神勝寺社務所 松堂  

藤森照信先生の創られた社務所松堂
建設の時なみなみの屋根銅板曲げワークショップの参加者を募集されていまして
行きたかったけど酷暑の夏で体力に自信なくて行けなかったことを思い出します。
藤森先生の建築は素人参加のものも多くて人の手で作られている感が良い味を出しています。
参加してたら楽しかっただろうな~。




a0070655_16280933.jpg
a0070655_16281210.jpg
柱は地元のアカマツ。
アカマツはかびやすいので銅板の洋服を着ています。
a0070655_16282136.jpg

a0070655_16281886.jpg

ブーツもはいてる♪
a0070655_16282359.jpg

土壁の陰影美しい
a0070655_16282855.jpg

しっくい壁
a0070655_16282572.jpg
a0070655_16283015.jpg


禅宗のお寺にふさわしく列柱を作ることを意識したと藤森氏。
a0070655_16283294.jpg
お寺の方は屋根のてっぺんに松を植えると聞いた時驚かれたそうなのですが
でも藤森先生があんまり楽しそうに話されるからやっちゃったということだそうです。
楽しい建築が出来ています。



写真は秋に訪れた時のものです。



[PR]
by yumily_sketch | 2017-05-09 16:52 | 建物探訪 | Comments(2)
Commented by sunagimo-confit at 2017-05-10 18:55
銅板の洋服オシャレ。ブーツにピッタリ!なんで、のっぺりぢゃ無くて、フリル付けたんでしょうか?樋だったら、雨降った時にキレイかな…って思うんですけど…。壁の陰影美しいですね。蜜蝋の壁思いだします。こういう建築、外国の人に沢山観て貰いたいです。ドヤ―って…。有難うございます。
Commented by yumily_sketch at 2017-05-10 20:00
> sunagimo-confitさん
フリル銅板見たことないし洋服にもとんがり屋根にもぴったりでいいですよね~♪
確かに雨がつたうとキレイかも。
藤森建築味わい深くておちゃめで楽しいのです(*^^*)
外国人のお友達是非案内してくださいませ♪
<< 茶室一来亭  神勝寺 洸庭(KOHTEI)  神勝寺 >>