クロス  田平天主堂

大正7年に創られた平戸にある教会です。
a0070655_2212343.jpg

a0070655_22133954.jpg

a0070655_22125056.jpg
a0070655_22131113.jpg

a0070655_22294854.jpg

a0070655_22281467.jpg


どのクロスも古いのですがとても力強いものでした。
信者さんたちの信仰の深さを思わせるようでした。


田平天主堂
所在地 長崎県平戸市田平町小手田免19
設計 鉄川与助 
施工 鉄川与助
構造 煉瓦造平屋 
竣工 大正7年(1918)


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-06-05 00:11 | 建物探訪 | Comments(2)
Commented by terr at 2009-06-05 08:48 x
yumilyさん、
平戸には立派な教会が多いと聞いております。
行けないぶん、貴姉の写真で楽しみます。
鉄川与助という方は海外に行った経験があったのでしょうか?
Commented by yumily_sketch at 2009-06-08 07:31
terr さんおはようございます。
いつもありがとうございます♪
当時の神父様は建築の知識のある人が多かったようで鉄川与助さんは外国の神父様からヨーロッパの教会建築を学ばれました。
ヨーロッパへ行ってみたいと思われたそうですが旅の途中の上海で第一次世界大戦が始まり行けませんでした。
本や写真など情報の少ない時代によく出来たものだと驚きます。
鉄川さんは教会建築に魅せられたんですね。
<< こうもり天井  田平天主堂 呉市音戸市民センター >>