2017年 06月 17日 ( 1 )

FLW ツアー⑰  ロビー邸 外観

ロビー邸は草原住宅(プレーリーハウス)と言われるライトの住宅のスタイルです。
西部のプレーリーのために建設されたのびやかな大地に調和する住宅です。
長く低いラインが特徴です。
深い庇となだらかな勾配屋根。
これまでのアメリカの住宅には屋根裏と地下室がありました。
ライトはそれらを死んだ空間と言い排除したんですね。
ライトの住宅は大地から建っているのです。
これって今では普通ですよね。
でも当時のアメリカでは変わったことだったわけです。
屋根裏や地下のない家なんて!
収納はどうするの?という感じです。
こういう質問にライトは「人間が多くのがらくたをためこんでおく理由はどこにもない」
と答えていたと弟子のエドガー・ターフェルは書いています。
この時ライトはもう断捨離を唱えていたのね。

a0070655_11331411.jpg

私もですね屋根はライトに影響を受けています。
冬の日差しを遮ることもあるので庇は長くすればええってものじゃないよと言われますが私は長い庇が好きです。
しかしここはすごいです。
15インチ(43㎝)の造船用のH鋼二本が入っているそうです。

a0070655_12110635.jpg

ここにもライトの印ポットが
a0070655_11304887.jpg

ガイドさんが説明されているのは目地のこと。


a0070655_11321493.jpg
ライトは水平ラインを強調させるために縦と横の目地の深さと色を変えているんです。縦目地は平目地(タイルと同じ高さ)で色もタイルと同化させ横目地は沈み目地(タイルより引っ込んでいる)。
これは初めて知りました。
職人さん泣かせの仕事ですがこの効果は大きい!

a0070655_11483854.jpg
ライトは煙突をまとめて大きいものにするのを好んでしました。
細い煙突が何本もたっているのはすっきりしないとか威嚇的な感じがすると思ったのでしょうか。




a0070655_11480210.jpg
a0070655_11314474.jpg


Frederick C. Robie House
竣工:1908年



[PR]
by yumily_sketch | 2017-06-17 12:48 | FLWツアー | Comments(2)