飛天 アコヤ貝の天井

飛天の天井はアコヤ貝が張られています。
日生劇場と同じです。
複雑な天井です。
a0070655_2321559.jpg
a0070655_23213272.jpg


a0070655_022534.jpg

a0070655_044489.jpg

a0070655_23204167.jpg


こんなに大きなスケールで豪華なのだけれど
「どーだ!!!これでもか!!!!」
と主張するやりました建築ではなく、上品で華麗、優雅、やさしさを感じます。
お金をふんだんに使うことは出来るかもしれないけどかつ品のある建築に仕上げるというのは難しいことだと思います。
建築の品格は建築家の品格でしょうか。



yumily
広島ブログ







客室のエレベーターの天井も貝です。
エレベーターの内装は改装されてますが天井だけは残されています。
a0070655_232232.jpg


でもこの貝はアコヤ貝ではなくマド貝だという情報あり。
どっちがどうなのか私は貝のことはわからないです。

a0070655_23331419.jpg



私の撮った貝は不気味に見えるかしら・・・?!
ホントは綺麗なんですよ~。
どの写真もぶれてて見苦しくてスミマセン・・・。


飛天はホテルに無理を言って見せていただきました。
困ったお客です。。。。
お世話くださった皆様に深く感謝です。



グランドプリンス新高輪
設計:村野藤吾
所在地:東京都港区高輪3-13-1
竣工:1982年
[PR]
by yumily_sketch | 2009-04-07 00:42 | 建物探訪 | Comments(2)
Commented by ひなたぼこ at 2009-04-07 21:20 x
はじめまして。
福岡で日々「庭づくり」に励んでいるものです。

写真、素敵ですね。
最近いつも拝見させていただいています。

品格ですか。確かにそうですね。
建築であれ何であれ、最後はその空間に携わる人の品格が反映されるのかもしれません。
Commented by yumily_sketch at 2009-04-08 09:12
ひなたぼこさんはじめまして。
うれしいコメントありがとうございます。
ひなたぼこさんも空間創りをされていらっしゃる方なのですね。
>最後はその空間に携わる人の品格が反映されるのかもしれません
考えさせられますね。
私たちも日々切磋琢磨ですね。
<< 夜桜 桜えびのたきこみご飯 >>