旧日本郵船小樽支店

旧日本郵船小樽支店は国境画定会議が開かれたところです。
ここは日本の建築家の始まりの4人の中のひとり、佐立七次郎氏の設計です。

a0070655_1332851.jpg
a0070655_1335292.jpg

a0070655_1344845.jpg
a0070655_134373.jpg


日本の近代国家とともに近代建築はこの時代から始まり今でもたくさんの素晴らしい建築を残しています。
そんな中で佐立七次郎氏はこの旧日本郵船小樽支店を創った後なぜか建築の世界から降りたと言われています。
このことに関して彼は何も語らず親族の方が「とてもやさしい人だったから・・・」と言われていたのを何かの本で読み
この時代の国や建築の世界の勢いの強さを垣間見たような気持ちになりました。

現存する彼の作品の二つのうちのひとつであるここはどうしても見ておきたかった建築です。

旧日本郵船小樽支店
設計 佐立七次郎
本館・建築面積 485m2 
構造 石造二階建
英国風ルネッサンス様式


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2007-02-09 13:07 | 建物探訪 | Comments(2)
Commented by kofumi at 2007-02-10 10:36 x
ちょっと一息・・・

IC講師をしていた時に、ジョサイア・コンドル繋がりで工部大学校に興味がハマって準備が脱線!(毎度の事)
そして出会ったのが佐立七次郎とこの旧郵船。
かなりマニアックなので、講座で紹介する事はなかったけど
建築を志す人達なら、この逸人も日本の建築の先駆であったことを知っておいてもいいよね。
史料的な写真しか見た事がなかったので、yumily女史のオリジナル写真が堪能できて感激です。
かなり郷愁・・・
さすがに目のつけどころがプロ。
でも、こんなのバチバチ写真撮ってたらホントにプロの写真家に間違えられてしまうよーーーー(笑笑)
Commented by yumily at 2007-02-10 12:18 x
kofumiちゃん、佐立七次郎をご存知なことうれしいしさすがです!!
コンドル先生の教えを受けたはじめの生徒なのになぜかあまり知られてなくて語られない人で、
この当時の野心家の派手な建築家たちとは少し違った雰囲気の人ですよね。
こんな素晴らしい建築を創る人なのにこの後に建築をやめられたこともなんだか残念な気もしたりして・・・
私も気になる存在の人なのです。。。

彼のことをぜひ知っていただきたいと書きました。
kofumiちゃんと同じ思いだったことがうれしいよ~~\(喜)/
忙しいときなのにコメントありがとうーーー!!



<< フランク・ロイド・ライトと武田五一展 小樽の近代建築 >>