村野藤吾の建築-- 世界平和記念聖堂を起点に-- 広島市現代美術館

待ちに待った村野藤吾の展覧会が始まりました。
2年前に目黒美術館で開催されたとき行けなくて残念な思いをしたけれど広島で見れるなんて本当にうれしいです。
ご尽力された松隈洋先生は広島で(建築のある地)でやることは大きな意味があると言われました。
本当にその通りだと思いました。
この建築のことを広島の多くの皆さんに知ってもらえますように。

 
a0070655_23565726.jpg

鳳凰の上に十字架が・・?
竣工写真にはないので設計時点ではあったのか?
などと思いながら見てるとそんな図面を見つけました。
図面とスケッチとても多いです。
この形に決定するまでも何案もあり変革が見て取れます。
この度初公開の村野のスケッチが書かれた手帳も展示されていました。
a0070655_23553251.jpg

a0070655_23562802.jpg
聖堂にある村野藤吾デザインの蓮の照明の展示がありました。
こんなに細かいデザインだったのね!図面もありました。
1983年に開催された「世界平和記念聖堂の建築をめぐって」の講演と対談のDVDは必見です。
村野藤吾はこういうところでお話しされるのは珍しいそうです。
聖堂竣工(1954年)から約30年後の1983年。村野92歳の時です。
開会時の混雑はすっかりなくなり、たまたまそこに居合わせた「世界平和記念聖堂」の著者石丸紀興先生とこのDVDの提供者とこの時の工事施工者だった方のご家族の方々と一緒に教会設計者施工者のお話を聴きました。
ほんの十数分でしたがこの建築への思いが聴いてる人たちのそれぞれの心に入ってくるという素晴らしい時でした。
貴重な映像です。どうぞお見逃しなく。
この時の司会をされた長谷川堯先生の講演と対談があります。

2017年5月20日(土)14:00~16:00
講演と対談「村野藤吾の建築、世界平和記念聖堂を中心に」

講師:長谷川堯(建築評論家、武蔵野美術大学名誉教授、東京造形大学客員教授)
   松隈洋(京都工芸繊維大学教授)
会場:地下1階ミュージアムスタジオ
定員:120名(要展覧会チケット・半券可、事前申込不要、当日先着順)



昨日は時間切れで1階しかみれませんでした。
みなさまどうぞゆっくりお時間とってお出かけされますように。



[PR]
by yumily_sketch | 2017-05-17 07:49 | 建築 | Comments(2)
Commented by getteng at 2017-05-17 18:15
yumilyさん
本日午前中、現代美術館で観てきました。
今後の撮影に少々役に立つかも(●^o^●)
Commented by yumily_sketch at 2017-05-17 21:23
> gettengさん
早速いかれたのですね(*^^*)
写真家の写真どれも本当に素晴らしかったですね!
私も刺激を受けました。
<< FLWツアー⑨   Dana-... FLW ツアー ⑧  アメリカ... >>