森の工房AMA②

この建物、屋根の上になにか。。。

a0070655_2415375.jpg

ふわりふわりと産毛が。。。
a0070655_2471556.jpg

a0070655_24371.jpg


屋根の上には芝と草かと思いきや800㎡にブルーベリー畑が広がっていました\(^-^)/
ここで収穫したブルーベリーは市場に出荷したりジャムやソースにされています。
a0070655_2434118.jpg


現場で出た土をここで利用されたそうで厚さ30センチ。
屋上緑化のコストは全体の1%だったそうです。
a0070655_2501976.jpg

このコールテン鋼にはツタを生やす予定。デモ暑さのためかなかなか育たないみたい。



a0070655_24649100.jpg

a0070655_2445378.jpg

ふわりふわり。。。




森の工房AMA
設計者 石井修(美建・設計事務所)
所在地 広島市安芸区矢野東
2006年ひろしま街づくりデザイン賞受賞

yumily
広島ブログ





屋上の水は石井さんデザインのPOPなカラーの樋で地下に貯められます。
a0070655_3152538.jpg

地下には40tの水が貯水でき、ポンプアップし屋上に散水します。
夏場もこれでまかなえるそうです。
a0070655_3155712.jpg


環境共生建築です。
[PR]
by yumily_sketch | 2008-03-17 03:21 | 建物探訪 | Comments(10)
Commented by サクセス at 2008-03-17 12:02 x
>現場で出た土をここで利用されたそうで厚さ30センチ
ということですが、屋根の補強はされているのでしょうか?
してあるなら、どんな具合でしてあるのでしょう。ちょっと興味あります。
Commented by 魔女隊長 at 2008-03-18 23:12 x
3月20日の夜は、ぜひAシティにおこしください。
「大人のための絵本コンサート」をひらきますので・・・
Commented by y_and_r_d at 2008-03-18 23:21
こんばんわ。
30センチの厚さはスゴい重量ですね。
断熱効果はかなりありそうですが・・・。
Commented by とも at 2008-03-19 01:01 x
石井修さんといえば、屋上緑化だけでなく、植栽の神様みたいな人ですよね。氏の設計した一連の住宅の、緑に覆われた写真を見ると「建築はカタチだけの問題じゃないよなぁ」と感じてしまいます。
Commented by yumily at 2008-03-19 01:14 x
サクセスさん
屋根は30センチの土の重みに耐えれる構造計算がされています
(^-^)
正確な資料がないのでわからないですが一般的には梁や柱を大きくするといったことだと思います。
石井修さんという建築家は屋上緑化で第一人者と言われている人です。


Commented by yumily at 2008-03-19 01:18 x
魔女隊長さまお久しぶりです♪
うれしいお誘いありがとうございます~(^-^)
Commented by yumily at 2008-03-19 01:24 x
y_and_r_dさんこんばんは♪
屋上用の軽い土ではなく地下を掘ったときの土ですからねえ。。。
重いですよね。。。
断熱用に屋上緑化をすることが多いですがこちらの理事長さんは屋上で畑を作りたかったそうです。
ブルーベリーの他にいちごも植えられていました♪
Commented by yumily at 2008-03-19 01:35 x
ともさんさすが~♪
石井修さんのことご存知ですね。
私はこの建築ではじめて知りました。
植栽の神様の設計された庭は素晴らしかったですよ。
落葉あり常緑ありで35種900本の木々が植えられていました。
どの作業所からも木々が見える設計です。
Commented by きさぶろー at 2008-03-19 07:52 x
これで屋上?
全然見えませんね~、ある意味不思議空間ですよw
錯覚しますね(^^ゞ
防水とか、下地をどういうふうに処理されてるのかが気になります(^o^)

あ、そうそう、生れも育ちも「呉」っこです(^_^)b
Commented by yumily_sketch at 2008-03-19 13:42
きさぶろーさん
>これで屋上?
ねー。見えませんでしょう。
私も上がってみてびっくり!
見事なブルーベリー畑でした。
建築ジャーナル(11月号)の記事によると防水はゴムアスファルト防水の上保護モルタルということでしたよ。

<< 明日の神話 森の工房AMA >>