まちのレガシーをめぐるおかやま有名建築みてあるき

岡山の建物巡り「まちのレガシーをめぐるおかやま有名建築みてあるき」に参加しました。
建築史家の松隈洋先生の解説付きというスペシャルな企画です。
私は前川國男ファン。松隈先生は前川國男のお弟子さんでもあります。
行くっきゃないです。

集合は岡山県庁。
設計前川國男で1957年竣工です。
岸田日出刀が審査委員長だった設計競技で選定されました。

これ以前の庁舎は正面にどんどんと階段があり車寄せがあり威厳あるスタイルが多いですが
岡山県庁は前に広場があり道路から奥まったところに建物を配置しています。
ピロティの先には中庭があり開かれたウエルカムな庁舎です。
a0070655_00455920.jpg
a0070655_00455487.jpg
a0070655_09552388.jpg
a0070655_00455386.jpg


a0070655_00455233.jpg
a0070655_00455537.jpg
屋上からの風景。
岡山城って黒色なんだ。
県庁の外壁の黒は岡山城を意識したそうです。
a0070655_00455134.jpg

a0070655_00455793.jpg
excite調子悪いので書きたいことまた後日追記します。


[PR]
by yumily_sketch | 2017-11-05 09:50 | 建物探訪 | Comments(0)
<< 天ぷら津久根島 たてものがたりフェスタ2017... >>