旧広島陸軍被服廠①

a0070655_2315088.jpg
a0070655_2322031.jpg
a0070655_2324811.jpg

a0070655_016048.jpg

a0070655_2325848.jpg
a0070655_233575.jpg
a0070655_2332052.jpg

この建物の全貌を初めて見ました。
道路の反対側は爆心地の反対になるので原爆の被害は少ないですが長い年月手入れもされていないようで風化が進んでいます。
最近手を入れた箇所を探してみましたが鉄扉の網くらいしか見当たりませんでした。
地面だけでなく屋根にまで草や木がぼうぼうに生えていて、これも建物を傷めているのではないでしょうか。
荒れ果てた環境ですが壁面にはクラックが多少あるものの想像してたよりしっかり立っていました。

しかし悲しいかな、これは廃墟の風景です。
先日の読売新聞の解体の記事は間違いで県は解体する予定はないと言われたそうですがこのままでは朽ち果てるのを待っているだけです。


設計:不詳
所在地:広島県広島市南区出汐2-4-60
竣工:1913年
構造:RC造煉瓦貼り2階

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-08-19 00:17 | 建物探訪 | Comments(6)
Commented by terr at 2009-08-19 14:03 x
yumilyさん、
このトイレ棟から建物に通じる開口部がありましたが、
真っ暗で中からうめき声が聞こえてきそうで、入るのを躊躇いました。
このままでは朽ち果てるのは時間の問題です。
今や国も県も無策です。
Commented by とも at 2009-08-20 01:24 x
こんばんは。

とは言え、単純に被ばく建物だからといって保存することも(財政的に)困難なんでしょうね。原爆ドームは平和のモニュメントとして、用途なく保存されることになっていますが、その他の被ばく建物は同じようにはいかないのでしょうね。何か活用の道があればいいのですが・・・
Commented by くすのき at 2009-08-20 07:01 x
 こんにちは。現代アートの展覧会など、最近この建物を
めぐっていろいろな動きがあるようですね。

 財政的なお話が出てきましたが、この建物は確か建築学的にも
優れているとか…。これをうまいこと国の重要文化財あたりにすれば、
国から大分補助が付きますので、お金のことは気にならないかも
しれませんね。 国の方も建物の所有者が公なので、民間がオーナー
の場合とちがっていろいろな意味で指定しやすいでしょうから。

 …用途はそれから考える、なんて横着な手もあるかも。
Commented by yumily_sketch at 2009-08-21 14:56
terrさんこんにちは。
私勇気ふるって入り口まで行ってみました。
この棟は寮だったみたいですね。
心地は悪そう・・・。
Commented by yumily_sketch at 2009-08-21 14:58
ともさんこんにちは。
仰るとおりモミュメントとしてでなく活用されて意味があると思います。
今回の展覧会を見てギャラリーとしてはどうかなあ・・・なんてイロイロ思いをめぐらせています。
Commented by yumily_sketch at 2009-08-21 15:07
くすのきさんこんにちは。
この建物のこと広く呼びかけてみたいですねー。
この建物のことを知らない人が多いと思うのでまずは知ってほしいです。
今回のアート展でもアートを見に来て建物に感動された県外の人も何人もいらっしゃいました。
建築を見たり写真撮られてる人も多かったです。
国の重要文化財のことはよく知らないので勉強してみたいと思います。
<< 旧広島陸軍被服支廠② 花と緑のある暮らし  >>