旧広島陸軍被服支廠②

被服支廠とは軍服、軍靴などを製造・修理、保管、供給していたところです。
今残っている4棟は倉庫として1913年(大正2年)に建てられたもので、鉄筋コンクリート造です。
日本で最初に鉄筋コンクリートが建物に用いられたのが1906年ごろといわれているのでこの建物は日本のコンクリート造建築の初期の実例で貴重な建築なのです。
この煉瓦は化粧だけではなく壁面荷重を部分的に支持した積み方をしています。
a0070655_13513586.jpg

a0070655_13514382.jpg

a0070655_14159100.jpg
a0070655_1432098.jpg

a0070655_1434584.jpg

煉瓦造より耐震的耐久的に優れているとしてRC造で創られた建物は原爆時には火災も発生せず被爆直後から臨時救護所となりました。
医薬品も少なく食料もないままここで亡くなられた人が大勢いたそうです。

その後広大の学生寮と日本通運の倉庫とりて利用され、広島県が博物館にするという構想もありましたがそれも無くなり今は空き家状態となっています。
内部使用は出来ませんが今回のアート展のような外部の使用は可能のようです。


コチラの面は鉄扉がきれいです。
a0070655_14213240.jpg


鉄扉がさびていない箇所もあります。
a0070655_1433394.jpg

しかしこの草はすごいです。
ボランティア草抜きに立候補しようかしら・・・。
a0070655_14212241.jpg


トイが取れたみたいで水が建物を傷めています。
a0070655_1352699.jpg


こちらが寮として使われていた棟です。
この窓がお部屋の窓だったのでしょう・・・。
鉄扉をあけて使っていたのか・・・?
この荒れ具合からはここが住居だったとはちょっと想像できないです。
a0070655_13521534.jpg
a0070655_13522425.jpg



敷地内にあるこの木。
terrさんもブログに書かれていましたが私も目が釘付けになりました。
何がどうなったのか何種かの木がからまっているようで松は先がばっさりと切られていて枝がいびつに伸びています。
この不自然さは被爆の影響なのかどうかはわかりませんが痛々しい気持ちになります。
電柱にも影響を及ぼしそうなのでまた枝をばっさりやられてしまうのかな・・・・。
a0070655_14124063.jpg



参考「ヒロシマをさがそう 原爆を見た建物」西田書店


旧広島陸軍被服支廠
設計:不詳
所在地:広島県広島市南区出汐2-4-60
竣工:1913年
構造:RC造煉瓦貼り2階

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-08-21 14:43 | 建物探訪 | Comments(6)
Commented by nakamura at 2009-08-21 15:55 x
歴史ある建物なんでしょうね。
見ているだけで重くのしかかる感じがします。
永くここにあるのはやはり耐震的耐久的に優れているからなのでしょうね。
Commented by terr at 2009-08-21 16:07 x
yumilyさん、
さすがは建築家のyumilyさん。
愚生の目には入らなかったところをよく捉えています。
いずれにしても、注目度NO.1の被爆建物です。
このレンガは国産ですかorイギリスあたりからの輸入品ですか?
門司港の旧三井倶楽部はイギリスから輸入した高級品でした。
Commented by yumily_sketch at 2009-08-22 02:10
nakamuraさんおはようございます。
大正生まれですから長い歴史を見続けてきた建築です。
軍の施設だったため「重くのしかかる感じ」がするのかもしれませんね。
どんなに丈夫な建築でも手入れをしてやらなければ寿命が縮まるので心配なのです。
Commented by yumily_sketch at 2009-08-22 02:12
terrさんおはようございます。
残念ながら煉瓦のことはわかりません。
設計者も不明です。
Commented by くすのき at 2009-08-23 20:43 x
yumilyさん、こんにちは。

 重文について、エラソーなことを書いておきながら
なんですが、ぼくも大して詳しくないのです。
 ですが、ドコモモ(DOCOMOMO)という近代建築の
保存を進める団体はとても詳しそう(建築のプロの方の
集団)ですので、重要文化財云々のみならず、この問題に
対して聞かれたらばなにか教えてもらえるかもしれませんよ。

HPアドレスはスパムコメントに判定されるため書けませんので、
「goo」などの検索エンジンで「ドコモモ」とお調べください。

 忙しいので、これくらいしかできませんが、それでは、
Commented by yumily_sketch at 2009-08-24 01:55
くすのきさんこんばんは。
いろいろと情報いただきましてありがとうございました。
これを機会に勉強してみますね。
<< 土井一秀+小川文象 建築展 i... 旧広島陸軍被服廠① >>