティの先には中庭があり開かれたウエルカムな庁舎です。
a0070655_00455920.jpg
a0070655_00455487.jpg
a0070655_09552388.jpg
a0070655_00455386.jpg


a0070655_00455233.jpg
a0070655_00455537.jpg
屋上からの風景。
岡山城って黒色なんだ。
県庁の外壁の黒は岡山城を意識したそうです。
a0070655_00455134.jpg

a0070655_00455793.jpg
excite調子悪いので書きたいことまた後日追記します。


[PR]
by yumily_sketch | 2017-11-05 09:50 | 建物探訪 | Comments(0)

たてものがたりフェスタ2017 いしうちの森

11月10~12日で行われる広島市内での建築公開イベント「たてものがたりフェスタ」の中から私の一押しの建築をご紹介します。
「いしうちの森」。

建築探訪に行くときはあらかじめ写真をみたりして行きますよね。

そして本物を見て

うんうん!とか あれ? とか え! とか わ!

という気持ちになります(わかりにくい?(笑))

いしうちの森はえ!

想像を超えるんです。

いさぎよさとゆずれない芯を感じました。

建築が「建築ってこういうことなんだよ」とささやいてきました。

一般の方ももちろんですが建築を勉強中の方には特におすすめしたい建築です。

設計者の解説がお聞きできるのも貴重です。

a0070655_13105327.jpg
a0070655_13110205.jpg

緑豊かな石内エリアにある、農作業を中心とする福祉施設です。

広島を代表する建築家の一人である宮森洋一郎氏による設計で、作業スペースや食堂、事務室などの機能が一つの屋根の下に収められ、シンプルなモダンデザインでまとめられています。

ひろしま街づくりデザイン賞(第11回)部門賞受賞。
見学会では、設計を担当された建築家 宮森洋一郎氏(予定)にご案内いただき、建物内外をくわしい解説とともに見学します。

普段は見られない建築作品を見学できるチャンスです。

なお、現地に行ける公共交通機関はありませんので、お車にて来場いただく必要があります。
--------------
たてものがたりフェスタ 2017「いしうちの森」
■日 時: 2017年11月11日(土) 13:30~14:30
■定 員: 12名(中学生以上)
■参加費: 400円(事前申込みが必要です)
■その他: 駐車場をご用意しています。
■主 催: アーキウォーク広島
■詳細はホームページにて
http://www.oa-hiroshima.org/event/event171111.html
{※建物側へ直接連絡するのは、先方のご迷惑となるためお控えください}


yumily
広島ブログ


[PR]
by yumily_sketch | 2017-10-29 13:22 | 建物探訪 | Comments(2)

入船山記念館 椅子

籐の肘掛け椅子は当時のもの
当時の椅子が残っているのはこれだけだそう。
籐の部分が二重になっています。
イギリス製
a0070655_08445624.jpg

食堂にはチッペンデールの椅子
a0070655_09132576.jpg

テーブルの脚は動物の脚のように創るのが流行していた時代
a0070655_09130930.jpg

ウイングチェア。
翼が出ているみたいな耳付の椅子
a0070655_09130313.jpg
櫻井小太郎はイギリス人コンドル先生の弟子でもあり イギリスで建築を勉強してきているから
家具もイギリスの影響大きいんですね。

旧呉鎮守府司令長官官舎
設計:櫻井小太郎
竣工:1905年(明治38年)
所在地:呉市



[PR]
by yumily_sketch | 2017-10-24 09:20 | 建物探訪 | Comments(0)

入船山記念館 金唐紙

入船山記念館の客間。
金唐紙が張られています。
金唐紙はヨーロッパの金唐革の技法を和紙で再現したものなのだそう。

a0070655_17032746.jpg
「 草花と昆虫」の壁紙には14種類の昆虫が描かれています。
アゲハチョウ トノサマバッタ セミがいるでしょ。
モリスを思わせます。
アールヌーボーぽくもあります。
a0070655_17033326.jpg
a0070655_17032082.jpg
a0070655_17032940.jpg
これは旧岩崎邸に使ってある「花と曲線文様」
a0070655_17033072.jpg

入船山記念館の食堂「入船の森」 

a0070655_17031821.jpg
天井

a0070655_17033150.jpg
a0070655_17031454.jpg




これらの金唐紙 戦後接収していたイギリスのBCOFに白ペンキに塗られてたそうです。
え?これにペンキ?
驚きです。


旧呉鎮守府司令長官官舎
設計:櫻井小太郎
竣工:1905年(明治38年)
所在地:呉市

[PR]
by yumily_sketch | 2017-10-23 17:26 | 建物探訪 | Comments(0)

武庫川女子大学甲子園会館 旧甲子園ホテル 外観①

遠藤新が設計した甲子園ホテル。
ライトが設計した時の帝国ホテルの支配人だった林愛作がライトの弟子の遠藤新に依頼しました。
まるでライト建築です!
a0070655_00374595.jpg
a0070655_00375060.jpg
a0070655_00361498.jpg
a0070655_00373063.jpg
a0070655_00373644.jpg
a0070655_00371807.jpg
昭和5年  甲子園ホテルとして建設。
昭和19年 海軍病院として収用
昭和20年 米進駐軍の将校宿舎とクラブに使用
昭和32年 大蔵省が管理
昭和40年 武庫川学園が譲り受け 改修 再生

旧甲子園ホテル
設計:遠藤新
竣工:昭和5年
所在地:兵庫県西宮市


[PR]
by yumily_sketch | 2017-10-19 00:54 | 建物探訪 | Comments(0)

キッチン&ダイニングエレテギア ベラビスタ②

ここ日本です。
広島にこんなリゾートホテルがあったなんて!
このプールで泳いでみたいわ~。

a0070655_21581354.jpg
a0070655_21581776.jpg
a0070655_21580294.jpg
タイル使いがスペインのようです。
a0070655_21580774.jpg


エレテギア キッチン&ダイニング (ベラビスタ)
設計:中村拓志/NAP建築設計事務所
所在地:広島県尾道市浦崎町大平木1344-2


[PR]
by yumily_sketch | 2017-10-18 00:57 | 建物探訪 | Comments(2)