旧朝香宮邸  ART DECO COLLECTORS①

伝統的様式から新しい芸術アール・ヌーヴォーへ。
アール・ヌーヴォーは植物などの曲線が使われています。
その後1920年~1930年代に流行したのがアール・デコ。
アール・デコの建築は直線的・幾何学模様などが特徴ですが家具や食器にも表れています。
背もたれが六角形の椅子
デザインは「ガラスの家」のピエール・シャロー
a0070655_1519407.jpg
a0070655_15201114.jpg

カクカクの食器かわいい。
a0070655_12565625.jpg

a0070655_1257835.jpg

a0070655_12571810.jpg
a0070655_15192065.jpg

a0070655_13321039.jpg

a0070655_12584780.jpg


yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-09-06 15:39 | 建物探訪 | Comments(0)
<< 旧朝香宮邸  ART DECO... 旧朝香宮邸  インテリア >>