歌川広重の世界 ひろしま美術館

とても楽しみにしていた広重の展覧会。
ひろしま美術館で開催されていてオススメです。
丁寧な解説があるので浮世絵に詳しくなくても楽しめます。
隈研吾設計の馬頭広重美術館を見に行ってから広重を好きになりました。
もともと美術にはそんなに興味なかったのに建築探法をするようになってか美術館に行くことが多くなり興味の幅が広がりました。
この絵葉書は島根県立美術館での展覧会で買ったもの。
島根県立美術館もひろしま美術館もお気に入りの美術館。
興味が広がるというのは楽しいことが増えるということで
建築のおかげで人生豊かになったなーと感じています。
a0070655_11200775.jpg




馬頭広重美術館は隈研吾さんの作品の中で一番好きな建築です。
建物探法始めた頃でこのころはまだ写真に興味なくこんなぼけぼけの写真しか写せていないんですよね。

a0070655_11202557.jpg


a0070655_11202988.jpg


a0070655_11203724.jpg





地元産の八溝杉のルーバーがとても美しいのです。
どのような経年変化をしているでしょうか。
また機会あれば行ってみたいなと思っている建築のひとつです。


那珂川町馬頭広重美術館
設計:隈研吾
所在地:栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9
概要:鉄筋コンクリート鉄骨造地上1階  延べ床面積1962m2




[PR]
by yumily_sketch | 2018-01-27 11:59 | アート | Comments(2)
Commented by sunagimo-confits at 2018-01-28 03:16
この建築見て、すぐ大宰府のスタバ思いました。ビックリ!同じ方だったんですねー。yumilyさんとは真逆で、アタシはモトモト絵画好きでした。でも、建築知る様になって、好きなモノが増えました。知るって面白いですねー。
Commented by yumily_sketch at 2018-01-28 17:35
> sunagimo-confitsさん大宰府のスタバに行かれたんですね。すぐ繋がるなんてすごい~(^^)
知るってホント面白い♪
繋がり繋がりどんどん知りたくなっちゃいますよね。
<< 落水荘 浮世絵 母と叔母とランチ >>