FLW ツアー ⑬  ルッカリービル外観 

シカゴの大火のあとシカゴ派と言われる建築家たちが新しい技術で高層の建物を創り街を再建します。
シカゴはニューヨークより先に摩天楼の建設が始まっています。
そしてここルッカリービルが世界最古の摩天楼と言われているビルです。
シカゴ派の中でもルッカリーを設計したバーナム&ルート事務所は代表と言える設計事務所です。
このビルが当時どれだけ注目を集めたか想像できますよね。
ライトのデザインもですが摩天楼の元祖としての意味も深いだけに
今も残っていて大切にされていることがとてもうれしいではありませんか!

a0070655_13504904.jpg
a0070655_13584469.jpg
イスラム風の装飾ですね。
この時代は装飾建築が流行っていました。

a0070655_13514955.jpg
a0070655_21541460.jpg

1905年にライトが改修をしていますが外観は何も変えませんでした。

ルッカリービル
竣工:1888年
設計:ダニエル・バーナム&ジョン・ウェルボーン・ルート
鉄骨11階建て1988年に12階が増築
所在地:シカゴ


[PR]
by yumily_sketch | 2017-06-04 14:25 | FLWツアー | Comments(2)
Commented by sunagimo-confit at 2017-06-05 08:20
当時、ホント自慢だったんでしょうね。BurnhamとRootのオフィスを最上階に設けたのも、こんなに高くても安全なんだと身を持って表したと言われてましたよね??ライトの改築もイイですが、モトモトのデザインも好きです。シカゴ大火の歴史が加算してるからでしょうか…。
Commented by yumily_sketch at 2017-06-08 03:20
> sunagimo-confitさん
ここの復原の時にライトの時代とモトモトの時代と両方残してるんですよね。床のモザイクはモトモトでライトはその上に大理石の床に改修してその後モトモトのモザイクを復原したと書いてあるものがありました。sunagimo-confitさんのような思いで両方に敬意を示したのではないかと思います。おかげで私たちは二度おいしいって感じでしょうか。
<< FLW ツアー ⑭  ルッカリ... FLW ツアー ⑫  ルッカリ... >>