理想のまちづくり

2006.9.19

広島県建築士会広島支部まちづくり委員会主催の「ひろしままちづくり井戸端ライブ」に初参加した。

「風景から学んだこと」

発表者は建築士会会員。
発表はまちづくりに興味をもたれたきっかけから始まり
実際活動されているまちづくりのこと
そしてまちづくりを考える設計者の設計した住宅や街の中の集合住宅のこと
焼け野原から始まった広島のまちのこと
などなど
まるで映画をみてるようなストーリー展開と彼の視点でとらえたまちの風景の写真に惹き込まれた。

一緒にまちづくりをしている住民の人たちも応援に来られていた。

よちよち歩きから始まり今では着実に一歩一歩歩んでいるまちづくりの姿が見えた。

まちづくりとは
住民たちが住みよい環境を自分たちでつくっていくこと。

住む人たちがすこしづつ
自分の時間を
知恵を
やさしさを
手間を
出しあうと一人の小さな力が集まり大きな力となり
一人では実現できなかった住みよい環境を作り出すことができる。


これが私の理想のまちづくり。

ここのまちづくりはまさに私の理想で
以前から注目していていつも陰からこっそり応援している。
(こっそりでなくてもいいのになぜかこっそり・・(笑))
何がいいって住民たちが楽しみながらしてるのがいい!
頑張れ Acity!!


今日はいい「気」に包まれた。
帰り道 私の身体中の血が小躍りしていた。

a0070655_8205869.jpg

黄金山 ここからは広島市内も瀬戸内海も愛すべき私の住んでいるまちも見える

yumily
広島ブログ


「ひろしままちづくり井戸端ライブ」
広島県建築士会広島支部まちづくり委員会が
まちづくりの事例などを発表したり、話し合いをする勉強会。
毎月第3火曜日の19:00~20:00
広島市市民まちづくり交流プラザ1階のロビーにて
一般参加可。
http://blog.goo.ne.jp/idobata_live
[PR]
by yumily_sketch | 2006-09-23 09:00 | today | Comments(2)
Commented by Bの寅 at 2006-09-24 15:48 x
いろいろな風景の映像をみていただきました。
ヒロシマの都市軸を理解できるか・・・それは視力のいい人間にしか理解できないかといえば、そうでもないと言うしかありません。

目に障害があったからこそ、独自の世界をつくれた画家がいた。
耳が聞こえない大作曲家、音楽家もいます。
すれすれのところで勝負することで、
大きな仕事を残すこともできるわけです。

見えなくても想像することで、創造は可能
知覚も大きな武器になります。
日々勉強、しかし楽しみながらゆっくりと前に進みましょう。
もしかしたら、前に進むことすらも必要ないのかも・・・
もっと自由に B型だしネ
Commented by yumily_sketch at 2006-09-25 08:12
Bの寅 さん ありがとうございます。
いいものを見せていただきいい時を過ごさせていただきました。
まるで大魔神の魔法にかかったような心地でした。
また井戸端ライブもいい会ですね。
純真で前向きな澄んだ「気」がありました。

Bの寅さんの言われてることで時々??のことがあり考えさせられます。
そのことを考えたり知ろうとしていると意外な発見があったりしてこれがまた楽しかったりするのです。

「軸」のこともいつか理解できるときがくるような気がしています。
その時を楽しみにしていようと思います。








<< ベネチア・建築ビエンナーレ国際建築展 ホームランボール >>