近未来都市の集合住宅  播磨科学公園都市

播磨科学公園都市は、“時間とともに成長する森の中の都市”をコンセプトに
国内外の著名な建築家・ランドスケープデザインの専門家ら(磯崎新、安藤忠雄、渡辺真理、ピーター・ウォーカーなど)の指導のもと都市全体の計画がなされたそうです。
現代建築のトップを走っている建築家たちの創った街は近未来都市のようでした。
でも私はなぜかこの街には寂しさを感じたのです。。。。
a0070655_9485335.jpg
a0070655_9491283.jpg
a0070655_9492984.jpg

都市に住む研究者や進出企業の社員を対象とした集合住宅。

オプトハイツ 
設計 磯崎新(磯崎新アトリエ)、渡辺真理(設計組織ADH)
ピーター・ウォーカー・ウィリアム・ジョンソン・
アンド・パートナーズ
所在地 兵庫県赤穂郡上郡町光都2-20-3
竣工年 1993年
用途 集合住宅
a0070655_0454614.jpg
a0070655_04654.jpg

18m角の穴は中国の風水ビルを思わせます。
県営住宅と公社住宅が合築。

サンライフ光都
設計 磯崎新(磯崎新アトリエ)、渡辺真理(設計組織ADH)
ピーター・ウォーカー・ウィリアム・ジョンソン・
アンド・パートナーズ
所在地 兵庫県赤穂郡上郡町光都2-20-1
竣工年 1995年
用途 集合住宅


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2008-10-14 10:10 | 建物探訪 | Comments(2)
Commented by koni at 2008-10-16 21:04 x
ああ、懐かしいです。
この一番下の穴の空いた建物は、恩師の先生が住んでいました。
(入ったことはありませんが)

この穴の真上に住んでいる人はどんな気分なんだろうとか、
冬は下のほうから冷えないんだろうかとか、いろいろ噂しておりました。
Commented by yumily_sketch at 2008-10-17 09:29
koniさんおはようございます♪
ここ入ってみたいですねー。
穴の下部分はお庭になっている・・・?

今日はkoni さんがたぶんご存知ない庁舎を紹介しました。
小学校の道路向かいに建っているんですよ。
<< 近未来都市の学校   播磨科学... ひと休み。。。 >>