鬼石多目的ホール

a0070655_143350.jpg

鬼石多目的ホール

小さな町の民家の立ち並ぶ場所に異次元空間をぽんと持ってきて置いてあるよう。
曲線のガラス張りの透明な建物3棟が微妙な距離感を持ち関わり合っている。

芝の緑がこの場所と周りの風景とを切り離している役目をしているのか。
周りの気配とはあきらかに違う空気を漂わせている。

それでも街に馴染んでないという感じはしない。
不思議とちぐはぐな感じもしない。

それはこの空間が建物ではなく公園に見えたからだと思う。

設計者のコメントに「屋内広場」を創ったとあった。
私が公園と感じたものは「屋内広場」だったんだ。





a0070655_051223.jpg

a0070655_0513553.jpg
a0070655_05150100.jpg
a0070655_052174.jpg

a0070655_0512394.jpg

a0070655_0573030.jpg


鬼石多目的ホール

所在地 群馬県多野郡鬼石町大字鬼石158
主要用途 体育館 集会場
設計 妹島和世建築設計事務所
構造設計  川口衛構造設計事務所
施工 大林組
敷地面積 8,849.95㎡
建築面積 2,020.12㎡
延床面積 2.276.49㎡
階数    地下1階 地上1階
構造    木造 鉄骨造 鉄筋コンクリート造
工期    2004年4月~2005年3月


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2006-07-27 01:32 | 建物探訪 | Comments(0)
<< 「明日の神話」 表参道 >>