多家神社の宝蔵①

今まで古建築、寺社建築、城を見に行くことが少なかったのですが木やヘリテージの勉強始めてから興味が湧いてきました。
こちらは多家神社の宝蔵です。
正倉院と同じ構法の太い材木を四方に組み上げて壁とする校倉造りです。
柱はなくて壁が屋根を支えています。
校倉は通気性がよく宝物の保存に適しています。
ここの校倉は校木が六角形であることが特徴で他では例がないと言われています。
a0070655_12382454.jpg

a0070655_12384160.jpg
a0070655_1238548.jpg

宮司様がわかりやすく教えてくださいました。
こちらが一般的な校木
三角形に似た五角形
a0070655_12404912.jpg

多家神社の校木
四角形に似た六角形
a0070655_12414524.jpg


校倉造りは宮島の厳島神社と三次の熊野神社にもありますね。
校木の形見てみてくださいね。

多家神社
広島県安芸郡府中町宮の町3丁目1−13

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2016-01-11 13:08 | 建物探訪 | Comments(0)
<< 多家神社宝蔵② What is Archi... >>