カテゴリ:FLWツアー( 3 )

FLWツアー③ ライト自邸とスタジオ外観

住宅街オークパークに建てたライトの自邸とスタジオ。
ライト22歳から42歳まで住んだ家です。
右側の三角の切妻部分が初めに建てられその後子どもたちが成長したためそして事務所を大きくしたりアパートにしたりと何度か増築をしています。
クイーンアンやヴィクトリアンなどヨーロッパの様式建築が多かったこの時代に装飾のないシンプルなライトの建築は斬新だったようです。

a0070655_10085222.jpg
屋根のシングル葺きを壁にも。


a0070655_19180745.jpg

a0070655_19182054.jpg

柱の奥がスタジオの玄関
a0070655_10085645.jpg


こうのとりと図面と本と葉っぱ
 
a0070655_19181389.jpg
a0070655_19181045.jpg

様式建築から新しい建築を目指していたサリバンだけでなくアドラー・サリバン事務所の前に勤めていたジョセフ・ライマン・シズブリーや当時流行していたジョナサン・リップマンのシングルスタイルやクイーン・アンスタイルなど様々なものの影響を受け増殖していった建築なのでしょう。
その時々の勢いを感じる建築です。

a0070655_10083234.jpg

Frank Lloyd Wright Home and Studio 1889-1909




[PR]
by yumily_sketch | 2017-04-20 09:43 | FLWツアー | Comments(0)

FLW ツアー② チャーンレイ邸内部

チャーンレイ邸で圧巻なのはこの吹き抜けです。
天窓からの光と木の造作が美しい!
a0070655_12492573.jpg
a0070655_12492263.jpg
a0070655_12494529.jpg

a0070655_12160663.jpg
サリバンはアールを好みました。
a0070655_12153746.jpg


a0070655_12162053.jpg


a0070655_12144531.jpg
暖炉にも目が
a0070655_12151237.jpg
ライトの建築には必ず暖炉がありました。アメリカの住宅には暖炉が当たり前なのかな。
暖炉のデザインは建築家の腕の見せ所のひとつですね。



a0070655_12153003.jpg

a0070655_12350335.jpg

サリバン時代には家具はデザインしていなかったようです。

a0070655_12291641.jpg

上下窓の金物
a0070655_12350846.jpg
Charnley-Persky House (1891-1892)

今回の旅でサリバンに出会えたことは大きなことでした。
アメリカの建築の発展に多いに貢献してる人です。
建築のノーベル賞と言われているプリツカ―賞のメダルの図はサリバンのデザインを模したものということも今回知りました。
ライトはサリバンに禁じられていた設計のアルバイトをしていました。
そのことがサリバンに知られ事務所を解雇されてしまします。
ライトの弟子のエドガー・ターフェル著の「知られざるフランクロイドライト」には
サリバンが街で基礎の現場を見てライトの設計だとわかったとありました。
基礎でわかっちゃうんですよね。他の現場の基礎とか建築関係の人はついつい見ちゃいますもんね。
でも基礎でわかるんだから建っちゃうと絶対わかっちゃうと思うんですけどね。
こういうところからも少しづつライトの人柄が見えてきたりして。。


[PR]
by yumily_sketch | 2017-04-09 12:40 | FLWツアー | Comments(2)

FLWツアー① チャーンレイ邸外観

今回の旅はフランク・ロイド・ライト(1867年~1959年)の作品を時代を追って見ました。
ライトが師のルイス・サリバン(1856年~1924年)の影響を受けライト独自の建築スタイルを作り出しさらにそのスタイルが変化していく過程を楽しむことができました。
サリバンはアメリアを代表する建築家の一人で
ヨーロッパの洋式建築の模倣はやめ新しいアメリカの建築を創ろうとした人です。
鉄骨の高層ビルを多数手掛け「形態は機能に従う(Frow Follows Function)」という有名なことばがあります。
サリバン事務所では住宅はほとんどライトが担当していました。
ここチャーンレイ邸はライトが独立前にサリバン事務所にいたときに創られた住宅です。
a0070655_12273926.jpg
このころはまだオーダーの柱は残っている。
バルコニー手すり壁の目の形のような模様はザリバンの好んだデザイン。
上の壁もザリバン風。
a0070655_12280767.jpg

a0070655_12275370.jpg


ドアにも目
a0070655_12281597.jpg

a0070655_12283438.jpg
ガラスをデザインするのもサリバン事務所で覚えたのかな
a0070655_12493373.jpg

Charnley-Persky House (1891-1892)



yumily
広島ブログ

[PR]
by yumily_sketch | 2017-04-08 14:32 | FLWツアー | Comments(0)