海峡の街   旧山陽ホテル

下関は普通の建物が並ぶ中でひょっこり近代建築に出会う素敵な街です。
エクスカーションではマップを持って散策しました。
「あーーー!あれあれ。あれだわー!」
「うわぁーーー!これは何?」
あっちこっちと忙しい忙しい・・・(笑)

こちらは1901年(明治34年)に開業したホテルです。
当時は大陸渡航の皇族や政府高官が利用した西日本唯一の本格的ホテルだったそうです。
現在は事務所として使われています。
海峡夢タワーと並んでいます。
現代建築と近代建築が仲良く同居している風景好きです。
a0070655_1040535.jpg

a0070655_10391957.jpg
a0070655_10393064.jpg

a0070655_10522256.jpg
a0070655_10394424.jpg

a0070655_1052556.jpg

当初の建物は火災し現在の建物も大正13年に再建されました。
設計は辰野葛西設計事務所。
東京駅・日本銀行本店の設計者辰野金吾の事務所です。
窓のあいだの装飾そして外壁の最上部の装飾と細部に美しいデザインが見られます。
鉄柱で作られた車寄せにもコリント様式の装飾がされているのです
が・・・・模様がわからないくらいボロボロになっていました(泣)


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-12-04 10:56 | 建物探訪 | Comments(0)
<< 東京物語 江戸前鮨 久いち 海峡の街   秋田商会 >>