FLWツアー③ ライト自邸とスタジオ外観

住宅街オークパークに建てたライトの自邸とスタジオ。
ライト22歳から42歳まで住んだ家です。
右側の三角の切妻部分が初めに建てられその後子どもたちが成長したためそして事務所を大きくしたりアパートにしたりと何度か増築をしています。
クイーンアンやヴィクトリアンなどヨーロッパの様式建築が多かったこの時代に装飾のないシンプルなライトの建築は斬新だったようです。

a0070655_10085222.jpg
屋根のシングル葺きを壁にも。


a0070655_19180745.jpg

a0070655_19182054.jpg

柱の奥がスタジオの玄関
a0070655_10085645.jpg


こうのとりと図面と本と葉っぱ
 
a0070655_19181389.jpg
a0070655_19181045.jpg

様式建築から新しい建築を目指していたサリバンだけでなくアドラー・サリバン事務所の前に勤めていたジョセフ・ライマン・シズブリーや当時流行していたジョナサン・リップマンのシングルスタイルやクイーン・アンスタイルなど様々なものの影響を受け増殖していった建築なのでしょう。
その時々の勢いを感じる建築です。

a0070655_10083234.jpg

Frank Lloyd Wright Home and Studio 1889-1909




[PR]
by yumily_sketch | 2017-04-20 09:43 | FLWツアー | Comments(0)
<< FLW ツアー ④ ライト自邸... FLW ツアー② チャーンレイ邸内部 >>