~祈り そして 誓い~小林知世

昨日小林知世さんのピアノコンサートに行きました。
期待に応えて予想を裏切る感動でした。
以前FM広島の「クラシカルホリデー」に出演されていた時左手で弾くピアノ曲があるというお話を聞き、非常に興味を持ちました。
世界大戦などによる負傷ということも関係あるようで、19世紀に左手のための作品が増加したそうです。
小林さんはオーストリアの左手のピアニスト、パウル・ヴィットゲンシュタインに注目し多角的に研究し博士学位論文にされました。
左手だけの演奏を初めて聞きましたが片手だけとはとても思えませんでした。
小林さんの右手は微動だにせずまるで動かない手のよう。
一度左手だけで演奏すると右手は固まり、両手での演奏に戻るのは難しいのだそうです。
片手でピアノを弾くということはとても奥が深そう。

小林さんが15歳の時平和や祈り広島への想いを込めて作られたORIZURUという曲も素晴らしかった。
15歳の少女がこういう想いでこれほどまでの曲を作るなんて本当に才能のある方なんだなと思います。

a0070655_1393338.jpg

ピアノの前に座り最初の音を出すときの緊張感。尋常ではありませんでした。
この初めの音に毎回しびれました。
音楽家の気迫のようなものを感じました。

いやーホント素晴らしかった!


ブラボーーーー!!!

yumily
広島ブログ
[PR]
by yumily_sketch | 2015-07-20 13:52 | today | Comments(0)
<< 笑意軒  桂離宮 叙々苑  福屋駅前店 >>