棟梁建築家鉄川与助  紐差教会

今回の旅の目的は鉄川与助の創った教会を見ることでした。
長崎の五島生まれの棟梁鉄川与助は生涯で50もの教会建築を手がけました。
外国の神父様たちとの出会いで西洋建築を学び経験を積みましたが
西洋の真似をするだけでなく日本らしさを取り入れた建築を創っています。
棟梁でありながら設計もしていたので棟梁建築家と呼ばれ教会の第一人者と言われている人です。
教会建築を目指している私、絶対に見ておきたかった建築なのです。

a0070655_21474919.jpg

a0070655_2147176.jpg

a0070655_21472592.jpg


a0070655_21473631.jpg



テスリがさりげな~く日本的でしょ。




紐差教会
所在地:平戸市紐差町1039
構造:鉄筋コンクリート造地上1階、地下1階
竣工: 昭和4年(1929年)
設計: 鉄川与助
施工者: 鉄川与助


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2009-05-29 00:01 | 建物探訪 | Comments(7)
Commented by terr at 2009-05-29 08:33 x
yumilyさん、
当地の世界平和記念聖堂もふんだんに和を取り入れていますが、
この場合は一棟梁の設計施工ですから驚きですね。
そうとう感性の優れた方だったということが偲ばれます。
はやく貴姉の教会作品が見てみたいです。

お恥ずかしいのですが、私のブログ、思いきってURLを下記します。
お暇な時にでもお立ち寄りくだされば幸いです。

https://iiiro.jp/blog/terr/
Commented by yumily at 2009-06-01 07:31 x
terr さんおはようございます♪

鉄川さんは職人としても相当に優れた方でまたとても勤勉な方だったらしいです。
鉄川建築の魅力まだ紹介しますねー。

ブログ拝見させていただきました。
広島でも見たことないところがたくさんあるんだなあと思いました。
見ていても気づいてないこともありますね。
宇品の銭湯は私も撮ってます。
中に入ってみたいですね~。
Commented by clickuri at 2009-06-02 09:56 x
おはようございます。私も建築物にはとても興味があります。教会建築には限りませんが,きれいな建築物や,歴史のあるもの,古くても何十年もの生活や暮らしぶりが伝わってくるものは好きです。
今後も拝見したいブログです。よろしくお願いいたします。
Commented by clickuri at 2009-06-02 10:03 x
追伸。リンクを張らせていただけませんか。とはいえ,もう張りましたが。。。もし不都合があればおっしゃってください。はずします。
Commented by 抹茶 at 2009-06-02 20:44 x
教会といえば 目白の東京カテドラル聖マリア大聖堂を思い出します。確か丹下健三さんの設計のはずです。向かいは椿山荘で目白坂あたりは、趣があって好きです。
Commented by yumily_sketch at 2009-06-02 22:47
clickuri さんはじめまして。
うれしいコメントありがとうございます。
そしてリンクしていただきうれしく思います。
私のほうにも貼らせていただきますね。
こちらこそどうぞよろしくお願いします。
Commented by yumily_sketch at 2009-06-02 22:56
抹茶さんはじめまして。
コメントありがとうございます。
目白の東京カテドラル聖マリア大聖堂は大好きな教会です。
椿山荘は行ったことがないです。
カテドラルに行ったときに「ギャラリー鶉」に行きました。
ご存知でしょうか?
豊かな集合住宅でした。
<< HICA総会 ステンドグラス  紐差教会 >>