赤れんが庁舎ー北海道庁旧本庁舎

北海道のれんが建築をもうひとつ。
ここは「赤れんが」という愛称で呼ばれています。
a0070655_186985.jpg
a0070655_1864596.jpg

a0070655_1883981.jpg

a0070655_18253228.jpg

a0070655_1885543.jpg


1909年に火災に遭いますが外壁だけは残り内部と屋根は修復しました。
中央の八角塔は開拓使札幌本庁舎の模倣をのせています。
ドームは独立と進取のシンボルと言われていて
当時の北海道の人たちにとっては思いの深いものだったのですね。


ここは冬にも訪れてみたいです。
れんがの赤と真っ白い雪のコントラストが美しそうです。


北海道庁旧本庁舎
竣工 1988年(明治21年)
所在地 北海道札幌市中央区北3条西6
設計 平井晴二郎(北海道庁土木課)
構造 煉瓦造2階建て、地下1階 アメリカ風ネオ・バロック様式 れんがはフランス積み
重要文化財


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2007-05-29 18:26 | 建物探訪 | Comments(4)
Commented by りなパパ at 2007-05-30 11:08 x
建物だけ見ると、日本じゃないみたいですね。
ほんと、普段見ている建物もじっくり見ると
きっと驚きがありそうですね。
Commented by yumily at 2007-05-31 06:20 x
りなパパさん 建物に興味を持ってくださってうれしいです。
近代建築は外国の建築をお手本としているので異国情緒がありますね。
広島には残念ながらあまり残っていないですが。。。

建築にはわけ(理由)がありこだわりもありたくさんのひとたちの想いも込められていますのでじっくり見てみてください(^-^)
Commented by akiyoshi-n at 2007-05-31 07:35
はじめまして。建築家のフォーラムからきました。建築や仕事のこと拝見させてもらいました。
Commented by yumily_sketch at 2007-05-31 14:35
akiyoshi-nさんはじめまして。
コメントありがとうございます。
ブログ拝見させていただきました。
パリからですか。。。
普段なかなか目にすることができない素晴らしいお写真の数々、楽しませていただきました。
心地よいまちの雰囲気が伝わってきます。

私は日本の建築写真を載せています。
また遊びにいらしてください。
<< 雨つぶ 1年になりました >>