2017年 03月 11日 ( 1 )

知られざるフランク・ロイド・ライト

今日の1冊
『知られざるフランク・ロイド・ライト』

フランク・ロイド・ライトは今明治村に玄関ロビーが移築されている旧帝国ホテルの設計者です。
a0070655_17225510.jpg
a0070655_17232584.jpg
著者は9年間ライトの元で学び働いていたエドガー・ターフェル。
事務所でのリアルなライトが垣間見れます。
ライトってこんな人だったのね。
恋多いことでも有名だけど自分の思うままに行動しちゃうんですね。
世間体とか社交辞令とか一切なく。
グロピウスの丁寧な挨拶に対してのライトの態度にはそこまでするか?と驚き通り越し笑ってしまいました。
コルビジェの会いたいコールにも冷たくNO。
建築に対しても同じで、自分の信念を貫き通したのでしょう。

大学で椅子を調べる課題がありバレルの作者のライトを詳しく調べた学生たちはライトという人物に触れ好きになった派と好きじゃなくなった派に分かれます。
私的にはこういうタイプの人好きだったりします。
面白いなライト。
ライトの本ってホント多いんですよね。
いろんな人の見た感じたライトのこと もっと知りたくなりました。

a0070655_17244806.jpg
オススメです。
この本欲しいなと思ってアマゾンで調べたら翻訳されているのは出てこなかった。
もう売られてないのかな・・。
翻訳は谷川正巳さんと睦子さんです。
谷川さんんのライトのお話もいつかお聞きしたいな。



[PR]
by yumily_sketch | 2017-03-11 17:31 | | Comments(0)