カテゴリ:本( 20 )

Grande秋号

Grande新シリーズ「名建築から見える風景」に建築家福島俊をさんとふたりリレーで建築のこと書かせてもらっています。
前回福島さんが江波山気象台を私は旧陸軍被服支廠倉庫を取り上げました。
この写真は知人に頼んで近所のビルから撮らせてもらったもの。
れんが倉庫隣の広島県立工業高校や皆実高校ともう少し広い部分が被服支廠の敷地でした。
広島の街の中をどれだけ大きく占めていたかがわかります。
軍都広島が伺えます。
a0070655_08063286.jpg

Grande秋号はギャラリー主宰写真家のまりちゃんの記事かっこいいし 
広島人は見慣れてるわが店自慢の包装紙の記事も楽しかった。
素敵広島がいっぱい詰まった雑誌です。 
是非読んで下さませ♪
a0070655_08012109.jpg



[PR]
by yumily_sketch | 2017-10-11 08:12 | | Comments(2)

「神殿か獄舎か」長谷川堯著

今日の2冊 「神殿か獄舎か」長谷川堯著
ずいぶん前にINAXREPORTで長谷川堯長谷川先生と内藤廣先生と対談されている記事を読み気になっていた本だけどその時はまだ読めなかった。
時を経て今手元に。
図書館には長谷川先生35歳の時に出版された1972年の相模書房の本とそれから35年後の2007年の鹿島出版会のSD選書とが揃っていた。
1972年の方の写真が魅力で2007年の方は長谷川先生のまえがきとあとがきと藤森照信先生の解題が魅力で2冊借りた。
本にも縁があり時期がある。
先日読んだ村松貞次郎の「日本近代建築の歴史」の中で絶賛されていた後藤慶二のこともっと知りたいと思っていた。
後藤慶二は豊多摩監獄の設計者。
獄舎といえば後藤慶二についても語られているはずでこの本を読む楽しみのひとつ。
ライトの勉強してるうちに日本の近代建築の歴史のことで知りたいことが増えていた今 求めていたことに出会えそうな1冊。


[PR]
by yumily_sketch | 2017-05-23 07:47 | | Comments(2)

知られざるフランク・ロイド・ライト

今日の1冊
『知られざるフランク・ロイド・ライト』

フランク・ロイド・ライトは今明治村に玄関ロビーが移築されている旧帝国ホテルの設計者です。
a0070655_17225510.jpg
a0070655_17232584.jpg
著者は9年間ライトの元で学び働いていたエドガー・ターフェル。
事務所でのリアルなライトが垣間見れます。
ライトってこんな人だったのね。
恋多いことでも有名だけど自分の思うままに行動しちゃうんですね。
世間体とか社交辞令とか一切なく。
グロピウスの丁寧な挨拶に対してのライトの態度にはそこまでするか?と驚き通り越し笑ってしまいました。
コルビジェの会いたいコールにも冷たくNO。
建築に対しても同じで、自分の信念を貫き通したのでしょう。

大学で椅子を調べる課題がありバレルの作者のライトを詳しく調べた学生たちはライトという人物に触れ好きになった派と好きじゃなくなった派に分かれます。
私的にはこういうタイプの人好きだったりします。
面白いなライト。
ライトの本ってホント多いんですよね。
いろんな人の見た感じたライトのこと もっと知りたくなりました。

a0070655_17244806.jpg
オススメです。
この本欲しいなと思ってアマゾンで調べたら翻訳されているのは出てこなかった。
もう売られてないのかな・・。
翻訳は谷川正巳さんと睦子さんです。
谷川さんんのライトのお話もいつかお聞きしたいな。



[PR]
by yumily_sketch | 2017-03-11 17:31 | | Comments(0)

FRANK LOYD WRIGHT'S

今日の4冊
FRANK LOYD WRIGHT'S
大学の図書館で見つけた可愛い本。
絵本のような表紙だけど内容はなかなか。
写真も美しい。
ライトを学ぶ取りかかりに丁度良い感じ。

a0070655_07344199.jpg
新学期の授業が始まりました。
お楽しみは図書館に行くこと。
工学部なので建築系の読みたい本がずらり。
昨年は景観系の本を中心に借りました。
今年はライトの勉強します。
わくわく~♪


フランク・ロイド・ライト
著:カーラ・リンド
監訳:越智卓英
翻訳:SKYHIGH



[PR]
by yumily_sketch | 2017-01-21 07:40 | | Comments(0)

20世紀建築ガイド

今日の1冊
この本今まで旅の前に図書館で借りてたのだけどこの度購入。
印付けれるし書き込みできるしいつでも見れるしいいわ~(⌒∇⌒)
って早く買えよって感じですが高価(3800円)でなかなか買えなかった(笑)



[PR]
by yumily_sketch | 2017-01-13 16:16 | | Comments(0)

