教会とチャペルー白い教会

教会とチャペルはキリスト教の建物で同じように思われますが
教会は信者の人たちが礼拝を行う場所で
チャペルは学校などに付属されている教会堂、またはホテルなどの結婚式場のことです。
特に結婚式場と礼拝の場ですと同じように十字架があっても創り方が全然違いますね。


宝石箱のようなチャペルを創ってほしいという要望でできた
水に浮かぶ小さな白いチャペルのご紹介。


a0070655_9215013.jpg
a0070655_922023.jpg
a0070655_9222888.jpg

a0070655_9231295.jpg
a0070655_9232459.jpg
a0070655_9233881.jpg

このリングはデザインだけでなく構造的働きをしています。
内部の壁にはリングと同じ模様のオーガンジーの布が一枚の薄い壁を作っていてそれを通して外部の光がやわらかく入ってきます。
バージンロードには白い大理石のコロンとしたモザイクが貼られていてそれは光に照らされ宝石のようです。
ため息の出る美しさです。
内部撮影不可でお見せできないのが残念です。

白い教会
設計 青木淳
所在地 大阪府大阪市住之江区南港北1-13-11  ハイアットリージェンシー大阪
構造 鉄骨造 一部鉄筋コンクリート造
竣工 2006年4月

青木淳さんはLouis Vuitton 名古屋Louis Vuitton 表参道の設計者です。

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2007-04-18 09:25 | 建物探訪 | Comments(10)
Commented by ナベ at 2007-04-18 10:21 x
キリスト教の教会って、昔からその時代の最新の建築技術や最新のデザイン、マテリアルが反映されていることが多いように思えますね。

日本人的(仏教的)感覚だと、良い悪いは別として、宗教が関わる建築物は、昔からの伝統に「固執」して造らないと宗教的意義が薄まる(?)ような気がしてなりません。(私だけ?)

たまに斬新なデザインのRC造りの「お寺」を見かけたりしますが、固定観念の強い私の場合、「・・あんなとこで拝んでも魂が入りそうにないな」(?)って感じちゃいます・・(笑)

その辺、キリスト教の教会って、考え方が柔軟なんでしょうか?・・
私も見習わねば・・(笑



Commented by とも at 2007-04-18 11:09 x
これって見学できるんですか?
Commented by りなパパ at 2007-04-18 13:35 x
ただ単に、デザイン的なものだけでなく
構造上にも理由づけができてるって素晴らしいですね。
Commented by まるこ at 2007-04-18 18:41 x
次はこゆとこで結婚したいな。次は(苦笑
Commented by yumily_sketch at 2007-04-18 20:47
ナベさんこんばんは♪
そういわれればお寺や神社に比べるとキリスト教会はいろいろありますね~。
山口のザビエル記念聖堂の新聖堂を見たとき前の建物とのあまりの違いに驚いたことがあります。
神父さんの設計らしいですが、礼拝の考え方やカタチが変わり、それに似合った聖堂にされたそうです。
新しい教会なのでしょうが、私もナベさんと同じ意味で少々物足りなさを感じました。
教会建築は奥深いです。




Commented by yumily_sketch at 2007-04-18 20:51
ともさんへ
ホテルの人に頼んで見せていただきました。
チャペル系でも大抵頼めば見せてくださいますよ~。
デモ水の教会では「休館中なので。。。」と断られたのですが
「コレ見るために広島から北海道まで来たのですーーー!!!!」と
おがみたおして見学させていただきましたが。。。(笑)
Commented by yumily_sketch at 2007-04-18 20:56
りなパパさんこんばんは♪
デザインと構造が一緒になりよい建築が生まれていくのです~。
Commented by yumily_sketch at 2007-04-18 20:56
まるこちゃん、次のときは素敵なチャペルへ私も呼んでください♪
私は次は広島世界記念聖堂でやりたいわー(笑)
そのときはまるこちゃん招待するねー(笑)
Commented by 花かんざし at 2007-04-19 00:11 x
リングだけ見ると建築物とは想像できませんね。まるで筆で自由に絵を描くように建てることができるんですね。いつも新鮮な空気を運んでくださりありがとうございます。世界がひろがります。
Commented by yumily_sketch at 2007-04-19 04:57
花かんざしさん 
「筆で自由に絵を描くように建てることができる」とはなんて素敵な表現でしょうか。感激します。

絵に描いたものを建築にしていくには陰でいろんな角度から考え工夫をしているんですよー。
建築家にとってこれを考えるときも楽しいときかもしれませんね。
これからもいろいろな建築をご紹介していきますね。
(^-^)


<< MAYA MAXXさんの絵 これわかりますか? >>