島根県芸術文化センターグラントワ見学会2

劇場に美術館が付属しているのではなく共存。
内部は安藤忠雄ではないコンクリートの打ち放し。
杉板の型枠を使っていて技術力の高さが伺える。
失敗したらこの木目が消えてしまう。
a0070655_127052.jpg
a0070655_127938.jpg
a0070655_1271779.jpg

壁に角度がついているのは音を後ろに反射させるため。
特に大ホールの壁と2階のバルコニー笠木がこうなったのには音響的なわけがあったということだけど機能がそのまま力強いデザインとなっている。
小ホールの反射板と吸音板のからくりや舞台側の音響反射板など音響的にも深く考慮されている。
a0070655_127515.jpg


a0070655_1294239.jpg

美術館の展示室も楽しめる。
展示室内部までデザインが楽しめる美術館は珍しい。
それでいて美術品の邪魔をしていないどころか
その部屋の特徴と美術をうまく組み合わせてよりひきたてている。

a0070655_128483.jpg

a0070655_1295895.jpg
a0070655_1210838.jpg

2階ホールに上がるといきなりこの眺めが目に飛び込んでくる。
どこから見ても美しい。
こんなはっとするピクチャーウインドウがところどころにあり楽しませてくれる。

島根県芸術文化センター
設計者 内藤廣建築設計事務所
所在地 島根県益田市有明町5-15
主用途 美術館 劇場
敷地面積36564.16㎡
建築面積14068.15㎡
延べ面積19252.45㎡
構造   RC造(一部PCコンクリート造・S造)
階数   地下1階地上2階
施工者 大成建設 大畑建設 日興建設JV



yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2006-10-30 12:19 | 建物探訪 | Comments(0)
<< 建築とまちとひと 島根県芸術文化センターグラント... >>