今井兼次  碌山美術館

a0070655_9522172.jpg
a0070655_952308.jpg
a0070655_9523759.jpg
a0070655_953529.jpg
a0070655_9533848.jpg
a0070655_9535195.jpg


設計者今井兼次は以前紹介した聖フィリッポ聖堂の設計をした建築家です。
私はこの建築を見て今井兼次に興味を持ったのですが世界平和記念聖堂の正面のらんま彫刻は今井兼次のデザインなんだよと先輩が教えてくれました。
えーーー・・。そうだったの!
世界平和記念聖堂のコンペの時の審査委員の中心的人物だったこともわかりました。
世界平和記念聖堂の設計者村野藤吾とは友人関係で
審査員として村野を推薦したのも今井兼次だったそうです。

長崎で今井兼次の作品を見たとき村野作品と通じるものがあるよなぁ・・・。
と感じていてどんな関係だったのだろう・・・?と思っていたのですがお互い影響を与え合っていたのですね。

碌山美術館
所在地:長野県安曇野市穂高5095-1
設計: 今井兼次
竣工: 1958年
構造: RC造


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-07-25 10:06 | 建物探訪 | Comments(4)
Commented by terr at 2009-07-25 12:47 x
yumilyさん、
レンガといい、金物といい、窓枠といい、とても雰囲気のあるものです。
なんとなく粗々しい外観は広島世界記念聖堂にもあるような・・・。
Commented by くぅー at 2009-07-25 13:39 x
この儚いようで でもずっしりした 感じですね
こうゆうの 愛おしい・・・な
Commented by yumily_sketch at 2009-07-26 17:25
terrさんこんにちは。
この外壁をなぜこんな粗末なれんがにしたのか?ということについて
「粗末の中にこそキリスト教的精神性は宿る」と考えたのではないか?と建築史家の藤森照信さんは言われています。
村野藤吾もキリスト者ですよね。
通じるところがあるのかもしれません。
Commented by yumily_sketch at 2009-07-26 17:28
くぅーさんこんにちは。
コメントありがとうございます。
私もこういう建築好きです。
たくさんの人たちに愛されている建築でした。
<< more・・・  碌山美術館 愛は芸術なり  碌山美術館 >>