城大工

姫路城築城の時、池田輝政に命を受けたのは棟梁・桜井源兵衛でした。
9年間、寝る間も惜しんで仕事に打ち込み、やっと完成した姫路城でしたが少し傾いているように思えてなりませんでした。
竣工後妻に少し傾いて見えると言われショックで天守の上からノミをくわえて飛び下りたという悲しい伝説があります。
実際に城が東南に傾いていたのは解体修理で確かめられています。
それは東と西の石垣が沈んだためでした。

高層建築である天守閣のあるような城を最初に創ったのは織田信長です。
城の周りの城下町形成の完成も信長・秀吉の時代です。
築城の命を受けた棟梁の小説を思い出しました。
織田信長の命により、安土城築城の総棟梁となった岡部又右衛門の小説「火天の城」。
読みかけてたのを一気に読みました。

今までにない木造高層建築で南蛮風城郭に奮い立つ岡部又右衛門の執念ともいえる情熱。
廻りの石工頭や杣の頭など命を懸けた仕事ぶりなど当時の城郭建築の凄まじさが描かれています。
身体の血が小躍りする本でした。
以前に西田敏行さん主演で映画にもなっていますが本はもっと面白い!
建築興味ない方でも是非!

a0070655_10513211.jpg


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2016-02-05 10:53 | | Comments(0)

What is Architecture?

素敵な本の紹介です。
「What is Architecture?
and 100 Other Questions」
a0070655_11465411.jpg

a0070655_1147932.jpg

イギリス在住の友人からのクリスマスプレゼント。
私が楽しく読めそうな本でしょ。英会話勉強するんだって言ってた私にナイスのセレクト!
本屋が夢だけありさすがだな。

パソコンで単語の意味を調べることもできるけどあえて辞書を使ってみようと中学の時から使ってる辞書を本棚から出してみた。
懐かしい~。
a0070655_11473553.jpg

こんな落書き見つけた。
自分が書いたのか悪友が書いたのか相手が誰なのかも思い出せない。。。
消してるから喧嘩しちゃったのかな・・ ・(笑)
a0070655_11505422.jpg


高校生の自分にこんにちはの時。
また英語の勉強始めるよー。


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2016-01-09 12:32 | | Comments(0)

いす100のかたち

数年前ドイツの ヴィトラ・デザイン・ミュージアムに行ったときここでしか買えないとか聞いて英語版を買って帰りました。
ミュージアム所蔵コレクションの写真と名前作家と解説です。
写真の椅子たち、オリジナルのすごい迫力出していて眺めるだけでも楽しい。
でもいつか全部きちんと訳したいと思っていました。
大学で椅子を調べる課題を出していて読みたい学生たちには貸したりしていたのですが、英語なので人気はなく・・(苦笑)
先日この本の日本語版が出てることを椅子好き学生が教えてくれ早速購入しました。
1997年~1998年に日本で開催された展覧会のカタログとなっていて今はもう販売されていないようです。
クリストファー・ウィグルによる序論はヴィトラとは何か?から始まり思想まで読み応えのあるものでした。
a0070655_1301750.jpg
紹介されているNO1はトーネットの曲木椅子だと思ってましたが、鋳鉄製の庭椅子なんです。
トーネットの前1736年にロシアの工場で鋳鉄製家具の量産がされていたから。
ヴィトラデザインミュージアムの活動目的は工業生産家具デザインの歴史の記録と解釈。
なるほど納得です。
a0070655_1258524.jpg

a0070655_1341466.jpg


あ~。
ヴィトラミュージアム、また行きたくなったなー。

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-06-28 13:08 | | Comments(0)

日本の大和言葉を美しく話す

最近読書量増えています。
週末は建築お休みして食べ物の日にしていたのですが本のことも書くことにしました。

知人美しい言葉をお手紙やメールで綴られる女性がいます。
同年代なのに私は使ったことない言葉をさらりと使いこなされます。
いつも感心したり学ばせてもらっていて刺激を受けていました。

この本を読んで彼女の美しい言葉は大和言葉だということを知りました。
大和言葉は生粋の日本語。
話言葉では難しくても文章では使いたい美しい日本語がたくさんあり、読んでいると豊かな気持ちになります。
おすすめです。

a0070655_20332945.png

日本の大和言葉を美しく話す―こころが通じる和の表現 単行本
高橋 こうじ (著)


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-06-21 20:45 | | Comments(0)

建築を愛しなさい

古書店に頼んでいた本が届きました。

「建築を愛しなさい」ジオ・ポンティ1962年発行
ーこの本は建築家のための本ではなく古今の建築に魅せられた人びとのための本ですー
a0070655_10113355.jpg
a0070655_1095196.jpg


表紙はピレッリ・ビル
裏表紙はロンシャン教会です。
表紙と目次を見ただけでわくわくします。

この本には日付の書き込みがありました。
その日付が私の3歳の誕生日の日だったので何だか不思議な縁を感じ、さらに嬉しくなりました。

味わって読みます。

FBにUPしたら連鎖になり読書感想会@イタリアンをすることになるほどの盛り上がり。
なのでこちらでも紹介。
「建築を愛しなさい」仲間もっと広がりますように。


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-02-20 10:13 | | Comments(2)