中村家住宅①  ヒンプン



18世紀中ごろに建てられたと言われている沖縄に現存する最も古い木造住宅中村家住宅。
沖縄の伝統的な建築です。
敷地に入ると正面にヒンプンと呼ばれる衝立のような壁があります。
素材は様々で石積みが多いのですがここの石積みは特別素晴らしいです。
暑い地域なので開けっぱなしにするため目隠しのための壁だと思っていましたが、魔よけの意味もあるそうです。
沖縄の魔物は角を曲がるのが苦手だそうで・・。
魔物にしてはどんくさいのだわね(笑)
a0070655_15375529.jpg
a0070655_15401657.jpg
a0070655_15380140.jpg
入って右に門があります。
男性と客人は東にあるこの門から入り女性は西から入ります。
ヒンプンは入口を分ける役目もしています。
a0070655_15401078.jpg
a0070655_15371497.jpg
みなさんご存知シーサーも家を守ってくれています。


[PR]
by yumily_sketch | 2018-01-13 15:59 | 建物探訪 | Comments(0)
<< 中村家住宅②  赤瓦の屋根 三徳山 文殊堂 >>