水辺に浮かぶ庵②  樂吉左衛門館


この建物の設計は建築家ではなく
陶芸家、樂家15代当主樂吉左衛門さんと竹中工務店です。


a0070655_12512582.jpg


a0070655_12501227.jpg


a0070655_12505010.jpg

a0070655_1251856.jpg



現代のお茶室の美しいラインの屋根はチタンです。

「茶碗が現代の命を持って存在しようとするならば茶室だって変わらなければならないだろう、現代の茶室をつくるということはどういうことだろうと、とずっと考えてきました。」
樂吉左衛門(日経アーキテクチュア)

佐川美術館 樂吉左衛門館
所在地滋賀県守山町水俣町北川2891
美術館・茶室
設計者 樂吉左衛門・竹中工務店
施工者 竹中工務店

※見学は要予約

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2008-02-03 13:02 | 建物探訪 | Comments(4)
Commented by すまぽ at 2008-02-03 17:54 x
はじめまして、この度、住まいづくりブロガーのポータルサイトができました。まじめに家づくりに取り組む工務店,設計事務所が多くあると言うことを、もっと広く発信できればと考えております。 もちろんお施主様も大歓迎です。
無料ですので、ぜひ登録してください。また、イベント情報の発信にも利用できるようになっていますので、一度ご覧ください。
よろしくお願いいたします。
Commented by 中国地方建設局 at 2008-02-05 08:41 x
はじめましておはようございます
茶室の写真を見る限り、雨樋がありませんが。
屋根の面積・勾配から想像するに、雨の日は
すごい音がするでしょうね。
Commented by yumily_sketch at 2008-02-05 15:04
すまぽさま
サイト拝見させていただきます。

Commented by yumily_sketch at 2008-02-05 15:07
中国地方建設局さんはじめまして。
コメントありがとうございます。
雨は水の中に流れ落ちます。
屋根をたたく音と水をたたく音は雨の強さによって変わりますね。
聴いてみたいものです。
<< 光と影を展示する美術館①  樂... 水辺に浮かぶ庵①   樂吉左衛門館 >>