見えない建築-国際芸術センター青森

建物を森に埋没させる

a0070655_153469.jpg
a0070655_21493511.jpg

a0070655_2143745.jpg

a0070655_23222236.jpg

a0070655_15355545.jpg

a0070655_15362454.jpg

a0070655_1536715.jpg

a0070655_23195547.jpg

「遊びの経路」
どうしてそのような経路を通ったか?
どうしてその経路を選択したか?
ということは目的地に到着する以上に重要な場合もあります。(パラモデル)




a0070655_1114846.jpg国際芸術センター青森
設計 安藤忠雄建築研究所
所在地 青森市大字合子沢字山崎152-6
竣工 2001年10月

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2007-08-01 01:06 | 建物探訪 | Comments(6)
Commented by Woodrow at 2007-08-01 14:49 x
何時も興味深いサシソ感謝です。

行ってみたくなるナァ。
Commented by いっちゃん at 2007-08-01 21:27 x
結果よりも、そこに至る経過が大事だと言うことですね・・・

深いですねぇ~~~

半分錆付いていた感性が少し揺すられました・・・
以前は人に夢をあげていたが、今は・・・
Commented by とも at 2007-08-02 01:15 x
僕が行ったときには「あかからあかへ」という展覧会で、このブルーがあかに変わって、少しはかなげなうつろいゆくようなインスタレーションでした。この展覧会も会場全体、しかも外部空間も目一杯つかって、とても興味深いですね!
Commented by yumily_sketch at 2007-08-03 08:33
Woodrowさんありがとうございます♪
建築写真を興味深く見てくださることは何よりうれしいことです(^-^)
面白い建築たくさんありますので、是非行ってみてくださいね。
Commented by yumily_sketch at 2007-08-03 08:38
いっちゃん はじめまして。
コメントありがとうございます。

人生、みんな様々な経路がありますね。。。

いっちゃんは人に夢をあげるお仕事されていらっしゃったのですね。
人に夢をあげれるなんて素敵ですね。
Commented by yumily_sketch at 2007-08-03 08:54
ともさんは「あか」を見られたのですね~。
ともさんが行かれた夕方と昼間では雰囲気が違いますし展示によってもまた表情を変えるのでしょうね。
ともさんの夕景のテキストうっとりして読ませていただきました。
何もないアール壁と自然採光のたっぷり入る展示室、好きでした。
何もないのにこの空間の持つ雰囲気。。。。
さすがですよね。。。。
外壁とデッキの風化が青森の厳しい自然を物語っているように感じました。

<< 広島の歴史的建造物 広島文理科... サインもアート >>